デビュー10周年に贈る珠玉のショパン

牛田智大 ピアノ・リサイタル

  • ピアノ

ピックアップ

ご来場の皆様へ 新型コロナウイルス感染症予防と安心・安全への取組みについて

チケット詳細Ticket Information

チケット発売情報

  1. ① 1月8日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 WEB
  2. ② 1月9日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 TEL
  3. ③ 1月13日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 WEB
  4. ④ 1月15日(土) 10:00a.m.~発売 一般 TELWEB
  5. ⑤ 2月14日(月) 10:00a.m.~発売 学生  TELWEB
  • WEBインターネットで購入可
  • TELジャパン・アーツぴあコールセンター 0570-00-1212

※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行販売等で満席になった席種は、以降発売されない場合がございます。

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

2022/3/14

一般

通常価格 (会員価格)

SS席
S席
残席あり

5,000円(4,500円)

A席
残席あり

4,000円(3,600円)

B席
残席あり

3,000円(2,700円)

C席
D席
E席
学生席
全席指定
学生割引

通常価格 (会員価格)

SS席
S席
残席あり

2,500円(2,500円)

A席
残席あり

2,000円(2,000円)

B席
残席あり

1,500円(1,500円)

C席
D席
E席
学生席
全席指定
  • 学生席 (各席種の半額)
  • *残席がある場合に限り、2月14日(月)10:00から受付を開始いたします。
  • *社会人学生を除く公演当日25歳までの学生が対象です。公演当日、入口または窓口にて学生証を拝見いたします。
     (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴いたします。学生席はジャパン・アーツ夢倶楽部会員の方も一般価格の半額です。)
特別割引
  • ◎シニア・チケット=65歳以上の方はS席とA席を会員料金でお求めいただけます。
  • ◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターのみで受付。)
その他プレイガイド
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

オール・ショパンプログラム
ショパン:Chopin

  • ポロネーズ 第6番 変イ長調Op. 53「英雄」
  • ノクターン 第8番 変ニ長調 Op. 27  No. 2
  • バラード 第4番 へ短調 Op. 52
  • 舟歌 嬰ヘ長調 Op. 60
  • 3つのマズルカ Op. 56
  • マズルカ へ短調 Op. 68  No. 4
  • 幻想曲 へ短調 Op. 49
  • ポロネーズ 第7番 変イ長調 Op. 61「幻想ポロネーズ」

公演によせてMessage

10周年のリサイタルに寄せて

2012年3月のデビューから10周年を迎えさせていただけることになりました。
幼かった自分を大きな熱意をもって導いてくださった関係者の方々、さまざまな教えをくださった先生、そしてなにより良い時も悪い時も変わらず温かく見守ってくださった多くの皆さま・・・いまもこうして音楽とともに生きられるのは皆さまのおかげです。
これからも偉大な音楽、偉大な作曲家、そして偉大な伝統への敬意と忠誠をもって、その素晴らしさを共有していけるよう学び続けたいと思っています。
今回のプログラムは20代のF.ショパンが手記に残した「人間が成しえるもっとも偉大な行為とは死であり、もっとも罪深き行為は生きることである」という言葉をテーマに構成しています。
革命から逃れるため若くして祖国を離れた彼は、ワルシャワ蜂起の失敗による国家の存続危機への怒り、家族や友人の死に対する悲しみ、そして自身の病への絶望を原動力に多くの作品を残しました。
すでに10代後半から遠くない死期を悟っていた彼にとって死とは救済であり、憧れの対象であり、苦しみからの解放にも似たものでもあったのかもしれません。
彼の精神世界が投影された音楽を皆さまと共有できることを楽しみにしています。

プロフィールProfile

牛田智大 Tomoharu Ushida (ピアノ, Piano)

2018年第10回浜松国際ピアノコンクールにて第2位、併せてワルシャワ市長賞、聴衆賞を受賞。2019年第29回出光音楽賞受賞。1999年福島県いわき市生まれ。6歳まで上海で育つ。2012年、クラシックの日本人ピアニストとして最年少12歳で ユニバーサル ミュージックよりCDデビュー。2015年「愛の喜び」、2016年「展覧会の絵」、2019年「ショパン:バラード第1番、24の前奏曲」はレコード芸術特選盤に選ばれている。シュテファン・ヴラダー指揮ウィーン室内管 (2014年) 、ミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管 (2015年/2018年) 、小林研一郎指揮ハンガリー国立フィル (2016年) 、ヤツェク・カスプシク指揮ワルシャワ国立フィル (2018年) 各日本公演のソリストを務めたほか、全国各地での演奏会で活躍。その音楽性を高く評価され、2019年5月プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管モスクワ公演、8月にワルシャワ、10月にはブリュッセルでのリサイタルに招かれている。また、20歳を記念し2020年8月31日には東京・サントリーホールでリサイタルを行い、大成功を収めている。

もっとみる

主催・協賛

主催
ジャパン・アーツ
協力
ユニバーサル ミュージック
ページ上部へ