2022/5/19

メディア情報 / 掲載情報

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • noteで書く

吉松作品がアトランタバレエ団により上演されました!

吉松 隆 Takashi Yoshimatsu

ゲナーディ・ネドヴィギン氏が芸術監督を務めるアトランタバレエ団(米国ジョージア州)の専属振付師クラウディア・シュレイヤー女史が2020年に振り付けをしたバレエ作品、作曲家吉松隆氏の“プレイアデス舞曲集“のプレミアが5月13日より行われました。
パンデミックの影響で同バレエ団も2020年は全ての公演をキャンセルし、またダンサー、スタッフ、振付師などもスタジオに入れない状態が続く中、Zoomなどのオンライン通信を駆使し創りあげられた作品。全4公演ともに観客のスタンディングオベーションが起こり、振付師、ピアニスト、団員一同にとって感極まる忘れられない舞台となりました。
幕が開く直前に流れるビデオクリップは、振付師クラウディア女史の作品への思いや、スタジオでの創作過程などが垣間見れるものになっています。

ページ上部へ