クシシュトフ・ヤブウォンスキ

ピアノ
Krzysztof Jablonski, Piano
クシシュトフ・ヤブウォンスキ
©Julia Jablonska

バイオグラフィー

クシシュトフ・ヤブウォンスキは、1985年ワルシャワにおけるショパン国際ピアノコンクールで入賞、アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノマスターコンクールでゴールド・メダルを受賞したほか、ミラノ、パーム・ビーチ、モンツァ、ダブリン、ニューヨーク、カルガリーにおける各国際ピアノコンクールで数々の賞を受賞している。
30年以上にわたってソロ、室内楽、およびオーケストラ共演など、活発に演奏活動を行い、ベルリン・フィルハーモニーの「マスター・コンサートシリーズ」を始め、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、イスラエルの主要ホールで演奏している。
オーケストラへの客演としては、ゲルギエフ、ボレイコ、ペンデレツキ、ブリュッヘン、ヴィット、ヤン・クレンツなどの指揮者のもと、18世紀オーケストラ、ベルン交響楽団、シュトゥットガルト放送響、デュッセルドルフ響、ハンブルク響、イェーナ・フィル、ヘルシンキ・フィル、ラハティ響、東京都交響楽団、東京フィル、九州交響楽団、霧島祝祭管弦楽団、ワルシャワ・フィル、ポーランド国立放送カトヴィツェ響などと頻繁に共演。
室内楽奏者としても、堤剛、アルト・ノラス、コンスタンツィ・アンジェイ・クルカ、テン・リーなどのアーティストと共演しており、1962年にウワディスワフ・シュピルマンによって創設された「ワルシャワ・ピアノ五重奏団」のメンバーも務めている。
ヤブウォンスキのロマンティックな気質は、長年にわたって彼の音楽の嗜好と興味を形成し、フェルディナント・リース、アンリ・リトルフ、エルンスト・フォン・ドホナーニのピアノ協奏曲といった、コアな作品もレパートリーとしている。また、スクリャービン「プロメテウス」のような音の媒体に色光まで駆使する複合芸術プロジェクト(デュッセルドルフ響)、ワルシャワ国立歌劇場のバレエ「フォルテピアニッシモ」(ロルカ・マシーン振付)、ドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」(オリジナル・ピアノ版)などにも出演しているほか、ウィーン国立歌劇場舞踏会のオープニングにも招かれ、ウィーン国立歌劇場バレエ団とも共演。シカゴ、ミレニアム・パークのジェイ・プリツカーパビリオンでは数千人の観客を前に、K.ウルバンスキ指揮グラント・パーク管弦楽団とも演奏した。
2013年2月には、ゲルギエフ指揮ヘルシンキ・フィルとチャイコフスキーのピアノ協奏曲を演奏し、ライブでネット中継された。
2015年にはデビュー30周年を記念し、下野竜也指揮読売日本交響楽団、ヤツェク・カスプシック指揮ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団とショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏。2016年2月には30周年のしめくくりとして、サン=サーンスのピアノ協奏曲第2番ト長調をパトリック・フルニリエ指揮ワルシャワ・フィルと演奏した。
ヤブウォンスキは、これまでに多くの国のラジオやテレビでライブ収録を行った他、ドイツ、日本、およびポーランドで多数のCD録音も行っている。
最近では国立ショパン研究所により、現代ピアノとピリオド・ピアノ両方によるショパン作品全曲演奏の録音を任されている。既にスタインウェイピアノ、エラールピアノでそれぞれエチュードを収録したCDがリリースされており、2020年に向けて全曲演奏の完遂を目指している。
ヤニナ・ブートルとアンジェイ・ヤシンスキ教授に師事し、マスタークラスでは、ルドルフ・ケーラーとニキタ・マガロフの下で研鑚を積んだ。1987年にカトヴィツェ音楽院を優等で卒業し、さらに1996年には同音楽院で博士号を取得。2004年から2017年にかけてはワルシャワのフレデリック・ショパン音楽大学の教授を務めた。
現在は、カルガリーの音楽学校であるマウント・ロイヤル大学、カルガリー大学のピアノ課、モーニングサイド・ミュージック・ブリッジ・プログラムの教授を務めている。2016年から2017年にはレスブリッジ大学の芸術学部教授としても活躍。大学の任務のほかにマスタークラスや講演を行っており、数々の国際ピアノコンクールの審査員としても活躍している。 2020年ショパン国際ピアノコンクール審査員。

ニュース

クシシュトフ・ヤブウォンスキ
©Julia Jablonska

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする