芸術監督 諏訪内 晶子 AKIKO SUWANAI

国際音楽祭NIPPON芸術監督。1990年史上最年少でチャイコフスキー国際コンクール優勝。
これまでに小澤征爾、マゼール、メータ、デュトワ、サヴァリッシュらの指揮で、
ボストン響、フィラデルフィア管、パリ管、ベルリン・フィルなど国内外の主要オーケストラと共演。
マールボロ、ロッケンハウス、ルツェルンなどの国際音楽祭にも多数出演。デッカより13枚のCDをリリース。
使用楽器は、日本音楽財団より貸与された1714年製作のストラディヴァリウス「ドルフィン」。

国際音楽祭NIPPONのコンセプト

音楽祭の4つの柱

本音楽祭は、リゾート地ではなく、街中で開催される音楽祭です。
これには、皆さんの日常の中に、クラシック音楽を聴くという楽しみを加えていただきたいという思いが
込められています。様々なクラシック体験を持つ方々に音楽を楽しんでいただける音楽祭として、
「4つの柱」を立てました。

イントロダクション・エデュケーション

“現代作曲家への委嘱”・・・同時代で同じ音楽家として活躍する諏訪内晶子が、旬の作曲家に音楽祭委嘱作品を依頼し、その魅力を紹介していきます。

“マスタークラス”・・・幼い頃に質の高い指導を受けることで「世界に通用するスキル」が身につくという、諏訪内自身の体験を反映した充実の講座を展開します。

“0歳児から聴くコンサート”・・・「小さい頃から家族でクラシック音楽に触れる機会を持ち、大人になってからも普段のエンタテイメントとしてコンサートを楽しんで欲しい。」音楽祭は全ての年代へ音楽を届けます。

コラボレーションwithアート

美術, 演劇, 映画, 音楽など芸術における様々な分野の枠を取り去って多くの方にクラシック音楽を楽しんでいただきたいと願い、美術館や能楽堂での演奏会を開催します。

トップ・クオリティ

芸術監督であり演奏家である諏訪内晶子が、実際の音楽仲間である一流アーティストとの対話を重ねて創り上げるコンサート。世界各地から聴きに行きたくなるような、最高のクオリティの音楽を楽しんでいただきます。

チャリティ・ハート

「音楽を届けるべきところに継続的な支援を行いたい」東北の皆様に、音楽を通して心安らぐ時間をお持ちいただけることを願ってチャリティコンサートを開催。今回は、福島県郡山市へ音楽をお届けします。

音楽祭公演スケジュール

芸術監督・諏訪内 晶子の本音楽祭への思い 音楽の未来へ ~夢を紡いでいきたい~

第3回国際音楽祭NIPPONを、名古屋・横浜・郡山にて開催させていただきますことを、
大変光栄に思います。1990年チャイコフスキー国際コンクール優勝以来、
素晴らしい演奏機会に恵まれ、各国のオーケストラやアーティストと共演し、
多くの方々との出会いがありました。
本音楽祭の4つの柱は、「トップ・クオリティ」「イントロダクション・エデュケーション」
「コラボレーション with アート」「チャリティ・ハート」です。
現代作曲家への新しい作品の委嘱や、私自身がこれまで歩んできた道のりで得た経験と
知識の継承など、若い世代にも夢を託して芸術・音楽文化の発展の
一助となりたいと考えております。
新たな段階を歩み始めた国際音楽祭NIPPONにご期待ください。
諏訪内 晶子

芸術監督・諏訪内 晶子の本音楽祭への思い
©TAKAKI_KUMADA

国際音楽祭NIPPON実行委員会

国際音楽祭NIPPONツィッターはこちら
国際音楽祭NIPPONフェイスブックはこちら