伊藤 悠貴Yuki Ito

  • チェロ

プロフィールProfile

15歳で渡英。21歳でブラームス国際コンクール、ウィンザー祝祭国際弦楽コンクールに優勝。2019年齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。
これまでにフィルハーモニア管弦楽団をはじめ国内外の一流オーケストラ、小澤征爾のもと特別結成したオザワ祝典合奏団などと共演。ラフマニノフ作品、イギリス音楽の普及活動をライフワークとし、リサイタルをロンドンのウィグモア・ホール、パリ、ローマなど世界の主要都市で数多く行う他、ウィンザー、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン、セイジ・オザワ松本フェスティバルなど国内外の主要音楽祭に客演。室内楽ではV.アシュケナージ、J.ロイド=ウェバーなどと共演する他、世界最高峰のバレリーナ、S.ザハーロワと「瀕死の白鳥」で共演するなど、第一線で演奏活動を展開している。また新作にも意欲的に取り組み、一柳慧「龍笛とチェロの為の音楽」、雁部一浩「チェロとピアノの為のロマンス」など初演した作品は多い。
指揮者としても国内外で活動し、2013年にロンドンでナイツブリッジ管弦楽団を創設。2016年には日本・アンゴラ外交関係樹立40周年記念事業としてカメラータ・ルアンダを指揮し、アフリカのオーケストラ史上初となる日本ツアーを成功に導いた。
倉田澄子、A.ボヤールスキイ、D.ゲリンガス各氏に師事。英国王立音楽大学卒業。

(約560字、2021年8月現在)


15歳で渡英。21歳でブラームス国際コンクール、ウィンザー祝祭国際弦楽コンクールに優勝。2019年齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。これまでにフィルハーモニア管弦楽団をはじめ国内外の一流オーケストラ、小澤征爾のもと特別結成したオザワ祝典合奏団などと共演。ラフマニノフ作品、イギリス音楽の普及活動をライフワークとし、リサイタルをロンドンのウィグモア・ホール、パリ、ローマなど世界の主要都市で数多く行う他、国内外の主要音楽祭に客演。室内楽ではV.アシュケナージ、J.ロイド=ウェバーなどと共演する他、世界最高峰のバレリーナ、S.ザハーロワと「瀕死の白鳥」で共演するなど、第一線で演奏活動を展開している。

(約300字、2021年8月現在)


15歳で渡英。21歳でブラームス国際コンクール、ウィンザー祝祭国際弦楽コンクールに優勝。2019年齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。これまでにフィルハーモニア管弦楽団をはじめ国内外の一流オーケストラ、多くの著名指揮者、演奏家と共演。ラフマニノフ作品、イギリス音楽の普及活動をライフワークとし、リサイタルをロンドンのウィグモア・ホールなど世界の主要都市で数多く行う他、国内外の主要音楽祭に客演している。

(約200字、2021年8月現在)


2019年齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。フィルハーモニア管弦楽団をはじめ国内外の一流オーケストラと共演。ラフマニノフ作品、イギリス音楽の普及活動をライフワークとし、国際的な演奏活動を展開している。

(約100字、2021年8月現在)

*プロフィールの一部を使用する場合、ジャパン・アーツの校正チェックをお受け頂きますようお願い申し上げます。
株式会社ジャパンアーツ
https://www.japanarts.co.jp/inquiry/pr/
ページ上部へ