魚谷絵奈&アン・ジョンド ピアノ・デュオ・リサイタル

チケット詳細Ticket Information

チケット発売情報

  1. ① 6月9日(日) 10:00a.m.~発売 一般 TELWEB
  2. ② 6月9日(日) 10:00a.m.~発売 学生 TELWEB
  • WEBインターネットで購入可
  • TELジャパン・アーツぴあコールセンター 0570-00-1212

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

2024/10/4

一般

通常価格

SS席
S席
A席
B席
C席
D席
E席
学生席
全席指定
残席あり

5,000円

学生割引

通常価格

SS席
S席
A席
B席
C席
D席
E席
学生席
全席指定
残席あり

2,000円

  • 学生席
  • *6/9(日)10:00より受付を開始いたします。
  • *社会人学生を除く25歳までの学生が対象です。公演当日、入口または窓口にて学生証を拝見させていただきます。
     (学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴いたします。)
特別割引
  • ◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
その他プレイガイド
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

  • 三善晃:2台ピアノのための組曲「唱歌の四季」
    1.朧月夜 2.茶摘 3.紅葉 4.雪 5.夕焼小焼
  • 日本と韓国 2人の作曲家による委嘱作品 (世界初演)
    (安良岡章夫、ソン・イルフン)
* * *
  • オリヴィエ・メシアン:アーメンの幻影

公演によせてMessage

ザルツブルク留学時代の友人、アン・ジョンド氏と2回目の共演となります。
今回は日本と韓国、2人の作曲家にお互いの国の民謡をテーマにした委嘱作品をお願いしました。
共にヨーロッパで西洋音楽の基礎を学んだ私達ですが、同じアジア人としての共通の間隔もあれば全く異なる国民性のようなものもあり、国を超えた互いの相違点に対するリスペクトの想いを込めて、東京とソウルでこのプログラムを演奏いたします。
日本人の情緒溢れる心を歌った三善晃先生の「唱歌の四季」と世界初演となります委嘱作品、メシアンの2台ピアノの名作を是非会場でお聴き頂けましたら幸いです。

魚谷絵奈

プロフィールProfile

魚谷絵奈 Ena Uotani (ピアノ, Piano)

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部卒業。在学中ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院へ留学、東京藝術大学卒業後もザルツブルクにて名教師故ハンス・ライグラフ氏のもと研鑽を積む。2006年第13回ブラームス国際コンクール第3位。これまでに東京、大阪、台北、ドイツ・バイエルン州にてソロ・リサイタルを行う他、NHK-BSハイビジョン「ぴあのピア」、NHK-FM「名曲リサイタル」、軽井沢音楽祭、日本・中国・韓国の友好関係を目的とした「東北亜平和音楽会 (韓国)」など、ドイツ、日本各地、台湾、韓国にて様々な演奏会に出演。 またソリストとして芸大フィルハーモニア、東京都交響楽団、大阪交響楽団、京都市交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、東京エラート室内管弦楽団、韓国城南市立交響楽団等と共演。これまでに熊谷恵美子、小林仁、伊藤恵、三木裕子、故ハンス・ライグラフの各氏に師事。ピアノソロ、室内楽、器楽・声楽・合唱伴奏など幅広く活動し、また後進の指導も積極的に行っている。現在洗足学園音楽大学ピアノ科非常勤講師。

もっとみる

アン・ジョンド Jongdo An (ピアノ, Piano)

2012年マルグリット・ロン=ティボー国際ピアノコンクール最高位、最優秀リサイタル賞、現代音楽解釈賞受賞。世界中でコンサートを行いサル・ガヴォー(パリ)やウィーン・コンツェルトハウスなどの主要な会場で高い評価を受ける。これまでにロンドン交響楽団やラジオ・フランス・フィル、サンクトぺテルブルク・フィル、ハンブルク・フィルなどのトップオーケストラと共演、ザルツブルク音楽祭にも出演するなど国際的に活躍しており、ヴァイオリニストのリヴ・ミグダルとの室内楽演奏や2018年ハンブルクで起ち上げた講習会“Klangakademie”の活動も積極的に行っている。韓国ではKBSフィルや仁川フィル、Wonjuフィルと共演し、仁川フィルとのブラームス第2番協奏曲で好評を得る。またスタインウェイコンサートシリーズ・韓国や仁川アートセンターのアートディレクターとしてコンサートシリーズをプロデュースし、Economy Chosun Magazineにヨーロッパの歴史とクラシック音楽の関係についてコラムを執筆するなどコラムニストとしても活動している。現在ソウル延世大学ピアノ科助教授として後進の指導をしながらハンブルク音楽演劇大学にてカルチャー&メディア・マネージメントを学ぶ。

もっとみる

主催・協賛

主催
ジャパン・アーツ
後援
スタインウェイ・ジャパン株式会社 / 洗足学園音楽大学
ページ上部へ