若き俊英が贈る彩りのステージ!

金子三勇士 ピアノ・リサイタル

一般発売日:2020/08/16〜

  • ピアノ
日時
2020年9月27日(日) 13:30
開場 / 終演予定
12:50 / 15:30
会場
横浜みなとみらいホール
出演
金子三勇士 Miyuji Kaneko (ピアノ,Piano)

ピックアップ

全席払戻し・再販売のお知らせ(2020年8月4日)
4月より販売しておりました本公演にて、衛生対策の一環といたしまして、ソーシャル・ディスタンスを用いた感染防止対策を取ることができる座席位置で公演を実施することになりました。「金子三勇士 ピアノ・リサイタル」9月27日公演は全ての座席の払戻しを行ない、改めて販売させていただきます。新たな公演のチケット券面には【再配席】と記載いたしますので、記載がないチケットではご入場いただけませんので、払戻し手続きの上、新たに本公演のチケットをお買い求めください。 ご購入いただきましたお客様におかれましては、多大なご迷惑をおかけすることとなり、心よりお詫び申し上げます。
【全席払戻し・再販売のお知らせ】金子三勇士(9/27)

チケット詳細Ticket

チケット再発売情報

  1. ① 8月14日(金) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 WEB
  2. ② 8月14日(金) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 TEL
  3. ③ 8月15日(土) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 WEB
  4. ④ 8月16日(日) 10:00a.m.~発売 一般 TELWEB
  • WEBインターネットで購入可
  • TELジャパン・アーツぴあコールセンター 0570-00-1212

※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

2020/9/27

一般

通常価格 (会員価格)

SS席
S席
A席
B席
C席
D席
E席
学生席
全席指定
残席あり

5,000円(4,500円)

学生割引

通常価格 (会員価格)

SS席
S席
A席
B席
C席
D席
E席
学生席
全席指定
残席あり

2,500円(2,500円)

一般 舞台後方席

通常価格 (会員価格)

舞台後方席
残席あり

3,000円(2,700円)

学生 舞台後方席

通常価格 (会員価格)

舞台後方席
残席あり

1,500円(1,500円)

  • 学生席(各席種の半額)
  • *8/16(金)10:00より受付を開始いたします。
  • *社会人学生を除く25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
     (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴いたします。)  
    ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は一般価格の半額です。
特別割引
    • シニア・チケット=65歳以上の方は会員料金でお求めいただけます。
    • 車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターおよび神奈川芸術協会で受付)

その他プレイガイド
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

  • ショパン:革命のエチュード
  • ショパン:「雨だれ」
  • 映画『蜜蜂と遠雷』オリジナル曲 藤倉大:「春と修羅」~マサル・バージョン
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」
* * *
  • リスト:ハンガリー狂詩曲第12番
  • シューマン=リスト:「献呈」
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」

公演によせてMessage

ベートーヴェンから「春と修羅」まで、多彩な音を聴く

いつもピアノ音楽の魅力を掘り下げ、なおかつ幅広い層の音楽ファンに思いを寄せたリサイタル・プログラムを届けてくれる金子三勇士。全国津々浦々で演奏活動を行い、またラジオ番組のパーソナリティも務める彼は、近年、より多くの人にクラシック音楽を届けるにはどうしたらいいかをよく考えていると話していた。
今度のリサイタルでも、ピアニストにとって挑戦であり、かつ聴き手にフレンドリーな内容をという想いが感じられる演目が並ぶ。
まず目を引くのは、生誕250年を迎えるベートーヴェンのピアノ・ソナタ。前半には、初期の代表作である第8番「悲愴」を、後半には、鍵盤音楽の魅力を存分に示す中期の傑作、第21番「ワルトシュタイン」を演奏する。
ショパンの小品からは、「革命」と「雨だれ」。「多くの人に愛されるメジャーな作品ほど、弾く上で責任とスリルを感じる」という彼は、この二つの名曲にどうアプローチするのだろうか。また、日本とハンガリーの血を引く彼が敬愛してやまないリストからは、華やぎにあふれた「ハンガリー狂詩曲」第12番と、シューマンの歌曲の編曲作品である「献呈」を取り上げる。
さらには、コンクールに挑む若者たちを主人公とした映画「蜜蜂と遠雷」からの楽曲も。金子がピアノを担当したキャラクター、マサルが新作課題曲として演奏した藤倉大の「春と修羅」を生で聴ける、貴重な機会となる。
力強く、推進力にあふれる金子のピアノが、バラエティに富んだレパートリーを鮮やかに弾き分ける。聴きごたえ充分の公演となりそうだ。

高坂はる香(音楽ライター)

プロフィールProfile

金子三勇士 Miyuji Kaneko (ピアノ,Piano)

1989年日本人の父とハンガリー人の母のもとに生まれる。6歳で単身ハンガリーに渡りバルトーク音楽小学校に入学、2001年からは11歳でハンガリー国立リスト音楽院大学(特別才能育成コース)に入学。2006年に全課程取得とともに帰国、東京音楽大学付属高等学校に編入する。東京音楽大学を首席で卒業、同大学院修了。2008年、バルトーク国際ピアノコンクール優勝の他、数々の国際コンクールで優勝。第22回出光音楽賞他を受賞。これまでにゾルタン・コチシュ指揮/ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、小林研一郎指揮/読売日本交響楽団、ジョナサン・ノット指揮/東京交響楽団等と共演。国外でも広く演奏活動を行っている。NHK-FM「リサイタル・パッシオ」に司会者としてレギュラー出演。近年はライフワークの一環としてアウトリーチ活動にも積極的に取り組んでいる。2019年5月には新譜CD「リスト・リサイタル」をリリースした。また同年10月公開の映画『蜜蜂と遠雷』では主人公の一人「マサル」のピアノ演奏を担当。2021年には日本デビュー10周年を迎える。キシュマロシュ名誉市民。スタインウェイ・アーティスト。

金子三勇士オフィシャルウェブサイト
http://miyuji.jp/
もっとみる

主催・協賛

主催
ジャパン・アーツ/神奈川芸術協会
協力
横浜みなとみらいホール/ユニバーサル ミュージック
後援
駐日ハンガリー大使館
ページ上部へ