2023/9/25

ニュース

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • noteで書く

【新譜情報】ジュスタン・テイラー「バッハとイタリア」(2023年9月22日発売)

ジュスタン・テイラー
バッハとイタリア

ジュスタン・テイラー

俊英ジュスタン・テイラーが紐解くイタリア音楽のバッハへの影響、スコット・ロスゆかりの名器を使用!
コロナ禍に二度も来日し、私たちに素晴らしい音楽を停滞なしに届けてくれたチェンバロの若き俊才、ジュスタン・テイラーが大バッハとイタリアの関係を紐解く一枚。
バッハは故郷のザクセン地方を離れることは滅多にありませんでしたが、ヨーロッパ中の最新の音楽情報を常に収集していました。なかでもコンチェルタンテ様式の発祥の地であるイタリアの革新的な音楽に細心の注意を払い、ヴィヴァルディやマルチェッロ兄弟の作品を研究し、自身の鍵盤作品に、アルプスの向こうの煌びやかな輝きを巧みに盛り込んでいました。
このアルバムには、バッハが研究のために鍵盤独奏用に編曲したイタリアの作品や、その集大成である半音階的幻想曲やイタリア協奏曲を収録。イタリアのオリジナル作品などの小品で収録曲を繋いでゆく構成も興味深いものです。
スコット・ロスが愛奏したことで知られるアサス城の名器を自在に操るテイラーの生き生きとした表現がたいへん魅力的で、チェンバロにもここまで振幅のある表現が出来るのかと感心させられる一枚です。 (ナクソス ミュージックストア より)

品番:NYCX-10421
発売日:2023年9月22日
価格:3,300円(税込)

収録曲:
アレッサンドロ・スカルラッティ(1660-1725):
1. アルペッジョ ~トッカータ ニ短調
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750):
2. 半音階的幻想曲 BWV 903
3-5. 協奏曲 ニ短調 BWV 974
(アレッサンドロ・マルチェッロ[1669-1747]: オーボエ協奏曲 ニ短調 による)
6. ラルゴ・エ・スピッカート ~オルガン協奏曲 ニ短調 BWV 596
(アントニオ・ヴィヴァルディ[1678-1741]: 調和の霊感 Op. 3-11 による)
7. アレグロより ~オルガン協奏曲 ハ長調 BWV 594
(ヴィヴァルディ: ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 RV 208 「ムガール大帝」 による)
8-10. イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV 971
ベネデット・マルチェッロ(1686-1739):
11. アダージョ ~チェンバロのためのソナタ 第7番
J.S.バッハ:
12. アンダンテ ~協奏曲 ハ長調 BWV Anh. 151
13. 前奏曲(幻想曲) BWV 921
14-16. 協奏曲 ヘ長調 BWV 978 (ヴィヴァルディ: 調和の霊感 Op. 3-3 による)
A.スカルラッティ:
17. ラルゴ ~チェンバロのためのトッカータ 第6番 ト短調
ヴィヴァルディ/ジュスタン・テイラー編曲:
18. ラルゴ ~フルート協奏曲 ハ長調 RV 443
J.S.バッハ:
19. アンダンテ ~協奏曲 ロ短調 BWV 979
20. トッカータ ホ短調 BWV 914
21-23. 協奏曲 ニ長調 BWV 972 (ヴィヴァルディ: 調和の霊感 Op. 3-9 による)
24. ラルゴ ~協奏曲 ト長調 BWV 973
(ヴィヴァルディ: ヴァイオリン協奏曲 ト長調 RV 299 による)

演奏:ジュスタン・テイラー(チェンバロ)

録音:2023年3月 アサス城、フランス

購入・詳細:ナクソス ミュージックストア


◆ジュスタン・テイラーのプロフィールは下記をご参照ください。
https://www.japanarts.co.jp/artist/justintaylor/

ページ上部へ