チケット詳細Ticket Information

チケット発売情報

  1. ① 9月18日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 WEB
  2. ② 9月19日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 TEL
  3. ③ 9月23日(木・祝) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 WEB
  4. ④ 9月25日(土) 10:00a.m.~発売 一般 TELWEB
  5. ⑤ 12月20日(月) 10:00a.m.~発売 学生 TELWEB
  • WEBインターネットで購入可
  • TELジャパン・アーツぴあコールセンター 0570-00-1212

※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

2022/1/12

一般

通常価格 (会員価格)

SS席
S席
残席あり

9,500円(8,600円)

A席
残席あり

8,000円(7,200円)

B席
残席あり

6,500円(5,900円)

C席
残席あり

4,000円(3,600円)

D席
E席
学生席
全席指定
学生割引

通常価格 (会員価格)

SS席
S席
残席あり

4,700円(4,700円)

A席
残席あり

4,000円(4,000円)

B席
残席あり

3,200円(3,200円)

C席
残席あり

2,000円(2,000円)

D席
E席
学生席
全席指定
  • 学生席
  • *残席がある場合に限り、12/20(月)10:00より受付を開始いたします。
  • *社会人学生を除く25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証をご提示の上、ご入場ください。
     (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴いたします。)  
     ジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は上記の価格です。
特別割引
  • ◎シニア・チケット=65歳以上の方はS席とA席を会員料金でお求めいただけます。
  • ◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付。)
その他プレイガイド
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

  • ショパン:ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 Op. 21
  • ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op. 22
* * *
  • ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op. 11

公演によせてMessage

幸運なことに、1990年秋のショパンコンクールで賞をいただくことができて、その翌年から本格的に演奏活動中心の生活が始まった。
それから30年。
デビュー当初は、いま思い出しても胃が痛くなるような
プレッシャーの中での演奏会の連続。
でも、それだけ期待していただくということがどれだけありがたいことか。
そして、そのプレッシャーをも上回る素晴らしい音楽を多くの方たちと共有する喜び。
たくさんの人々に支えられてのありがたき幸せな30年。
いろんなことがあったのに、あっという間の30年。
これからさらに年数を重ねることができるのなら、あっという間に通り過ぎるのではなく、
一歩一歩噛みしめながら歩みを進めていきたいと思う。

デビューコンサートのあの時と同じサントリーホールで、
やはり同じショパンのコンチェルト2曲にさらに「アンダンテ・スピアナートと
華麗なる大ポロネーズ」をプラスしての今回のプログラム。
タクトを振っていただく大友直人さんは、
僕のデビューアルバムの時にも指揮をして下さって以来の深いご縁。
東京都交響楽団は、これまでの演奏活動の中でオーケストラ以外でも
付き合いのある仲間が最もたくさん在籍する日本を代表する素晴らしいオーケストラ。
僕自身こそが今からとてもワクワクドキドキ、楽しみで仕方がない。

横山幸雄

プロフィールProfile

横山幸雄 Yukio Yokoyama (ピアノ, Piano)

第12回ショパン国際ピアノコンクールにおいて歴代の⽇本⼈として最年少で⼊賞後、常に第⼀線で活躍を続け、2021年にはデビュー30周年を迎えた。 各地の⼀流オーケストラやアーティストとの共演で絶⼤な信頼と評価を得ると共に、10年にわたる東京FMの番組でのパーソナリティや、数⼗枚に及ぶCD制作などにおいても⾼い評価を得ている。 東京オペラシティにて3⽇間にわたるショパン全作品240曲演奏会を行った他、余人の到達しえない憂と深みを究めた「ショパン」の演奏で聴衆を魅了し続けている。東京⽂化会館⼤ホールでの2⽇間にわたるベートーヴェン⽣誕250年記念ピアノソナタ全32曲連続演奏会などの壮⼤な企画で注⽬を浴びる⼀⽅、⾃⾝がプロデュースするリストランテペガソやキメラ、ビアンカーラサロンでのより⾝近に⾳楽を感じられる機会を創出している。 教育の分野では、後進の指導にも積極的に関わると共に、故中村紘⼦⼥史の後を受けての⽇本パデレフスキー協会会⻑を務める。 多方面で才覚を発揮し、我が国の音楽界を牽引するトップアーティストとして、その地位を確たるものとしている。

横山幸雄オフィシャルサイト
https://yokoyamayukio.net
もっとみる

大友直人 Naoto Otomo (指揮, Conductor)

桐朋学園在学中22才でNHK交響楽団を指揮してデビュー以来、日本音楽界をリードし続けている。 これまでに日本フィル正指揮者、大阪フィル専属指揮者、東京交響楽団常任指揮者、京都市交響楽団常任指揮者、群馬交響楽団音楽監督を歴任。現在東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団音楽監督、高崎芸術劇場芸術監督。 東京文化会館の初代音楽監督として東京音楽コンクールの基盤を築いたほか、海外オーケストラからも度々客演として招かれ、ハワイ響には旧ホノルル響時代から20年以上にわたり定期的に招かれている。 大阪芸術大学教授。京都市立芸術大学、洗足学園大学各客員教授。

もっとみる

東京都交響楽団 Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra

東京オリンピックの記念文化事業として1965年東京都が設立(略称:都響)。現在、大野和士が音楽監督、アラン・ギルバートが首席客演指揮者、小泉和裕が終身名誉指揮者、エリアフ・インバルが桂冠指揮者を務めている。東京文化会館、サントリーホール、東京芸術劇場での定期演奏会を中心に、小中学生への音楽鑑賞教室、多摩・島しょ地域での出張演奏や福祉施設での訪問演奏のほか、2018年からは、誰もが音楽の楽しさを体感・表現できる“サラダ音楽祭”を開催するなど、多彩な活動を展開。2021年7月に開催された東京2020オリンピック競技大会開会式では、《オリンピック賛歌》の演奏(大野和士指揮/録音)を務めた。

もっとみる

主催・協賛

主催
ジャパン・アーツ
後援
横山幸雄後援会
ページ上部へ