颯爽と時代(いま)を翔(かけ)るピアニズム

アリス=紗良・オット ピアノ・リサイタル

ピックアップ

※本公演では、開演時間に遅れていらっしゃいますと、休憩まで演奏会場内にはお入り頂けません。休憩まで、ロビーでお待ち頂く可能性がございます。ご注意の上、お時間に余裕をもってご来場頂けましたら幸いです。皆さまのご来場を、心からお待ちしております。


グリーグ、抒情小曲集からの抜粋演奏曲目のお知らせ。(2016年9月)
来日直前インタビュー/新譜:「ワンダーランド」(2016年9月)
LINEスタンプが発売されました!(2016年7月)
アリス=紗良・オットに聞く(2016年6月)
【オンエア情報】5/20「報道ステーション」に出演!

 18:20~(18:00開場)アリス=紗良・オット自身による
      プレ・トーク開催!!

チケット詳細Ticket

? 3月12日(土)10:00a.m.~発売  夢倶楽部ネット会員 
? 3月13日(日)10:00a.m.~発売  夢倶楽部会員 
? 3月24日(木)10:00a.m.~発売  ジャパン・アーツぴあネット会員 
? 3月27日(日)10:00a.m.~発売  一般    

… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード289-506]
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407〔Lコード31492〕
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

特別割引
  • ◎シニア・チケット=65歳以上の方はS席とA席が会員料金でお求めいただけます。
  • ◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
その他プレイガイド
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

【お知らせ】グリーグ、抒情小曲集からの抜粋演奏曲目のお知らせ。
熊本県立劇場コンサートホールを皮切りに、全10公演の日本ツアーが始まります。
プログラム前半、グリーグ:抒情小曲集からの抜粋演奏曲目は下記の通りです。

グリーグ:抒情小曲集より
 昔々 Op.71-1
 アルバムの綴りOp.12-7
 蝶々 Op.43-1
 民謡 Op.12-5
 妖精の踊りOp.12-4
 春に寄す Op.43-6
 小人の行進 Op.54-3
 夜想曲 Op.54-4
 小川 Op.62-4
 小妖精 Op.71-3
 バラード風に Op.65-5
 トロルドハウゲンの婚礼の日 Op.65-6

グリーグ:バラードOp.24~ノルウェー民謡による変奏曲形式による

—————————————————————
リスト:ソナタ ロ短調

※なお、今回の公演では、開演時間に遅れていらっしゃいますと、休憩まで演奏会場内にはお入り頂けません。休憩まで、ロビーでお待ち頂く可能性がございます。ご注意の上、お時間に余裕をもってご来場頂けましたら幸いです。
皆さまのご来場を、心からお待ちしております。

公演によせてMessage

新しい冒険をつねに続けるアーティスト

アリス・紗良=オットのピアノを初めて聴いたのは、ドイツ・グラモフォンと専属契約を結んだ直後に東京で行われたお披露目コンサートで(2008年)、リストの「超絶技巧練習曲」など数曲を演奏しただけで、大変個性的な資質をもったピアニストが登場したものだと驚いた。黒髪のロングヘアをロック・ミュージシャンのように振り乱しながら、「鬼火」や「ラ・カンパネラ」を弾く様子は、ピアノに憑りつかれているようでもあり、何かに全力で反抗しているようでもあった。
 聴衆の前で火花を散らすことのできる、生まれながらの「スター」であることは間違いなかったが、ドラマティックなデビューを飾った後も、アリスは予想外の変化を次々と見せていく。ルクセンブルク出身のピアニスト、フランチェスコ・トリスターノとレコーディングした『スキャンダル』では、作曲もこなすトリスターノの技巧的なオリジナル曲にチャレンジし、ストラヴィンスキーの『春の祭典』やラヴェルの『ボレロ』(いずれもトリスターノ編曲)もデュオで披露。緊張度の高いユニットで、ライヴでの集中も尋常ではなかったが、なんとも言えないユーモラスな雰囲気もあった。アリスが相棒として選ぶのは、つねにクラシックの世界だけにとどまらない、マージナルな活動をしている冒険的アーティストだ。1歳年上のアイルランド人、オーラヴル・アルナルズはポスト・クラシカルの先駆的サウンド・クリエイターで、アリスが様々なプリペアード・ピアノでショパンを弾いた録音に、オーラヴルがストリングスのサウンドを加えて斬新な世界を作り上げた。二人がリリースした「ショパン・プロジェクト」は、ショパンの音楽の未知の可能性を掘り当て、クラシック・ファンを驚かせた。
 ひとつのイメージにとらわれたくない、ただの美人ピアニストと思われたくない…アリスの「パンクな」活動を見ていると、既成のジャンルにとどまらず、新しい冒険をつねに続けたいアーティストなのだと思う。クラシックが豊かで無限の可能性をもつジャンルであることを、身をもって表現するために、破壊と創造を繰り返しているのだ。9月のソロ・リサイタルでは、グリーグとリストをプログラムに組んでおり、キーワードは「ロマン派」なのか…など色々と深読みしたくなる「人選」(?)である。目隠しをしてルービック・キューブを最短で完成させてしまうのがアリスの特技だが、直観型の天才である彼女には「オーソドックス」という言葉は似合わない。つねに驚きとともにオーディエンスの前にやってくる、スーパー・ピアニストの「旬」の音が早く聴きたい。

小田島 久恵(音楽ライター)

全国公演日程National performance

日時
2016/9/27(火)
会場
熊本県立劇場コンサートホール
お問い合わせ先

KABイベント 096-359-9051

日時
2016/9/28(水)
会場
兵庫県立芸術文化センター
お問い合わせ先

芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255

日時
2016/9/30(金)
会場
東京オペラシティ コンサートホール
お問い合わせ先

ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040

日時
2016/10/1(土)
会場
福島市音楽堂
お問い合わせ先

同左 024-531-6221

日時
2016/10/3(月)
会場
アクロス福岡シンフォニーホール
お問い合わせ先

ヨランダオフィス・チケットセンター 092-406-1771

日時
2016/10/4(火)
会場
札幌コンサートホールKitara
お問い合わせ先

札幌テレビ放送事業部 011-272-8659

日時
2016/10/5(水)
会場
日立システムズホール仙台コンサートホール
お問い合わせ先

TBC東北放送事業部 022-227-2715

日時
2016/10/7(金)
会場
町田市民ホール
お問い合わせ先

同左 042-728-4300

日時
2016/10/8(土)
会場
熊谷文化創造館さくらめいと
お問い合わせ先

さくらめいとチケットセンター 048-532-9090

日時
2016/10/9(日)
会場
京都・青山音楽記念館 バロックザール
お問い合わせ先

青山音楽記念館 075-393-0011

プロフィールProfile

アリス=紗良・オット Alice Sara Ott(ピアノ, Piano)

ドイツ人と日本人の両親をもつ ピアニスト、アリス=紗良・オットは、5年足らずのうちに世界各地の主要なコンサート・ホールで演奏し、批評家の絶賛を博すとともに、今日最も刺激的な音楽家の一人として確固たる地位を築いた。
今までに、ロリン・マゼール、パーヴォ・ヤルヴィ、ネーメ・ヤルヴィ、サカリ・オラモ、オスモ・ヴァンスカ、ワシーリ・ペトレンコ、チョン・ミョンフン、ハンヌ・リントゥ、ロビン・ティチアーティ、ウラディーミル・アシュケナージ、アントニオ・パッパーノ、エサ=ペッカ・サロネン、グスターボ・ドゥダメルといった世界を代表する指揮者達と共演を重ねている。
近年のオーケストラ共演のハイライトとしては、ロサンゼルス・フィルハーモニック、シカゴ交響楽団 、トロント交響楽団との初共演を行った。そして、バイエルン放送交響楽団との再共演、フィルハーモニア管弦楽団との中国ツアー、NHK交響楽団との日本ツアーのソリストとしても抜擢された。
2015-16シーズンのハイライトは、ウィーン交響楽団、カナダの国立芸術センター管弦楽団、ロンドン交響楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団との共演が予定されている。また、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、フランクフルト放送交響楽団、バーゼル交響楽団、トーンキュンストラー管弦楽団のツアーに参加する。
2008年よりドイツ・グラモフォンと専属契約を結ぶ。リストの超絶技巧練習曲集をメインにしたデビュー録音の大成功に続いて、ショパンのワルツ全曲を収めた2枚目のアルバムがリリースされ、ドイツとアメリカのクラシックiTunesチャートで1位にランクされた。また、2010年10月には、エコー・クラシック賞の「ヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞した。
アイスランド出身の作曲家オーラヴル・アルナルズとのコラボレーション・アルバム「ショパン・プロジェクト」は2015年3月に発売され、イギリス、フランス、イタリアなど25カ国のiTunesクラシック・チャートで1位にランクインした。
2016年9月には今回の演奏曲目を含む最新のアルバムをリリースする予定。

もっとみる

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
協力:ユニバーサル ミュージック
後援:ドイツ連邦共和国大使館/東京ドイツ文化センター

ページ上部へ