Japan Arts BABY 0歳児とおでかけ応援プロジェクトVol. 3 ポール・メイエ(クラリネット)&カルテット・アマービレ(弦楽四重奏)

Japan Arts BABY 0歳児とおでかけ応援プロジェクトVol. 3 ポール・メイエ(クラリネット)&カルテット・アマービレ(弦楽四重奏)

ピックアップ

ご来場の皆様へ 新型コロナウイルス感染症予防と安心・安全への取組みについて

チケット詳細Ticket Information

チケット発売情報

  1. ① 11月11日(木) 10:00a.m.~発売 一般 TELWEB
  • WEBインターネットで購入可
  • TELジャパン・アーツぴあコールセンター 0570-00-1212

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

その他プレイガイド
  • チケットぴあ t.pia.jp [Pコード207-141]
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

【注意事項】必ずお読みください。
※1チケットで0歳児と大人2名までご入場できます。0歳児を必ずお連れください。
※当日はお子様の年齢確認(0歳)のため、母子手帳またはお子様の生年月日がわかる物をお持ちください。
※0歳以外のお子様はご入場いただけません。
※託児施設はございません。
※夢倶楽部会員の方も上記の料金となります。
※座席はマットをご用意いたします。(一組につき、シングルサイズのマットレスを一枚ずつご利用いただきます。)

曲目・演目Program

  • モーツァルト:クラリネット五重奏曲 イ長調 K. 581より 第1楽章
  • ブラームス:クラリネット五重奏曲 ロ短調 Op. 115より 第3楽章

公演によせてMessage

<企画について>
この企画の発案は弊社ジャパン・アーツの子育て真っ最中の社員。
0歳児の赤ちゃんと一緒に出かけることの大変さ、お出かけ先の選択肢の少なさを身をもって実感し、「赤ちゃんと一緒に」という思いを盛り込み、くつろぎのひと時をお過ごし頂けるような大きな魅力の詰まった30分間のクラシックコンサートが誕生しました。

赤ちゃんといっしょに、お出かけをしよう

小さなお子さんを連れてお出かけするのはとっても大変。
電車は混んでいないかな?ベビーカーでたどり着けるかな?泣かないかな?
おむつを替えられるかな?ミルクをあげられるかな?…と、不安は尽きません。

お出かけをしてみたい、赤ちゃんと一緒に楽しい体験をしてみたい、そう思うのが親心。

この度、新たに、0歳児と一緒に聴けるコンサートをご用意いたしました。
育児に家事にお仕事に、と忙しくされる保護者のみなさんに向けた、大人のためのコンサート。
まわりはみんな、0歳児を連れた保護者の方たち。だから、赤ちゃんが泣いても、声が出ても、ハイハイしても、大丈夫。
心配ごとは、同じです。

少しでも、忙しい毎日の息抜きになりますように。
あなたが、赤ちゃんと明日からも楽しく過ごせますように。
音楽は、きっと心にやさしく響いてくれます。

ふわふわの赤ちゃんと、安全なおうちから出てくるのは心配だと思いますが、オペラシティに来れば、楽しく、安心なひとときが待っています。
お待ちしています。

ベビーカーで入場できます。
 会場は、東京オペラシティ コンサートホールのホワイエ。
 とっても広いので、ベビーカーごと入れますし、置いておく場所もたくさんあります。
授乳室をご用意しています。※開場時のみご利用いただけます。
おむつ替えOK。(オペラシティ内複数あり)
駅から直結!雨が降っても大丈夫。
演奏中も「エアウィーヴ」のマットの上で赤ちゃんがハイハイしたり、抱き枕にもたれたり、リラックスしてお過ごしいただけます。

途中で泣いてしまっても、自宅のように抱っこをしたり、ケープを使って授乳したり、ベビーカーに乗せてあやしたり…演奏中も不安なくお過ごし頂けます!

≪公演レポート≫
[Vol.2] 2020年2月21日 成田達輝 (ヴァイオリン)と夢のひとときを
[Vol.1] 2020年1月10日 長谷川陽子の包み込まれるチェロの音色を親子で聴こう

プロフィールProfile

ポール・メイエ Paul Meyer (クラリネット, Clarinet)

名実共に世界のトップに立つクラリネット奏者。1965年アルザス生まれ。13歳でソリストとしてデビュー。パリ高等音楽院とバーゼル音楽院で学ぶ。フランス国内外のコンクールで優勝後、84年NYデビュー。ベニー・グッドマンに出会い親交を結ぶ。以来世界有数のソロ・クラリネット奏者として活躍。協奏曲のレパートリーは約100曲もの数にのぼり、完璧な技術とずば抜けた音楽性、品のある豊かな音色を併せ持ち、数多くの作曲家達から曲を捧げられ、初演も多い。室内楽でも活発な活動を行っており、世界の一流のアーティストとの数々の共演のほか、パユやオーボエのフランソワ・ルルー等、現代最高の木管奏者達とアンサンブル、「レ・ヴァン・フランセ」を結成し、絶賛されている。CDはデンオン、CBS、エラート、BMGファンハウス他多数のレーベルでリリース。指揮者としてのキャリアも注目され、これまでに、フランス国立放送フィルを始めとするヨーロッパ各地の主要オーケストラ、東京フィルハーモニー交響楽団等を指揮。2010年〜2012年12月東京佼成ウインドオーケストラの首席指揮者を務めた。

オフィシャル・ホームページ
http://www.paulmeyer.fr/
もっとみる

カルテット・アマービレ Quartet Amabile

篠原 悠那 Yuna Shinohara (ヴァイオリン, Violin)
北田 千尋 Chihiro Kitada (ヴァイオリン, Violin)
中 恵菜 Meguna Naka (ヴィオラ, Viola)
笹沼 樹 Tatsuki Sasanuma (チェロ, Cello)

2016年難関で知られる第65回ARDミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門第3位入賞、あわせて特別賞(コンクール委嘱作品の最優秀解釈賞)を受賞。19年ニューヨークで行われたヤングコンサートアーティスト国際オーディションで第1位を獲得。ニューヨー ク、ワシントンなどでの米国デビューツアーが予定されている。21年3月ホテルオークラ音楽賞受賞。そのほかにも国内外のコンクールで1位を獲得。 マルタ・アルゲリッチ、ダン・タイ・ソン他と共演、高い評価を得る。 20年よりハクジュホール”BRAHMS Plus”シリーズ、21年より王子ホール”ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会”シリーズ始動。 15年桐朋学園大学在籍中に結成される。山崎伸子、 磯村和英氏に師事。 今後の活躍が期待されているカルテットである。

もっとみる

主催・協賛

主催
ジャパン・アーツ
協賛
MEDIHEAL エアウィーヴ ロフテー
ページ上部へ