ユニオン ツール クラシック プログラム

【公演中止】Road to 2027 仲道郁代 ピアノ・リサイタル 音楽における十字架

  • ピアノ
日時
2020年5月17日(日) 14:00
開場 / 終演予定
13:20 / 16:00
会場
サントリーホール
出演
仲道郁代 Ikuyo Nakamichi (ピアノ,Piano)

ピックアップ

「仲道郁代 ピアノ・リサイタル 5/17公演」中止・振替・チケット払戻しのお知らせ
5月17日(日)に予定しておりました「仲道郁代ピアノ・リサイタル~音楽における十字架」は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う、日本政府による東京都への緊急事態宣言発布の事態を受け、アーティストと協議検討を重ねた結果、先行きが不透明な中、お客様・ご関係の皆様にとって心から安心できる環境で音楽をお届けすることを第一と考え、中止とさせて頂きますことを、謹んでお知らせいたします。
本公演を楽しみにされていたお客様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます。
尚、予定されていた公演「音楽における十字架」は、仲道郁代が2027年まで取り組んでおります『Road to 2027プロジェクト』春のリサイタルシリーズ第3回にあたるものでしたが、今回の曲目での公演は、2027年のシリーズ最終回が行われた後、2028年3月(予定)に改めてお届けする予定です(日付・会場未定)。
また、お手元の本公演のチケットは、来年2021年5月30日(日)14:00開演 サントリーホールにて行われる『Road to 2027プロジェクト』春のリサイタルシリーズ第4回「仲道郁代ピアノ・リサイタル~幻想曲の系譜」公演にて、同じ席番でそのままご入場いただけます。ご来場くださるお客様におかれましては、お手元のチケットをどうか大切に保管くださいますようお願い申し上げます。
上記来年の公演へのご来場がかなわないお客様には、払い戻しを行います。払戻し方法は、下記よりご確認ください。
「仲道郁代 ピアノ・リサイタル 5/17公演」中止・振替・チケット払戻しのお知らせ
仲道郁代 ピアノ・リサイタル(5/17)チケット払戻しのお知らせ
2020年4月17(金)
(株)ジャパン・アーツ

チケット詳細Ticket

チケット発売情報

  1. ① 10月26日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 WEB
  2. ② 10月27日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 TEL
  3. ③ 10月31日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 WEB
  4. ④ 11月2日(土) 10:00a.m.~発売 一般 
    TELWEB
  • WEBインターネットで購入可
  • TELジャパン・アーツぴあコールセンター 0570-00-1212

※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

その他プレイガイド
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第22番 ヘ長調 Op. 54
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 Op. 53「ワルトシュタイン」
  • ショパン:2つのノクターン Op. 48
  • シューマン:ピアノ・ソナタ第3番 ヘ短調 Op. 14

公演によせてMessage

ベートーヴェンが「ワルトシュタインソナタ」の中に埋め込んだ、 十字架の音形。 まるで暗号のように刻み込まれた クロスするエネルギー。 それが何を意味しているのか。 十字架というものが、 人が人生をかけて背負うものの象徴だとすれば、 ベートーヴェンにとってそれは人間賛歌への礎となり、 ショパンにおいては忸怩(じくじ)たる受容へ、 シューマンにとっては真実の愛の希求へと つながったに違いないと思うのです。 音に刻印されたそれぞれの闘いを、共有し、共感するとき、 私たちは、どんな感覚を持つのでしょうか。 仲道郁代

プロフィールProfile

仲道郁代 Ikuyo Nakamichi (ピアノ,Piano)

日本音楽コンクール第1位、ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位、エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞ほか国内外で受賞暦多数。これまで日本の主要オーケストラと共演するほか、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルをはじめとする海外オーケストラとの共演も数多い。CD録音ではレコード・アカデミー賞受賞CDを含む「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」ほか、古楽器での録音でも高い評価を得ている。2018年に「仲道郁代 Road to 2027 プロジェクト」を開始。ベートーヴェン没後200周年と自身の演奏活動40周年が重なる2027年に向けて10年に渡り、ベートーヴェンを核に据えた「春」のシリーズ、ピアニズムの新境地に挑む「秋」のシリーズを好評のうちに展開している(本公演は前者のシリーズの第1回「パッションと理性」、第2回「悲哀の力」に続く第3回目にあたる)。著書に『ピアニストはおもしろい』(春秋社刊)など。一般社団法人音楽がヒラク未来代表理事、一般財団法人地域創造理事、桐朋学園大学教授、大阪音楽大学特任教授。

仲道郁代オフィシャル・ホームページ
http://www.ikuyo-nakamichi.com/
もっとみる

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
特別協賛:
協力:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル/株式会社ヤマハミュージックジャパン/リビエラ逗子マリーナ

ページ上部へ