<プラチナ・コンサート・シリーズ Vol.7>
現在(いま)を生きる人に美しく切実に訴える 詩と音楽が一体化した不朽の歌曲集

平野和 バス・バリトン・リサイタル シューベルト 冬の旅 Op. 89, D 911

  • 声楽

ピックアップ

終演後に、平野和によるアフタートークを開催いたします。

平野和《アフタートーク・質問募集》
終演後の平野和によるアフター・トークでの質問をTwitterにて皆様から募集いたします!
ジャパン・アーツの質問受付用の投稿 ( https://twitter.com/japan_arts/status/1397749677022273536)を引用リツイートの上、「#平野和に質問」ハッシュタグを付け、ご質問をお書き下さい。質問の投稿の締切りは7月21日(水)10:00です。

公演の実施に際して、一般社団法人日本クラシック音楽事業協会の「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿って、お客様に安心してご来場いただき、音楽会をお楽しみいただくために、万全の態勢で臨みます。
併せて ご来場に際して、お客様にご協力をお願いいたします。
下記URLの「ご来場の皆様へ 新型コロナウイルス感染症予防と安心・安全への取組みについて」をご一読お願い申し上げます。
https://www.japanarts.co.jp/news/p5620/
※今後国内の情勢の変化により、この度の発信内容が変更となる可能性があります。変更がある場合は、WEB等にて発信いたしますので最新情報をご確認ください。

ご来場の皆様へ 新型コロナウイルス感染症予防と安心・安全への取組みについて

チケット詳細Ticket

チケット発売情報

  1. ① 6月5日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 WEB
  2. ② 6月6日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 TEL
  3. ③ 6月10日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 WEB
  4. ④ 6月12日(土) 10:00a.m.~発売 一般 TELWEB
  • WEBインターネットで購入可
  • TELジャパン・アーツぴあコールセンター 0570-00-1212

※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

2021/7/21

一般

通常価格 (会員価格)

SS席
S席
A席
B席
C席
D席
E席
学生席
全席指定
残席あり

5,000円(5,000円)

特別割引
  • ◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。必ず事前にご予約ください。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
その他プレイガイド
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

  • シューベルト:歌曲集「冬の旅」Op. 89, D 911
第1曲 おやすみ
第2曲 風見鶏
第3曲 凍った涙
第4曲 氷結
第5曲 菩提樹
第6曲 溢れる涙
第7曲 川の上で
第8曲 かえりみ
第9曲 鬼火
第10曲 休息
第11曲 春の夢
第12曲 孤独
第13曲 郵便馬車
第14曲 白い頭
第15曲 カラス
第16曲 最後の希望
第17曲 村で
第18曲 嵐の朝
第19曲 まぼろし
第20曲 道しるべ
第21曲 宿屋
第22曲 勇気を!
第23曲 幻日
第24曲 ライアー回し

休憩なし、終演20:30予定

シューベルト 冬の旅 歌詞対訳
平野和による歌詞対訳はこちらからPDFでご覧いただけます。

公演によせてMessage

シューベルト作曲の「冬の旅」を今演奏する事は、私にとって非常に大きな意味を持ちます。
この作品の主人公は、失恋が原因で社会からの逃避を決意し、冬の雪景色の中さすらいの旅を続けます。
彼はかつての恋人の面影、甘い思い出、美しかった春の景色を追い求めますが、全てが冷たい雪と氷に覆われ見出だす事が出来ません。
現代を生きる私達も、この主人公同様、迷えるさすらい人であると言えます。
かつて愛した世界は、コロナウイルスに覆われ、その姿を再び見つける事が出来ません。
この暗い状況に於いて、冷たい雪と氷を溶かすほどの熱い情熱を持って、自らの冬の旅を表現する。
その旅を通して、私は希望の光を見出だす事を切に願っています。

平野和

~ プラチナ・コンサート・シリーズ ~

都会の真ん中・代々木公園近くのHakuju Hallでアーティストが今一番お届けしたいプログラムをお聴きいただけるコンサート・シリーズ!
贅沢なひとときをお楽しみください。

プロフィールProfile

平野和 Yasushi Hirano (バス・バリトン, Bass Baritone)

日本大学芸術学部、ウィーン国立音楽大学修士課程を首席で修了。末芳枝、R. ハンスマン、R. ホルの各氏に師事。2008年よりウィーン・フォルクスオーパーと専属契約。2012年の新演出版「フィガロの結婚」タイトルロールをはじめ、在籍12シーズンで450公演超に出演。ザルツブルク祝祭劇場、ウィーン楽友協会、ベルリン・フィルハーモニーなどで、N.アーノンクールら数々の著名指揮者の下ソリストを務めている。 2017、2018年にはブレゲンツ音楽祭「カルメン」にスニガで出演。2020年2月にはウィーン楽友協会で佐渡裕指揮/ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団のヴェルディ「レクイエム」のソリストとして出演した。日本では、新国立劇場「ドン•ジョヴァンニ」レポレッロ、「アイーダ」エジプト王などで客演。2019年1月にはシュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラと日本ツアーを行ない、好評を博した。

オフィシャル・ホームページ
http://www.yasushi-hirano.com
Twitter
@YasushiHirano
もっとみる

平野小百合 Sayuri Hirano (ピアノ, Piano)

武蔵野音楽大学卒業、同大学院ピアノ科修了後、旧ウィーン市立音楽院(現ウィーン市立音楽芸術大学)伴奏科にて歌曲伴奏法・室内楽奏法を、その後文化庁新進芸術家在外派遣研修員としてオペラコーチングを学び、全3科を首席で修了。ピアノを中河幸、サリー・サージェント、伴奏法をキャロリン・ヘイグ、クリスティン・オカルントの諸氏に師事。ベルヴェデーレ国際声楽コンクールにてベーゼンドルファー特別賞を受賞。アン・デア・ウィーン劇場やウィーン室内オペラなどでコレペティトュアとして幅広い時代・様式のオペラ企画に携わる。歌曲伴奏者、室内楽奏者としてヨーロッパ各地ならびに日本にて演奏活動を行う。2008年よりウィーン国立音楽大学声楽学科講師。ウィーン在住。

もっとみる

主催・協賛

主催
ジャパン・アーツ / Hakuju Hall / 株式会社 白寿生科学研究所
ページ上部へ