• ニュース

Artist Voice - アーティストたちの声 Vol.4

音楽を奏でるように、音楽家の言葉は、人々の心に優しく響き、大きな励ましと希望を与えてくれます。皆さまの健康をお祈りして、今日もアーティストたちの声をおおくりします。

チェリストの伊藤悠貴、ピアニストの中野翔太横山幸雄、3人からの動画メッセージをお届けします。

◆伊藤悠貴(チェロ)◆


◆中野翔太(ピアノ)◆




◆横山幸雄(ピアノ)◆
世の中はコロナウィルス騒動で世界的に大変なことになっておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。視点を変えて過去の歴史を見てみると平和で平穏な幸せをみんなが享受出来た時期のほうが短いとも言えるかもしれません。
いま、マスコミやネットには憶測からの発言や過激な意見などが普段より多く見られるような気がしますが、それらはウィルス問題から発展した人間の心の荒廃とも無関係でははいはずです。音楽を含む芸術はこういう時こそ人々の心に安らぎや潤いを与え、そして勇気をもたらしてくれるでしょう。だからこそ永遠不滅のものとして価値を持つはずです。
しかし枯れ草にいくら水を与えてもただ腐っていくだけのように完全に枯れる前の状態でなければ水も役に立ちません。
つまりタイミングが重要ではないかと思うのです。今の混沌から抜け出し早く方向性が見出せる日が来ること願い、また皆さんと元気に再会出来るのを心待ちにしています。今、私たちに必要なことは、正しい情報を見極め、そして勇気を持つことです。頑張りましょう。