プロフィールProfile

東京芸術大学を首席で卒業。1991年第5回シュポア国際コンクール優勝。ソリストとして国内外で活躍しているほか、コンサートミストレス、室内楽や後進の指導など多方面でも活躍。第33回エクソンモービル音楽賞、洋楽部門奨励賞受賞。平成15年度国際交流基金派遣事業でトルコ、エジプトでリサイタルを行い、2007年にはイェヌー・ヤンドゥー(ピアノ)とブダペストでデュオ演奏会を行った。チェンバロの中野振一郎他、様々な器楽奏者との共演に意欲的に取り組んでいる。2019年東京文化会館小ホールにてバッハ無伴奏全曲演奏会を行い絶賛された。マイスター・ミュージックより「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ」、2022年1月発売のヴィオラの須田祥子との新譜「スターライト ~ヴァイオリンとヴィオラの二重奏~」などCD11枚をリリースしている。宮崎国際音楽祭には毎年参加し、ピンカス・ズーカーマンと室内楽で共演。洗足学園音楽大学講師。

(394字/2022年2月現在)

東京藝術大学を首席で卒業。1991 年シュポア国際コンクール優勝。ソリストとして国内外で活躍しているほか、コンサートミストレス、室内楽や後進の指導など多方面で活躍。2003 年度エクソンモービル音楽賞、洋楽部門奨励賞受賞。平成 15 年度国際交流基金派遣事業でトルコ及びエジプトでリサイタル、2007 年にはイェヌー・ヤンドゥー(ピアノ)とブダペストでデュオ演奏会を行った。チェンバロの中野振一郎他、様々な器楽奏者との共演に意欲的に取り組んでいる。マイスター・ミュージックより「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ」、2022年1月発売のヴィオラの須田祥子との新譜「スターライト ~ヴァイオリンとヴィオラの二重奏~」などCD11枚をリリース。宮崎国際音楽祭には毎年参加し、ピンカス・ズーカーマンと室内楽で共演。洗足学園音楽大学講師。

(350字/2022年2月現在)

ページ上部へ