ふくよかなハーモニーに包まれる喜び・・・
総重量500kg!話題の “フトメン” ボーカル・グループ

イル・デーヴ

ピックアップ

ご来場の皆様へ 新型コロナウイルス感染症予防と安心・安全への取組みについて

チケット発売延期のご案内(2021年1月8日)
当初、1月16日(土)に一般発売を予定しておりましたが、発売を延期とさせて頂きます。
新しい発売日は決定次第、WEB等にて発表いたします。


日本コロムビア公式YouTubeより「IL DEVU(イル・デーヴ)『LOVE CHANGES EVERYTHING』ドキュメント映像

チケット詳細Ticket

チケット発売情報

チケット発売が延期となりました。新しい発売日は決定次第、発表いたします。

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

2021/3/20

一般

通常価格 (会員価格)

SS席
S席
A席
B席
C席
D席
E席
学生席
全席指定
残席あり

5,000円(4,500円)

舞台後方席

通常価格 (会員価格)

舞台後方席
残席あり

2,000円(2,000円)

特別割引
  • ◎シニア・チケット(WEBジャパン・アーツぴあ、ジャパン・アーツぴあコールセンター、神奈川芸術協会、ミューザ川崎シンフォニーホールで受付)
    65歳以上の方は一般席を会員料金でお求めいただけます。(舞台後方席の割引きはございません)
  • ◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンター、神奈川芸術協会で受付)
その他プレイガイド
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

  • 中島みゆき (編曲:信長貴富):糸 (作詞:中島みゆき)
  • さだまさし (編曲:萩森英明):いのちの理由 (作詞:さだまさし)
  • アンドルー・ロイド=ウェバー (編曲:萩森英明):LOVE CHANGES EVERYTHING (作詞:ドン・ブラック&チャールズ・ハート)
※曲目は決定次第HP等で発表いたします。

イル・デーブの圧倒的声量、
包容力溢れるハーモニーを体感できるプログラムを熟考中!

公演によせてMessage

圧倒的な声量、硬柔自在の表現幅、そして総重量も、桁違い!!

第一線で活躍するオペラ歌手と、日本中の歌手から全幅の信頼を置かれる名ピアニストによるフトメン・ボーカル・グループがミューザ川崎に登場!
1人あたり体重90kgを切ったら強制脱退という厳しい掟も守り抜く(?)彼ら。
バスバリトンからテノールまで3オクターヴの音域を活用した、包容力溢れるハーモニー、そして見た目以上のダイナミックな歌声は必聴もの!楽しくも圧巻の2時間、お楽しみに!

プロフィールProfile

イル・デーヴ IL DEVU

総重量約500kgの重量級クラシック・ボーカル・グループ。メンバーは、普段オペラ歌手として第一線で活躍しているテノールの望月哲也・大槻孝志、バリトンの青山貴、バスバリトンの山下浩司、歌い手が厚い信頼を寄せている全国引っ張りだこのピアニスト河原忠之による太メン5人。2011年コンサート・デビューし、10周年を迎えた。オペラ歌手として活躍しているメンバーのダイナミックな歌唱、あたたかいハーモニーで人気を集め、2013年日本コロムビアよりデビューアルバム『DEBUT』、2015年に2ndアルバム『NUKUMORI』、TV番組「行列のできる法律相談所」や「ノン・ストップ」、2019年「NHKニューイヤーオペラコンサート」に出演。2020年に3rdアルバム『LOVE CHANGES EVERYTHING』をリリース。結成以来、全国各地で豊かな歌声でファンを魅了している。

もっとみる

望月哲也 Tetsuya Mochizuki (テノール, Tenor)

21世紀の声楽界を担う最高のリリックテナー
文化庁新進芸術家海外留学制度研修員として、ウィーンで研鑽を積む。オペラでは『ラ・ボエーム』『ワルキューレ』など、新国立劇場をはじめ各地の歌劇場で活躍。宗教曲の分野でも、サヴァリッシュ、アシュケナージ、ベルティーニ、小沢征爾など著名な指揮者と共演。Hakuju Hallでは、ギターとの共演で「シューベルト三大歌曲集」シリーズを展開し高く評価された。20年新国立劇場『アルマゲドンの夢』(世界初演)に出演。国立音楽大学および大学院准教授。二期会会員。

もっとみる

大槻孝志 Takashi Otsuki (テノール, Tenor)

琴線に触れる力強い美声が聴衆の心を捉える
ドイツ及びイタリアで研鑽を積む。オペラでは東京二期会『エフゲニー・オネーギン』、新国立劇場『こうもり』『愛の妙薬』日生劇場『夕鶴』、SKF松本『スペードの女王』などに出演。N響「第九」で急遽外国人歌手の代役で登場し絶賛される。近年、小澤征爾音楽塾『カルメン』、日生劇場『ルサルカ』、東京フィル『フィデリオ』(チョン・ミョンフン指揮)、東京二期会『サロメ』などに出演。東邦音楽大学特任准教授。愛知県立芸術大学講師。二期会会員。

もっとみる

青山貴 Takashi Aoyama (バリトン, Baritone)

ボローニャ、ミラノで研鑽を積んだ確かな技術と美声が魅力のバリトン
第19回五島記念文化財団オペラ新人賞受賞。ボローニャ、ミラノで研鑽を積む。オペラでは『トスカ』『ナブッコ』『仮面舞踏会』『さまよえるオランダ人』のほか、《びわ湖リング》『ラインの黄金』ヴォータン『ワルキューレ』ヴォータン『ジークフリート』さすらい人で出演し常に高い評価を得ている。コンサートでも、モーツァルト、ヴェルディ、フォーレ「レクイエム」や、ヘンデル「メサイア」、バッハ、ハイドン等の宗教曲のソリストを務める。二期会会員

もっとみる

山下浩司 Koji Yamashita (バスバリトン, Bass Baritone)

輝かしい美声と舞台上の存在感で活躍を続ける俊英
ザルツブルク及びウィーン国立音楽大学にて研鑽を積む。オペラでは『フィガロの結婚』『パルジファル』『ワルキューレ』など、東京二期会、日生劇場をはじめ数々の劇場で活躍するほか、サイトウ・キネン・フェスティバル松本、東京のオペラの森、東京・春・音楽祭他への出演も多い。これまでに小澤征爾、若杉弘、U.シルマーほか、著名な指揮者と共演。20年東京二期会『フィデリオ』に続き、21年『ルル』シゴルヒに出演予定。国立音楽大学及び大学院准教授。二期会会員

もっとみる

河原忠之 Tadayuki Kawahara (ピアノ, Piano)

日本を代表する歌手やソリストがその共演者に挙って指名する人気ピアニスト
幅広い音色、繊細な音楽表現に定評がある。イタリアでアルド・プロッティ氏のもとオペラ伴奏ピアニストを務め数々の演奏会に出演。サイトウ・キネン・フェスティバル等でコレペティトゥールを務める一方、指揮者・プロデューサーとしても活躍。国立音楽大学卒業、同大学院修了。国立音楽大学及び大学院教授、新国立劇場オペラ研究所シニア・コレペティトゥア

もっとみる

主催・協賛

主催
ジャパン・アーツ / 神奈川芸術協会
協力
ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市文化財団グループ)
ページ上部へ