2021/9/3

ニュース

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • noteで書く

【スペシャル・インタビュー】 阪田知樹、新しい”最初の一歩”へ

阪田知樹

【スペシャル・インタビュー】
阪田知樹、新しい”最初の一歩”へ

10月14日(木)にサントリーホールでリサイタルを開催する阪田知樹。 デビュー10周年の節目となる記念公演に向けての思いを語っています。

5月に行われたエリザベート王妃国際コンクールで演奏されたブラームス《ピアノ協奏曲 第2番》、素晴らしかったです。

 あの曲は、私が高校2年の頃から10年間お世話になったパウル・バドゥラ=スコダ先生に最後にレッスンしていただいた曲でした。先生は2019年に亡くなりましたが、その3か月前、コンサートで演奏する予定だったそのコンチェルトを聴いていただくため、私は久しぶりに先生のお宅へ伺いました。先生は、「素晴らしい演奏をしているし、今後も弾いていけば、もっとうまくなるだろうから」とおっしゃってくださって…そのような思い出もあり、コンクールの演奏曲目に入れました。

パウル・バドゥラ=スコダさんは、学術的にも素晴らしい足跡を残したピアニストですよね。

 博識で、どの曲についてもとてもお詳しいのです。例えば、リストの曲のこともいろいろとアドヴァイスしていただきました。ピアノの演奏における基本的なテクニックという意味でも、彼から学んだことはとても大きいです。

10月14日のサントリーホールで開催されるリサイタルでも、リストを演奏します。

 バドゥラ=スコダ先生のもとで勉強したリストの曲数は、ものすごく多いのです。それから、ベートーヴェンのピアノ・ソナタもたくさん勉強しました。

このリサイタルのプログラムと結びついていますね。

 そういうこともあります。リストの《ピアノ・ソナタ》と《「リゴレット」による演奏会用パラフレーズ》は、エリザベートのコンクールでも演奏しましたし、ベートーヴェン《ピアノ・ソナタ 第14番「月光」》については、長く弾いてきました。 ベートーヴェンとシューマンは、ドイツ音楽の最もメインストリームともいえる作曲家ですけれど、自分がバドゥラ=スコダ先生のもとで学んだ10年、そしてドイツに7年住んで勉強してきたものを提示できればと思います。

今回のリサイタルのテーマは、「幻想」です。

 シューマンの《幻想曲》は、ベートーヴェンのオマージュとして書かれています。第1楽章ではベートーヴェンの歌曲を引用していると言われる部分がありますし、第3楽章を聴いていると、ベートーヴェンの《ピアノ・ソナタ第32番》のエコーが聴こえるような瞬間があります。
 それから、リストの《ピアノ・ソナタ》。聴き手の印象としてはさまざまな場面転換があり、しかも感情の起伏の幅が激しいですよね。これまでのピアノ・ソナタのなかには括れない作品だと思っています。ピアノ・ソナタという名前がついていながら、幻想曲的な要素を内包していると感じます。その正反対の作品は《巡礼の年第2年》の「ダンテを読んで」で、「ソナタ風幻想曲」と名前がついています。《ピアノ・ソナタ》は、記されてはいませんが「幻想曲ソナタ」であると。シューベルトの《さすらい人幻想曲》を下地にしているのではないかとも言われており、幻想曲的な要素を多分に含んでいる曲と捉えられています。
 それから、シューマンがリストに《幻想曲》を献呈しているのに対し、リストは《ピアノ・ソナタ》をシューマンに捧げたこともありますね。

 リストやシューマンの先輩であるベートーヴェンとのリンクは、かなり強くあると思います。シューマンの《幻想曲》は、もともとソナタとして構想されたけれど、最終的に幻想曲におちついた…幻想曲でありながらソナタ的な構築も持っています。この3つの作品は、密接に関わっているのではないかと私は考えています。
 そして最後に、肩の力を抜いて楽しんでいただきたいとの気持ちで《「リゴレット」による演奏会用パラフレーズ》を置きました。この曲は、パラフレーズと書かれてあります。ヴェルディ《オペラ「リゴレット」》の有名な四重唱だけを抽出して、それを増幅したり分解したりしていますが、ほぼそれだけで作られているので、オペラにもとづくファンタジーと言えると思います。

阪田知樹

ところで、8月27日にボンでリサイタルがあり、そこでベートーヴェン《ピアノ・ソナタ 第15番》などを含むプログラムを披露されました。また、Hakuju Hallでの「巡礼の旅」シリーズでは、ベートーヴェンの交響曲9曲のをピアノ独奏にも取り組んでいます。
例えば、ベートーヴェンのピアノ・ソナタの32曲の全曲演奏について、将来的に考えていますか?

 バドゥラ=スコダ先生のもとでベートーヴェンのピアノ・ソナタをたくさん学びましたが、とても難しく近づきにくいと思っていました。でも、最近になって、彼のピアノ・ソナタは良いなぁ…と純粋に受けとめられるようになり、32曲に向き合ってみたいと思うようになりました。歳を追って考え方が変わるのは、味覚と同じだと思います。若い頃はあまりこういう食べ物は好きではなかったけれど、いろんなものを食べていくうちに、味の良さや新たな魅力の発見もあります。ここ1、2年、ようやくベートーヴェンにより力をかけたいと考えるようになってきました。もしかしたら、いま取り組んでいるベートーヴェンの交響曲のシリーズのおかげかもしれません。交響曲を弾く機会は、ピアニストの私にはあまりありません。でも、弾くことが決まって楽譜を読んでいくと、新しく見えてくる彼の魅力があったのかもしれません。私自身の心境の変化もあったのだと思います。

今後の活動について、「幻想」というテーマをもって活動を続けていくとうかがっています。

 2021年秋から2022年春までのリサイタルは、「幻想」というテーマで行なう予定です。例えば、リストの《ピアノ・ソナタ》と《「リゴレット」による演奏会用パラフレーズ》は今回のサントリーホールでのリサイタルでしか聴けません。べートーヴェンの「月光」も、ほぼそこでしか聴けないと思います。
 その他のリサイタルのプログラムでは、リスト「ダンテを読んで―ソナタ風幻想曲」も演奏します。それから、ショパンには《幻想曲》もありますが、彼の幻想というアイディアについて面白いと感じるのは、「幻想ポロネーズ」なのです。楽譜には「ポロネーズ・ファンタジー」と書かれています。これは、幻想曲でありながらポロネーズであると考えるべきなのかと思います。
 最近発見したことですが、「幻想ポロネーズ」の一部分は、リストの《ピアノ・ソナタ》に影響を与えているのではないかと。時代の流れのなかで見ていくと、発見することがいろいろありますね。

10月14日のサントリーホールでのリサイタルは、その時その場でしか味わえないひと時ということですね。

 私にとって初めてサントリーホールでソロ・リサイタルです。自分の音楽への思いを提示できる時間となれば良いと思いますし、デビュー10周年という記念の演奏会でもあります。この10年間、思ったことや考えてきたこと、目指したことのひとつの節目にもなりますし、今後自分がどうなっていきたいかという目標といいますか、新しい最初の一歩にもなります。私のなかでの歴史的瞬間を、みなさまと一緒に過ごすことができればと思います。

インタビュアー:道下京子


飛翔する若き巨匠の現在(いま)を聴くー
阪田知樹 ピアノ・リサイタル

日程:2021年10月14日(木) 19:00
会場:サントリーホール
プログラム:
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 Op. 27-2「月光」
シューマン:幻想曲 ハ長調 Op. 17
* * *
リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 S. 178 / R. 21
リスト:「リゴレット」による演奏会用 パラフレーズ S. 434 / R. 267
公演の詳細はこちらから


⇒ 阪田知樹のアーティストページはこちらから
https://www.japanarts.co.jp/artist/tomokisakata/

おすすめの公演情報

阪田知樹 ピアノ・リサイタル

  • 2021年10月14日(木) 19:00 サントリーホール Suntory Hall
公演情報はこちら
阪田知樹 ピアノ・リサイタル

横山幸雄 <デビュー30周年> ピアノ・リサイタル ベートーヴェン・プラス Vol.7

  • 2021年9月23日(木・祝) 11:00 東京オペラシティ コンサートホール Tokyo Opera City Concert Hall
公演情報はこちら
横山幸雄 <デビュー30周年> ピアノ・リサイタル ベートーヴェン・プラス Vol.7

舘野泉 ピアノ・リサイタル

  • 2021年10月22日(金) 19:00 東京文化会館 小ホール Tokyo Bunka Kaikan Recital Hall
公演情報はこちら
舘野泉 ピアノ・リサイタル

関連するニュース

【掲載情報】阪田知樹 ピアノ・リサイタル (2021年10月14日 サントリーホール)

2021/9/22

メディア情報 / 掲載情報

【掲載情報】阪田知樹 ピアノ・リサイタル (2021年10月14日 サントリーホール)

no image

2021/8/16

メディア情報 / オンエア情報

8月23日(月)19:30~阪田知樹 NHK FM「ベスト オブ クラシック」

【2021年8月】チケット発売情報

2021/7/20

ニュース

【2021年8月】チケット発売情報

【掲載情報】阪田 知樹 (2021年7月)

2021/7/16

メディア情報 / 掲載情報

【掲載情報】阪田 知樹 (2021年7月)

【掲載情報】「音楽の友」8月号 いざ、ショパン作品の大海へ!-ピアニストの言葉とともに

2021/7/16

メディア情報 / 掲載情報

【掲載情報】「音楽の友」8月号 いざ、ショパン作品の大海へ!-ピアニストの言葉とともに

ページ上部へ