デビュー25周年記念 ヴァイオリン・リサイタル・シリーズ 全5回

小林美恵 ヴァイオリン・リサイタル 第4回「音の神秘」

ピックアップ

チケット詳細Ticket

? 2月13日(土) 10:00a.m.~発売  夢倶楽部ネット会員 
? 2月14日(日) 10:00a.m.~発売  夢倶楽部会員 
? 2月18日(木) 10:00a.m.~発売  ジャパン・アーツぴあネット会員 
? 2月21日(日) 10:00a.m.~発売  一般    

… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
Hakuju Hall チケットセンター 03-5478-8700(電話は火~土 10:00~18:00 祝日・休館日を除く)
Hakuju Hallオンラインチケット予約http://www.hakujuhall.jp/
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード287-134]
ローソンチケット 0570-000-407〔Lコード34440〕
イープラス eplus.jp

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

特別割引
  • ◎シニア・チケット=65歳以上の方はS席とA席が会員料金でお求めいただけます。
  • ◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
その他プレイガイド
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

ドヴォルザーク:4つのロマンティックな小品 Op.75

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第10番 ト長調 Op.96

ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ(遺作)

フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ホ短調 Op.108

公演によせてMessage

~華麗と知性。素晴らしすぎるヴァイオリニスト、美恵さんへ~

 小林美恵さんのデビュー25周年のコンサートシリーズに、数多あるコンサートホールの中でHakuju Hallを選択頂いた事に心から感謝致します。
 小林さんを知ったのは、正に四半世紀前です。私は高校時代からアマチュアオーケストラでヴァイオリンを弾いていたのですが、今は当たり前になった海外コンクール入賞や海外留学、当時はそういう時代ではない中に、ロン=ティボー国際コンクールで1位。そんな憧れのスターである小林さんとホールを介して面識を持たせて頂き、早や10年になります。リクライニング・コンサート・シリーズへの参加をきっかけに個人的にも親交を持たせて頂いていますが、一番の関わりは東日本大震災の東北支援活動です。震災が起きた5年前にチャリティー・コンサートを一緒に企画し今もなお継続、更には岩手県大槌町での演奏にもご同行頂きました。震災を通じて小林さんの温かいお気持ちに触れ、演奏家としてはもとより、人としても尊敬しております。
 これからも益々のご発展をお祈り申し上げると共に、末長いお付き合いをお願い致します。

Hakuju Hall支配人 原 浩之

プロフィールProfile

小林 美恵 Mie Kobayashi(ヴァイオリン, Violin)

東京藝術大学附属音楽高校を経て、同大学を首席で卒業。在学中に安宅賞、福島賞を受賞。1983年第52回日本音楽コンクール第2位。1984年海外派遣コンクール河合賞受賞。1988年にはシュポア国際ヴァイオリン・コンクール第2位、あわせてソナタ賞を受賞。1990年ロン=ティボー国際コンクールヴァイオリン部門で日本人として初めて優勝。以来、国内外で本格的な活動を開始する。これまでに、NHK交響楽団、東京都交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢等の国内の主要オーケストラ、ハンガリー国立交響楽団、プラハ交響楽団のソリストとして、充実した演奏を高く評価される。また静岡のAOI・レジデンス・クヮルテットのメンバーをはじめ、数多くの共演と室内楽の分野においても活動を広げ、軽井沢国際音楽祭に毎年出演するなど音楽祭にも積極的に参加している。CDは、「プレイズ・クライスラー」、パスカル・ロジェとのデュオ「フォーレ」「ラヴェル&エネスコ ヴァイオリン・ソナタ集」ツィゴイネルワイゼンなどを収録した「ヴァイオリン名曲集」など多数リリース。デビュー20周年を迎えた2010年に、紀尾井ホールで記念リサイタルを好演、同年ロン=ティボー国際コンクールのヴァイオリン部門の審査員として招かれた。2012年には、パキスタンで行われた日パキスタン国交樹立60年の記念演奏会に出演。そのほか、フランス、イギリス、タイ、中国、韓国、ニュージーランド等でも公演を行い、洗練され、しかもダイナミックに奏でられる重厚な演奏が、多くの聴衆を魅了した。今後も、日本を代表するヴァイオリニストとしてリサイタル、室内楽、オーケストラとの共演など全国各地で公演が予定されている。2015年にデビュー25周年を迎えた。現在、昭和音楽大学客員教授。
オフィシャル・ホームページ http://miekobayashi.com/

もっとみる

上田 晴子 Haruko Ueda(ピアノ, Piano)

東京芸術大学附属高等学校、同大学卒業、同大学院修了後、ロータリー財団奨学生として渡仏、パリ・ヨーロッパ音楽院卒業。1986年、ロン=ティボー国際コンクール入賞、1995年、日本国際ヴァイオリンコンクール最優秀伴奏者賞受賞など。ソリスト、室内楽奏者として日、欧で演奏活動を行う。共演してきた演奏家は、J=J. カントロフ、P.ヴェルニコフ、A.デュメイ、O.シャルリエ、小林美恵、千々岩英一、S.ルセフ(Vn)、B.パスキエ(Va)、堤剛(Vc)、M.アリニョン(cl)、N.バルデイルー(cl)、エネスコSQ等。録音はALMより、カントロフとの「ドホナーニ、エネスコ・ヴァイオリンソナタ集」「エネスコ、ブゾーニ・ヴァイオリン作品集」「ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ第1巻」「ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ第2巻」(以上レコード藝術特選)、「プロコフィエフ、シュトラウス・ヴァイオリンソナタ」ミッシェル・アリニョンとの「ミッシェル・アリニョンの至芸」(以上レコード藝術準特選)などがある。現在パリ国立高等音楽院ピアノ科・室内楽科准教授、桐朋学園大学院大学教授を兼任。

もっとみる

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
共催:Hakuju Hall/株式会社白寿生科学研究所

ページ上部へ