• ニュース

Artist Voice - アーティストたちの声 Vol.7

音楽を奏でるように、音楽家の言葉は、人々の心に優しく響き、大きな励ましと希望を与えてくれます。皆さまの健康をお祈りして、今日もアーティストたちの声をおおくりします。

今回は、ピアニストの仲道郁代、指揮者の現田茂夫、クラリネット奏者の赤坂達三からのメッセージをお届けします。
アーティストの皆さんには、主に以下の質問にお答えいただきました。
①今、何を想い、どのようなことを考えているか。ご自由にメッセージを。
②リラックスの方法(日々どんなことをして過ごしているか、など)

仲道郁代(ピアノ)


現田茂夫(指揮者)現田茂夫です!
皆様如何お過ごしでしょうか?
私も2月15日に演奏会をしたのを最後に、楽譜から遠ざかっております。
今はもっぱら家中の整理、清掃に明け暮れ、大好きなゴルフを楽しむため自宅で鍛えています。
皆様ご存知の通り、愛する伴侶が先立ち 整理するにはもってこいの日々です。
落ち着いて物を考えるには決して悪いことばかりではないかもしれません。
もっと物事に耐えた我々の先輩達もいらっしゃいました。
みんなで明るく過ごしましょう!
必ずその日は来ます!

赤坂達三(クラリネット奏者)①私の場合、このような時に大切なのは、親しい友人、仲間です。引きこもりは得意だと思っていましたが、ここまで長引いて終息が見えないと流石に気持ちが滅入ってしまいます。リラックスの方法は、一人で悩まずグループライン等で情報交換したり、ジョークを言ったり、ふざけたスタンプを送ったり…。実家の仕事(園芸資財の出荷)を手伝ったり、身体を動かすと免疫力上がりますね。
私の趣味の一つで有ります絵画を皆様にお届けします。これらの絵をご覧になって少しでも癒されましたら幸いです。
希望を持って、また音楽が好きなお客様達と一緒に楽しんで、握手したり、明るくお目にかかれます時が戻ります事を楽しみに、信じています。
「人のいるところに夢がいる」良い言葉ではないですか。
一刻も早く新型コロナウイルスが終息することと皆様のご健康を心よりお祈り致します。<写真①:いぬどし><写真②:マラウイ湖のシクリ(淡水魚)><写真③:英国の田舎の風景><写真④:ポルト ドゥ パリ(パリ入り口)><写真⑤:(ガラスにへばりついた)(哀愁のメープルの落葉)

タイトルをつけましたが、絵は説明するものではなく感じる事だと思っていますので、
皆さんの感性で、自由にタイトルをつけてみてください。