プロフィールProfile

将来が期待される若きチェリスト。
2023年9月第29回ヨハネス・ブラームス国際コンクール第1位・トッカータ作品解釈最優秀特別賞受賞。同年10月第92回 日本音楽コンクール チェロ部門第1位。岩谷賞(聴衆賞)、増沢賞、黒柳賞、徳永賞、INPEX賞も併せて受賞。2017年若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクールに満場一致で優勝。2022年ハチャトゥリアン国際コンクール第2位入賞。
9歳でオーケストラと初共演し、翌年初リサイタルを行う。これまでに小林研一郎、高関健、大友直人、藤岡幸夫、山田和樹ら各氏の指揮により、国内多数の楽団と共演。2020年シュテッケルの代役で井上道義指揮、読売日本交響楽団と共演し好評を博す。堤剛、山崎伸子各氏に師事。2021年霧島国際音楽祭賞受賞。宗次エンジェル基金/日本演奏連盟、ヤマハ音楽振興会、ジェスク音楽振興会、江崎スカラシップより奨学金を授与され、第52回リクルートスカラシップ、2023年度ローム ミュージック ファンデーション奨学生。現在桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コースに在籍。2023年秋よりベルリン芸術大学にてイェンス=ペーター・マインツに師事している。
使用楽器は上野製薬株式会社より貸与された1668年製カッシーニ。

(2024年1月現在)

ページ上部へ