伊藤 悠貴

チェロ
Yuki Ito, Cello
伊藤 悠貴
©Hideki Shiozawa

バイオグラフィー

15歳で渡英。2010年ブラームス国際コンクール優勝、11年英国最高峰として知られるウィンザー祝祭国際弦楽コンクールで日本人初優勝。19年齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。

ソリストとしてフィルハーモニア管弦楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団などの国内外主要オーケストラ、小澤征爾、V.アシュケナージ、小林研一郎などの指揮者や演奏家と共演を重ね、ウィグモア・ホール、ロイヤル・フェスティバル・ホールでのリサイタル、英国王室御前演奏、主要音楽祭やテレビ出演など、第一線で活動を展開。幅広いレパートリーの中でもとりわけラフマニノフ作品、およびイギリス音楽の多分野に渡る研究・演奏・普及をライフワークとしている。

近年は指揮者としても活動の場を広げ、ナイツブリッジ管弦楽団(英)芸術監督、カポソカ交響楽団(アンゴラ)日本ツアー音楽監督を歴任。20年からは新しいプロ・オーケストラ、神奈川県央管弦楽団の音楽監督兼常任指揮者に就任予定。

ピアノ芸術研究会名誉会員、県央音楽家協会名誉会員。OTTAVAラジオ「伊藤悠貴 The Romantic」パーソナリティ。
倉田澄子、A.ボヤールスキイ、D.ゲリンガス各氏に師事。英国王立音楽大学首席卒業。
使用楽器は日本ヴァイオリンより貸与の1734年製ゴフリラー。


“センセーショナル…国際舞台の頂点における地位を確立するだろう”(英ストラッド誌)
“ハリウッド流のカリスマ、投資対象としてのスター性を備えたアーティスト” (英BBC)
“著しく成熟し味わいのある演奏”(アメリカン・レコード・ガイド)
“新時代の天才チェリスト”(日本テレビ/英ニュースダイジェスト)
“ラフマニノフの新たな伝道者”(日本経済新聞)
“傑出した才能”(毎日新聞)
“世界クラスの大器”(レコード芸術誌)
“輝かしい未来を予感させ、チェロと一体化した歌心は聴き手の心に深く浸透する”(伊熊よし子)


オフィシャル・ホームページ:https://www.yukiitocello.com/

ニュース

リンク

ディスコグラフィー

動画