プロフィールProfile

圧倒的な才能と生来の音楽性を持つチョ・ソンジンは、同世代の最も優れた才能のひとりとして、また現在の音楽界における最も異彩を放つアーティストとして名を成している。思慮深く詩的で堂々としながらやさしく、ヴィルトゥオーソ的で色彩豊かなソンジンの演奏は、貫禄と純粋さを兼備しており、強い印象を与える自然なバランス感覚によって生み出されている。

1994年ソウル生まれ。6歳でピアノを習い始め、11歳で初めて観客の前でリサイタルを行う。2009年第7回浜松国際ピアノ・コンクールで最年少優勝。2011年には17歳でチャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。2012-2015年パリ音楽院でミシェル・ベロフに学び、アルフレート・ブレンデルに師事。現在はベルリンを拠点に活動している。

2015年にショパン国際ピアノ・コンクールで優勝し、国際的な脚光を浴びる。翌年にドイツ・グラモフォンと専属契約を結ぶ。その後、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、パリ管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団等、世界中の一流オーケストラと共演している。指揮者ではチョン・ミョンフン、イヴァン・フィッシャー、ヤクブ・フルシャ、ヤニック・ネゼ=セガン、ジャナンドレア・ノセダ、アントニオ・パッパーノ、エサ=ペッカ・サロネン等と定期的に共演している。

2021/22シーズンの主な活動には、アラン・アルティノグリュ指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、アンドルー・マンゼ指揮バンバルク交響楽団、イェルク・ヴィトマン指揮モーツァルテウム管弦楽団との初共演が含まれる。また、各音楽監督の指揮によるロサンジェルス・フィルハーモニック及びニューヨーク・フィルハーモニック、クリスティアン・マチェラル指揮フランス国立管弦楽団、クリストフ・エッシェンバッハ指揮ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団などと再共演。ツアーのソリストとしても圧倒的人気を誇り、セミョン・ビシュコフ指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、サントゥ=マティアス・ロウヴァリ指揮フィルハーモニア管弦楽団をはじめとする楽団との海外ツアーにも参加する。

高い人気を誇るリサイタル・ピアニストであるチョ・ソンジンは、世界各地の権威あるコンサートホールでリサイタルを行っている。カーネギー・ホールでのキーボード・ヴィルトゥオーゾ・シリーズ、アムステルダムのコンセルトヘボウのマスター・ピアニスト・シリーズ、ベルリン・フィルハーモニーのカンマームジークザール、東京のサントリー・ホール、ロサンゼルスのウォルトディズニー・ホール、ラ・ロック・ダンテロンの国際ピアノ・フェスティバル、ヴェルビエ音楽祭、グシュタート・メニューイン・フェスティバル、ラインガウ音楽祭など、数多くのコンサートホールに登場。来るシーズンにはロンドンのウィグモア・ホール、ウィーンのコンツェルトハウス、ミュンヘンのプリンツレーゲンテン劇場、シュツットガルトのリーダーハレ、モンテカルロのオーディトリアム・レーニエ、ストックホルム・コンサートホールでソロのデビュー・リサイタルを行う。

2016年11月、ロンドン交響楽団とジャナンドレア・ノセダの共演によるショパンの協奏曲第1番と4つのバラードを収録したドイツ・グラモフォンによる初のCDがリリースされた。翌年2017年11月にドビュッシーのソロ・アルバム、2018年にヤニック・ネゼ=セガン指揮ヨーロッパ室内管共演のモーツァルト・アルバムがリリース。2020年5月にリリースした「さすらい人」では、シューベルトの幻想曲「さすらい人」、ベルクのピアノ・ソナタ、リストのピアノ・ソナタ ロ短調を収録している。そのすべてが世界中で批評家から絶賛された。2021年8月にショパンのピアノ協奏曲第2番とスケルツォ集のリリースが予定されている。

(2021年7月現在)

ムービーMovie

Seong-Jin Cho – Debussy: Suite bergamasque, L.75: III. Clair de lune
Seong-Jin Cho – Piano Concerto in E minor, Op. 11 (final stage of the Chopin Competition 2015)
Seong-Jin Cho – Polonaise in A flat major Op. 53 (second stage)
ページ上部へ