• ニュース

鈴木優人がバッハ・コレギウム・ジャパンの首席指揮者に就任

鈴木優人が2018年9月20日付けでバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の首席指揮者に就任することが発表されました。鈴木優人は2003年より鍵盤奏者としてBCJの演奏に参加し、また作曲家としてバッハ作品の喪失楽章の復元やモーツァルト《レクイエム》の補筆を手がけ、近年は指揮者として数々のBCJ公演を成功に導くなど、音楽監督・鈴木雅明の右腕として活動して来ました。

<鈴木優人よりコメント>
この度、幼少より常に人生を共にしてきたバッハ・コレギウム・ジャパンにおいて首席指揮者というポストをいただくことになり、光栄に思うと同時に身の引き締まる思いであります。父・鈴木雅明と共に、より一層バッハの音楽を深め、また広めていくことができますよう尽力したいと思います。

鈴木優人の活躍にご期待ください!

鈴木優人のプロフィールはこちらから

バッハ・コレギウム・ジャパンのページはこちらから

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ソプラノとオルガンの天上の響き
森麻季(ソプラノ)&鈴木優人(オルガン、ピアノ)
2019年1月31日(木) 13:30開演 東京オペラシティ コンサートホール
公演詳細はこちらから