英国ブラス頂点のパワーが炸裂!旋風再び!

ブラック・ダイク・バンド

チケット詳細Ticket Information

① 6月1日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 6月2日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 6月6日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 6月8日(土) 10:00a.m.~発売 一般   

… ジャパン・アーツぴあコールセンター 0570-00-1212
… インターネットで購入可
10月31日(木)東京芸術劇場コンサートホール公演チケット購入はこちら11月2日(土)すみだトリフォニーホール公演チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード151-671(10/31公演)、151-672(11/2公演)]
東京芸術劇場ボックスオフィス(10/31公演のみ) 0570-010-296
トリフォニーホールチケットセンター(11/2公演のみ) 03-5608-1212 www.triphony.com
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード33877]

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

特別割引
  • ◎シニア・チケット=65歳以上の方はS席とA席が会員料金でお求めいただけます。
  • ◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
その他プレイガイド
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

10月31日(木)東京芸術劇場公演
  • ジェームズ・.ケイ:クイーンズバリー
  • ジュゼッペ・ヴェルディ/ライト編:歌劇「運命の力」序曲
  • パーシー・コード:ゼルダ (コルネットソロ:リチャード・マーシャル)
  • ジェローム・カーン/フリー編:オール・マン・リヴァー (キットソロ:マシュー・リグ)
  • ピーター・グレイアム:バリトンのための協奏曲 (バリトンソロ:カトリーナ・マーゼラ)
  • ブルース・ブロートン:ヒーローズ
* * *
  • ポール・ロヴァット=クーパー:ウォーキング・ウィズ・ヒーローズ
  • ピエール・コルネイユ/スネル編:ル・シッド
  • フレッド・イネス:シー・シェルズ (トロンボーンソロ:ブレット・ベイカー)
  • ホアキン・ロドリーゴ:アランフェス協奏曲 (フリューゲルホーンソロ:ゾイ・ロヴァット=クーパー)
  • アンディ・スコット:竜の巣(ドラゴンズ・デン) (ユーフォニアムソロ:ダニエル・トーマス)
  • ピーター・グレイアム:“キャッツ・テイルズ”より
     “カタロニア” (ソロ:ゾイ・ロヴァット=クーパー、シボーン・ベイツ、アリソン・チャイルズ、サミー・ラトゥス)
     “キャットウォーク”
     “スキャット” (ソロ:リチャード・マーシャル、ブレット・ベイカー、ローガン・ハートレイ)
  • ピーター・グレイアム:シャイン・アズ・ザ・ライト
11月2日(土)すみだトリフォニーホール公演
  • ジョン・フィリップ・スーザ:自由の鐘
  • ジュゼッペ・ヴェルディ(ローリマン編):歌劇「ナブッコ」序曲
  • テリー・カムジー:メロディー・オブ・ザ・ハート (コルネットソロ:リチャード・マーシャル)
  • ピーター・グレイアム:ウィンドウズ・オブ・ザ・ワールドより
     “アマゾニア”
     “ケルトの夢” (バリトンソロ:カトリーナ・マーゼラ)
     “雷の太鼓”
  • フィリップ・ハーパー:ケルティック・プロミス (テナーホーンソロ:シボーン・ベイツ)
  • ピーター・グレイアム:交響詩“ダイナスティ”
* * *
  • ポール・ロヴァット=クーパー:ホライズン
  • アーサー・プライアー/ウィルキンソン編:愛の想い (トロンボーンソロ:ブレット・ベイカー)
  • ロイ・ニューサム:舞踏室のバス (チューバソロ:ゲヴィン・セイナー)
  • シモーネ・マンティア/チャイルズ編:春の日の花と輝く (ユーフォニアムソロ:ダニエル・トーマス)
  • ジョン・ウィリアムズ/ダンカン編:映画「ハリー・ポッター」シリーズより
  • ビル・コンティ他/バリー編:映画「007 ユア・アイズ・オンリー」より
    (フューチャリング:ゾイ・ロヴァット=クーパー、シボーン・ベイツ、アリソン・チャイルズ、サミー・ラトゥス、カトリーナ・マーゼラ)
  • クラウス・バデルト他/ロバーツ編:映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」より
  • オットリーノ・レスピーギ/スネル編:“ローマの松”より
     第1部 ボルゲーゼ荘の松
     第4部 アッピア街道の松

公演によせてMessage

怒涛の「1週間」、ふたたび!

2016年から2年続けて来日し、大旋風を巻き起こしたブラック・ダイク・バンド(BDB)が、またもやってくる!
サクソルン系の金管楽器を中心に編成されたブラスバンドは、ヨーロッパでは多くのコンテストが開催されており、競技の面白さもある。1816年創設(前身も含む)のBDBは、ブリティッシュ・オープン選手権で30回、全英選手権で22回、全欧選手権でも13回の優勝を誇っている。まさに「ダイクの前にダイクなく、ダイクの後にもダイクなし」と評され、「世界で最も成功したバンド」としてギネス登録もされた、「世界最強のブラスバンド」なのだ。最強音の迫力もさることながら、弱音の繊細な美しさ、永遠につづくかと思われる息の長さ、さらに、ひたすら聴衆を楽しませようとするエンタテインメント・プレイ――BDBのコンサートは、一度行ったら忘れられなくなるひとが多い。
今回も、オリジナルから映画音楽、クラシックなど、様々なジャンルが演奏されるが、やはり注目は、2公演で5曲が演奏される、人気作曲家ピーター・グレイアムの楽曲だ。《ダイナスティ》は、伝説のコルネット奏者で指揮者でもあったハリー・モーティマー(1902~92)の生涯にインスパイアされた曲だ。本年のブリティッシュ・オープン選手権の課題曲でもある。また、グレイアムの大人気曲、《シャイン・アズ・ザ・ライト》も聴き逃せない。
そのほか、ブラスバンドの醍醐味をとことん味わえる、おなじみポール・ロヴァット=クーパーの曲のほか、首席コルネット奏者リチャード・マーシャルをはじめとするソロイストたちのスーパー・プレイも楽しみだ。
BDBには、弁護士など、正業をもっているメンバーもいる。よって長期ツアーは困難で、日本公演も毎回「1週間」しか組めない。彼らのコンサートは実に貴重な機会なのだ。今回も、怒涛の1週間を展開してくれることだろう! <敬称略>

富樫鉄火(音楽ライター)

全国公演日程National performance

日時
2019/10/27(日)
会場
大阪狭山市文化会館SAYAKAホール
お問い合わせ先

(問)同左 072-365-8700

日時
2019/10/29(火)
会場
札幌文化芸術劇場hitaru
お問い合わせ先

(問)道新プレイガイド 0570-00-3871(日曜定休)

日時
2019/10/31(木)
会場
東京芸術劇場 コンサートホール
お問い合わせ先

(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

日時
2019/11/1(金)
会場
四日市市文化会館 第1ホール
お問い合わせ先

(問)同左 059-354-4501

日時
2019/11/2(土)
会場
すみだトリフォニーホール
お問い合わせ先

(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

プロフィールProfile

ニコラス・チャイルズ Nicholas Childs (ブラック・ダイク・バンド音楽監督・首席指揮者, Music Director & Chief Conductor)

世界のブラス・バンド界の重鎮。指揮者、指導者、先駆的な録音の制作者として、国際的に知られている。ブラック・ダイク・バンドの首席指揮者兼音楽監督という現在の職に就任してからは、新曲の世界初演、録音等の活動が際立っている。指揮者としてこれまでに全英ブラス・バンド選手権で6回全英国チャンピオンを獲得している。それは、2001年、04年、08年、09年、14年がブラック・ダイク・バンドを率いてのものであり、1999年がフォーデンズ・クルトワ・バンドを率いてのものである。さらに、ブラック・ダイク・バンドとは、ブリティッシュ・オープン・ブラス・バンド選手権で2005年、06年、14年に優勝し、ヨーロピアン・ブラス・バンド選手権で2005年、12年、15年に優勝している。2009年6月には、ブラック・ダイク・バンドを率いて、彼にとって初めてとなるイングランド(イングリッシュ・ナショナルズ)選手権で優勝し、その後、11年、12年、13年にも優勝を重ねた。この他にも、スウェーデン、フランス、スコットランド(4回)、ウェールズ(3回)、ノルウェー(5回)の各ナショナル選手権での優勝がある。さらに、リーズ・メトロポリタン大学からは、2006年に名誉博士号を授与され、2008年には教授に任命された。また同年、ロンドン市の名誉市民「フリーマン・オブ・ザ・シティ・オブ・ロンドン」の称号を授与された。近年、王立ノーザン音楽大学の教授に任命され、同大学の学長、リンダ・メリック教授は、「音楽業界に際立った貢献をされたニコラス・チャイルズ氏に、教授という役職を引き受けていただけたことを、私たちは大変光栄に思っています。そして、王立ノーザン音楽大学に新設されたフィリップ・ジョーンズ・ブラス・センターを拠点にブラス・バンド教育を充実させるにあたり、彼と共に活動することを楽しみにしています」と述べた。

もっとみる

ブラック・ダイク・バンド The Black Dyke Band

1855年創立。その前史としては、1816年、ピーター・ワートンが、ヨークシャーのクイーンズヘッド(現在のクイーンズバリー)に、金管楽器と木管楽器によるバンドを設立。後に「ブラック・ダイク・ミルズ・バンド」の創設者となるジョン・フォスターは、このワートンの設立したバンドのフレンチ・ホルン奏者であった。1833年になると、「クイーンズヘッド・バンド」という名の新しいバンドが結成された。このバンドクイーンズヘッド・バンドは、1838年から1843年にかけて団員18名を擁していたと伝えられている。ブラック・ダイク・バンドは、2005年9月15日に創設150周年記念日を迎え、この時ロイ・ニューサム博士の著した「ゴールデン・イヤー:ブラック・ダイク150年の歴史」という書籍の出版、3枚組のCDセット「ジュエルズ・イン・ザ・クラウン」をリリースした。ブラック・ダイク・バンドは、世界で最も多くの録音をおこなっているバンドで、すでに350枚を超えるディスコグラフィーは、年々さらに増加を続けている。また、同バンドは、世界で最もコンテストで成功を収めているバンドでもある。これまでに、ヨーロピアン・ブラス・バンド選手権で13回、ブリティッシュ・オープン・ブラスバンド選手権で30回、全英ブラス・バンド選手権で20回以上の優勝実績がある。また、イングリッシュ・ナショナル・ブラスバンド選手権では、2009年、11年、12年、13年に優勝したのに加え、2014年10月にも優勝したことにより、2014年の「イングリッシュ・ナショナル・チャンピオン」のタイトルを獲得した。2006年には、ブラック・ダイク・バンドは、若者たちの活動を支援する働きかけの一環として、ニコラス・チャイルズ博士の指導と同バンド正規メンバーの協力の下に、11歳から21歳までの若者たちが、演奏者、作曲家、市民として、自身の潜在能力を余すところなく発揮できるように、彼らに良い刺激を与え、彼らの意欲を掻き立てることを主旨としてヨークシャー・ユース・ブラス・バンド(YYBB)を創設。2007年8月には、ブラック・ダイク・バンドは、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにおけるBBCプロムスに招かれて演奏を行った。2016年、26年ぶりの来日公演を行い、翌2017年にも日本ツアーを実施し各地で大反響を得た。

もっとみる

朝岡聡 Satoshi Asaoka (司会,Emcee)

フリーアナウンサー&コンサート・ソムリエ。慶應義塾大学卒業。テレビ朝日にアナウンサーとして入社。「ニュースステーション」初代スポーツキャスターとして活躍。フリーとなってからはテレビ・ラジオ・CM出演のほか、クラシック・コンサートの司会や企画構成にも活動のフィールドを広げている。ソリストや指揮者と繰り広げるステージ上の会話や興味深い内容を軽妙なトークで展開する独自の世界は、新しい芸術ファンのすそ野を広げる司会者として注目と信頼を集めている。

もっとみる

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
共催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)(10/31公演のみ)
   すみだトリフォニーホール(11/2公演のみ)
協賛:三菱商事株式会社(10/31公演のみ)
後援:全日本吹奏楽連盟、日本ブラスバンド指導者協会

ページ上部へ