海老 彰子

ピアノ
Akiko Ebi, Piano
海老 彰子
©Akira Muto

バイオグラフィー

パリを拠点に活躍する、本格実力派ピアニスト。
バロック、近代音楽、現代音楽まで幅広いレパートリーをもちグローバルに活動する。
他国の文化を尊重しつつ、たおやかな日本人らしさを忘れない温かみのある人柄は、世界中の名演奏家や若手演奏家から厚い信頼を得ている。

東京藝術大学1年在学中に第41回日本音楽コンクール優勝後、フランス政府給費留学生としてフランスで研鑽を積む。
パリ国立高等音楽院最優秀首席卒、同研究科卒。
多くの受賞暦を持ち、ロンティボー国際コンクールで第2位グランプリと4種の特別賞をA.ルービンシュタイン氏等から受けるほか、ショパン国際コンクールの上位に入賞。
日本ゴールドディスク大賞2回、仏政府から文芸シュバリエ勲章、パリ名誉市民メダル、エクソン・モービル音楽賞本賞(日本)等を受ける。

30年来現在に至るまで、日本、欧州各国、アメリカ、カナダ、中南米、ロシア、中国、中近東、エジプトなど世界各国で演奏家として音楽祭やTVラジオ放送録音にも活発に活躍中。NHK交響楽団、読売日響、都響、日フィル、新日フィル等、ワルシャワ国立、フランス放送オーケストラ、モンテ・カルロ、アルゼンチン国立、ルクセンブルグ、英国等のオーケストラと共演。マルタ・アルゲリッチとの2台のピアノ・デュオ・コンサートは、全欧州各国、イスラエル、日本においてもテレビ放映され、大いに好評を博した。
また、世界の主要コンサートホール、シャンゼリゼ劇場、プレイエル、ゲヴァントハウス、ベルリンフィルハーモニー、ウィグモア、テアトロ・コロン、サントリーホール等々でも演奏。

近年、後進の育成にも力を注ぎ、世界各国からマスタークラスの依頼も多い。

第8回及び第9回浜松国際ピアノコンクール審査委員長。第16回ショパン国際コンクールの予備選、第17回では予備選及び本選にて審査員、その他ロン・ティボーなど、多くの主要国際音楽コンクールの審査員を務める。

横浜市招待国際ピアノ演奏会企画委員長。

元日本大学芸術学部大学院教授。元東京芸術大学ピアノ科客員教授。日本ショパン協会常任理事。

リンク

海老 彰子
©Akira Muto

 

お問い合わせ

ダウンロード

このページをシェアする

ディスコグラフィー