• ニュース

【注目の指揮者】ヨーン・ストルゴーズが、ミュンヘン室内オーケストラのアーティスティックパートナーに就任。

2015年夏、NHK交響楽団に客演。サントリーホール公演を皮切りに、東北、北海道公演を指揮し注目されたヨーン・ストルゴーズがミュンヘン室内オーケストラのアーティスティックパートナーに就任いたしました。2015年までヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めるとともに、近年欧米各地のオーケストラに客演。高い評価を得ている注目のマエストロです。
ニュース詳細(英語):http://www.kdschmid.de/newsdetail/items/john-storgards-mko.html

2016年4月の定期演奏会から、ヨーン・ストルゴーズはミュンヘン室内オーケストラと、3年にわたる新シリーズをスタートさせました。現在発表されているのは、ハイドンの交響曲を10曲、それと対照的なリゲティの協奏曲、さらに現代作品の初演なども組み合わせるという意欲的なプログラム。

ストルゴーズは、エサ=ペッカ・サロネン氏が首席指揮者を務めていた時期のスウェーデン放送交響楽団でコンサートマスターとしても活躍しており、2017年3月にはサーリアホから献呈された作品を、クレメンスシュールト指揮ミュンヘン室内オーケストラと共演することも計画されています。

<マエストロ・ストルゴーズのコメント>
ミュンヘン室内オーケストラは、現在最も革新的な室内オーケストラと言えます。2013年春に初めて共演したときから、前向きな音楽作り、知性的かつ魅力的なプログラミングは、私のみならず聴衆の心もとらえました。アーティスティックパートナーとして、私たちの地平がさらに拓かれていくことを嬉しく思っています。
アーティストページ:http://www.japanarts.co.jp/artist/JohnSTORGARDS
オフィシャル・ホームページ(英語):http://www.johnstorgards.com/