• ニュース

チャイコフスキー国際コンクール 現地レポート Vol.1

6月17日(月)からロシアで開催されている「第16回チャイコフスキー国際コンクール」の現地レポートを6月29日(土)のガラ・コンサート開催までお届けします!ぜひご覧下さい。こちらモスクワはカラリと晴れ、夜9時すぎまで外が明るく、気持ちのいい季節です。第16回チャイコフスキー国際コンクールが、ワレリー・ゲルギエフ指揮、マリインスキー歌劇場管弦楽団によるオープニング・ガラ・コンサートで幕を開けました。演目はもちろんオール・チャイコフスキー。「くるみ割り人形」、前回コンクールグランプリのモンゴルのバリトン歌手、アリウンバートル・ガンバートルさんの歌による「スペードの女王」から”あなたを愛しています”、そして、前々回のグランプリ、ダニール・トリフォノフさんがソリストをつとめ、ピアノ協奏曲第1番が演奏されました。満員の客席は、これから始まるチャイコフスキーに捧げるコンクールへの期待感とともに、大変な盛り上がりを見せました。そして6月18日(火)から第1次予選が始まりました。今回は、従来のピアノ、ヴァイオリン、チェロ、声楽に加えて、木管、金管楽器部門も開催。

こちらのレポートでは、モスクワで行われるピアノ部門について、各ステージの様子をご紹介します。
今回のピアノ部門出場者は25名。書類&DVD審査も狭き門だっただけに、コンテスタントは粒ぞろい。ピアノファンの皆さんにとって、おなじみの顔も多いでしょう。日本から出場する藤田真央さんの演奏予定日時は、6月19日21:50(日本時間翌20日午前3:50)ごろです。

mediciのページでは、演奏の配信も行われます。(avexによるMedici日本語版でもコンテスタント、スケジュール、審査員などの情報が詳しく掲載されています。)モスクワは日本との時差がマイナス6時間なので昼の部の演奏は、日本にお住まいのみなさんの多くにとってもライヴで聴きやすいでしょうか。

コンクールでは、特別な緊張感のもとならではの名演が誕生することもしばしば…そんな音楽との出会いを楽しみに、ライヴ&ストリーミング配信にどうぞご注目ください!

高坂はる香(音楽ライター)
Twitter:https://twitter.com/classic_indobu
ピアノの惑星:http://www.piano-planet.com/

Vol.2もお楽しみに…

モスクワからの現地レポートVol.1~Vol.6はこちらから
Vol.1 / Vol.2 / Vol.3 / Vol.4 / Vol.5 / Vol.6

無料ライヴ&ストリーミング配信(avexによるMedici日本語版)はこちらから
https://avex.jp/classics/tch16/

第16回チャイコフスキー国際コンクール 出場者リスト(英語サイト)
https://tchaikovskycompetition.com/en/contestants.bak1/
第16回チャイコフスキー国際コンクール 演奏順リスト(英語サイト)
https://tch16.medici.tv/en/calendar/#filter?instrument=piano

音楽ジャーナリスト、浅松啓介さんによるサンクトペテルブルグからの現地レポートはこちらから
Vol.1 / Vol.2 / Vol.3

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
感動再び!輝く新星たちの響演!!
第16回チャイコフスキー国際コンクール 優勝者ガラ・コンサート
2019年10月8日(火)19:00 東京芸術劇場 コンサートホール
公演詳細はこちらから
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
巨匠ゲルギエフ&ロシア芸術の殿堂 マリインスキー歌劇場が総力を結集して贈る
マリインスキー歌劇場 チャイコフスキー・フェスティヴァル2019
マリインスキー歌劇場 チャイコフスキー・フェスティヴァル2019 特設サイトはこちらから