パーヴォ・ヤルヴィ

指揮
Paavo Järvi, Conductor
※招聘オーケストラとの来日
パーヴォ・ヤルヴィ

バイオグラフィー

 グラミー賞受賞者パーヴォ・ヤルヴィは、現在、パリ管弦楽団の音楽監督として2期目の任に就いているが、同職としての契約は、すでに2015/2016シーズン末まで延長されることが決まっている。
今シーズン中は同管弦楽団を率いてアジア・ツアーを行い、東京、横浜、福岡、宮崎、北京、ソウルで公演した。
なお、フランスにおける音楽文化への際立った貢献により、フレデリック・ミッテラン文化・通信大臣からフランス芸術文化勲章(シュヴァリエ)を授与されている。

 シンシナティ交響楽団でも音楽監督としての職務を全うし大成功を収めた。昨シーズンに同ポストを退くまでに、多数のツアーやテラーク・レーベルからの16枚のCDリリースといった業績を残した。こうした偉業が評価され、現在はシンシナティ響の桂冠音楽監督に任命されている。

 フランクフルト放送交響楽団(hr交響楽団)の音楽監督としては、中国、台湾、日本へのツアーの他、BBCプロムス、ラインガウ音楽祭、アムステルダム・コンセルトヘボウ(ホール)の「ロベコ・サマー・シリーズ」といったヨーロッパの主要音楽祭へ出演している。同交響楽団とは、現在、ソニー(RCA RED SEAL)でブルックナーの交響曲全曲録音が進行中である他、ニールセンの交響曲の全曲録音にも取り組んでいる。
 2004年からはドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の芸術監督を務め、ベートーヴェンの交響曲のコンサートや録音では、一般聴衆や批評家など各方面から非常に高い評価を得ている。
なお、ベートーヴェンの交響曲については、全曲がソニー(RCA RED SEAL)からリリースされており、このうち交響曲第2番と第6番のCDは、2010年のエコー・クラシック賞(指揮者賞)を、交響曲第3番と第8番のCDは、2007年のドイツ・レコード批評家賞といった権威ある賞を受賞した。
カンマーフィルとのコラボレーションでは、シャンゼリゼ劇場、ボン・ベートーヴェン・ハレ(ホール)、ザルツブルク音楽祭、およびワルシャワ・イースター音楽祭で、ベートーヴェンの交響曲の全曲演奏を行った。現在は、シューマンの交響曲についても同様の全曲演奏を目指した活動に着手している。

 パーヴォ・ヤルヴィは、指揮者としてのキャリアを開始した当初より、アルヴォ・ペルト、エリッキ=スヴェン・トゥール、レポ・スメラ、エドゥアルド・トゥービンといったエストニア出身の現代作曲家による優れた作品の演奏を、自身にとっての優先課題としている。また、エストニア国立交響楽団とパルヌ(エストニア)におけるヤルヴィ・サマー・フェスティバルの芸術顧問も務めている。

 客演指揮者としては、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、クリーヴランド管弦楽団、シカゴ交響楽団などと定期的に共演を重ねている。


オフィシャル・ホームページ:www.paavojarvi.com

ニュース

リンク

ディスコグラフィー