深化するヴィルトゥオーゾが魅せる光彩に溢れたプログラム

【公演延期】阪田知樹 ピアノ・リサイタル

  • ピアノ

阪田知樹 ピアノ・リサイタル

日時
2020年3月1日(日) 13:00
開場 / 終演予定
12:20 / 16:00
会場
横浜みなとみらいホール
出演
阪田知樹 Tomoki Sakata (ピアノ,Piano)

ピックアップ

3月1日(日)に開催の本公演は、8月29日(土)に公演延期となりました。
【振替公演】8月29日(土)公演詳細ページはこちらから
新型コロナウィルス感染拡大防止に向けての本人及び関係者との協議の結果、3月1日(日)横浜みなとみらいホールでの公演が延期となりました。当初、中止となった公演のチケットをお持ちの方はそのままご入場いただけますとご案内しておりましたが、ソーシャル・ディスタンスの観点により、お座席の間隔を開けての実施となりましたので、3月の公演チケットではご入場できません。3月の公演チケットをお持ちの方は払戻手続きの上、新たに本公演のチケットをお買い求めください。

【3月のチケットをお持ちの方対象】チケット払戻し手続きの詳細はこちら(2020年6月26日)

チケット詳細Ticket

チケットの払い戻し方法

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

特別割引
    • 車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターおよび神奈川芸術協会で受付)

チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

<第1部>

  • モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第5番 ト長調

    シューマン:交響的練習曲

<第2部>

  • リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調

<第3部>

  • リスト:「ラ・カンパネッラ」
  • チャイコフスキー(フェインベルク編曲):交響曲 第6番「悲愴」より 第3楽章 スケルツォ
  • クライスラー(ラフマニノフ編曲):愛の悲しみ
  • ショパン(バラキレフ編曲):ピアノ協奏曲 第1番 より 第2楽章 ロマンス
  • ヴェルディ(リスト編曲):リゴレット・パラフレーズ

公演によせてMessage

この勢いは、止まらない!
今もっとも波に乗るピアニストが満席を記録した前回公演に続き横浜みなとみらいホールに登場!

各地からリサイタルの依頼が殺到し、オーケストラのソリストとしても引っ張りだこ!今、もっとも勢いに乗るピアニスト・阪田知樹が、満席を記録した前回のリサイタルに続き再び横浜みなとみらいホールに登場します。
前回同様今回も3部構成で贈ります!
第1部は彼自身が「お客様からのリクエストがとても多かった」と語るモーツァルトを。「まるで天使が弾いているかのようだ」とも形容された阪田のタッチで聴くモーツァルトは格別です。続くシューマンのロマンス溢れる大曲にも注目を!
第2部は、もはや阪田の代名詞ともいえるリストのソナタ!16年に難関フランツ・リスト国際ピアノコンクールで審査員満場一致の第1位を受賞し「世界一のリスト」とまで絶賛された彼による「今の」リストを聴く価値は計り知れません。
そして第3部に用意したのはオール編曲プログラム!前回公演のアンコールでは自身がアレンジしたラフマニノフのヴォカリーズを披露したように、ピアニストとしてだけでなく作・ 編曲家としても才を見せる阪田。彼だからこそのするどい視点による演奏が期待できるでしょう。
器の大きさを感じさせる、バリエーション豊かな今回のプログラム。横浜を拠点とする阪田による渾身のリサイタルをお聴き逃しなく!

プロフィールProfile

阪田知樹 Tomoki Sakata (ピアノ,Piano)

2016年フランツ・リスト国際ピアノコンクール(ハンガリー・ブダペスト)第1位、併せて6つの特別賞受賞。コンクール史上、アジア人男性ピアニスト初優勝の快挙。19歳時に、世界五大ピアノコンクールの一つに数えられるヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール(アメリカ・フォートワース)にて最年少入賞。第35回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、及び聴衆賞等5つの特別賞、クリーヴランド国際ピアノコンクールにてモーツァルト演奏における特別賞受賞。国内外問わず数多くの指揮者、オーケストラと共演を重ねるほか、室内楽奏者としても活躍している。日本国内はもとより、ドイツ、オーストリア、イタリア、フランス、イギリス、モナコ、スイス、ベルギー、ルクセンブルク、オランダ、ポーランド、チェコ、ハンガリー、ロシア、アメリカ、モロッコなど世界各地で演奏を重ね、ヴェルビエ音楽祭、ヤナーチェク国際音楽祭、ブリュッセル・ピアノ・フェスティバル等、国際音楽祭への出演多数。クレムリン音楽祭では、オール・リスト・プログラムでのリサイタル出演。名ピアニスト、ニコライ・ペトロフ氏が「世界一のリスト」と絶賛。2015年4月、リスト・ショパン・ドビュッシー・スクリャービンを収録したデビューCDアルバムをリリース。東京藝術大学を経て、ハノーファー音楽演劇メディア大学に特別首席入学(学士、修士号をともに最優秀の成績で取得)し、現在同大学ソリスト課程ピアノ科に在籍。世界的ピアニストを輩出し続ける「コモ湖国際ピアノアカデミー」の最年少生徒として認められて以来、イタリアでも研鑽を積んでいる。公益財団法人江副記念リクルート財団奨学生、公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。1993年名古屋市生まれ、横浜市・ハノーファー在住。2017年横浜文化賞文化・芸術奨励賞受賞。

もっとみる

主催・協賛

主催
ジャパン・アーツ/神奈川芸術協会
協力
横浜みなとみらいホール

ページ上部へ