チョ・ソンジンSeong-Jin Cho

  • ピアノ

プロフィールProfile

圧倒的な才能と生来の音楽性を持つチョ・ソンジンは、同世代の最も優れた才能のひとりとして、また現在の音楽界における最も異彩を放つアーティストとして名を成している。思慮深く詩的で、堂々としながらもやさしく、ヴィルトゥオーソ的で色彩豊かな演奏は、貫禄と純粋さを兼備しており、天性のバランス感覚によって生み出されている。

1994年ソウル生まれ。6歳でピアノを習い始め、11歳でリサイタルを行う。2009年第7回浜松国際ピアノ・コンクールで最年少優勝。2011年には17歳でチャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。2012-2015年パリ音楽院でミシェル・ベロフに学ぶ。

2015年にショパン国際ピアノ・コンクールで優勝を果たし、国際的な脚光を浴びる。ドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、2016年11月ロンドン交響楽団とジャナンドレア・ノセダの共演によるショパンの協奏曲第1番と4つのバラードが収録された初のCDがリリースされた。2017年11月にはドビュッシーのソロ・アルバム、2018年にモーツァルトのソナタK281とK332、ヤニック・ネゼ=セガン指揮ヨーロッパ室内管共演のピアノ協奏曲20番ニ短調K466を収録したモーツァルト・アルバムがリリースされ、世界中で批評家から絶賛された。2020年7月にリリースされた「さすらい人」では、シューベルトの幻想曲「さすらい人」、ベルクのピアノ・ソナタop.1、リストのピアノ・ソナタロ短調が収録されている。

2020/21シーズンには、ジャナンドレア・ノセダ指揮ロンドン交響楽団、イヴァン・フィッシャー指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、マレク・ヤノフスキ指揮ニューヨーク・フィルハーモニックとの共演が予定されている。ツアーのソリストとしてもオファーの絶えないチョ・ソンジンは、サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団、グスターボ・ヒメノ指揮ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団、イヴァン・フィッシャー指揮ブダベスト祝祭管弦楽団を含む複数の海外ツアーにも参加する。また、グスターボ・ドゥダメル指揮ロサンゼルス・フィルハーモニック、ハンヌ・リントゥ指揮ボストン交響楽団、マンフレート・ホーネック指揮ピッツバーグ交響楽団、ヤクブ・フルシャ指揮マーラー室内管弦楽団、チョン・ミョンフン指揮ドレスデン・シュターツカペレ、ヤープ・ファン・ズヴェーテン指揮香港フィルハーモニー管弦楽団など多数の楽団とも共演を予定する。

高い人気を誇るリサイタル・ピアニストであるチョ・ソンジンは、世界で最も著名な多数のコンサートホールでリサイタルを行っており、カーネギー・ホールのキーボード・ヴィルトゥオーゾ・シリーズ、コンセルトヘボウのマスター・ピアニスト・シリーズ、ベルリン・フィルハーモニーのカンマームジークザール、ウィーンのコンツェルトハウス、サントリー・ホール、ウォルトディズニー・ホール、プリンツレーゲンテン劇場、リーダーハレ、ラ・ロック・ダンテロンの国際ピアノ・フェスティバル、ヴェルビエ音楽祭、グシュタート・メニューイン・フェスティバル、ラインガウ音楽祭など多数の劇場で演奏を行っている。次シーズンには、フランクフルトのアルテ・オーパー、パリのシャンゼリゼ劇場、ボストンのセレブリティ・シリーズ、ジュネーヴのヴィクトリア・ホール、ウィグモア・ホールでソロのデビュー・リサイタルを行う。

(2020年9月現在)

*プロフィールの一部を使用する場合、ジャパン・アーツの校正チェックをお受け頂きますようお願い申し上げます。
株式会社ジャパンアーツ
https://www.japanarts.co.jp/inquiry/pr/
ページ上部へ