2021/8/23

ニュース

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • noteで書く

【新譜情報】クリスチャン・ツィメルマン「ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集」 (2021年7月9日発売)

クリスチャン・ツィメルマン
ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集 [通常盤]

クリスチャン・ツィメルマン

約30年振りの再録音!
最高峰の共演による理想的なベートーヴェン演奏がここに。

ツィメルマンが2020年のベートーヴェン生誕250年にベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を、約30年ぶりに再録音!
旧録音は巨匠レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルとの共演で、第1番と第2番の録音を残してバーンスタインが亡くなったため、この2曲はツィメルマン自身が指揮を兼ねて全集を完成、数多の録音の中でも高い評価と人気を獲得しています。
今回の新録音は、サー・サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団との共演で、円熟を増したツィメルマンとラトルの組み合わせに期待も高まります。(ユニバーサル ミュージック ジャパンより)

5月14日(金)「ピアノ協奏曲第4番第3楽章」先行配信スタート!
詳細はこちら
 (ユニバーサル ミュージックジャパン公式サイト)

発売日:2021年7月9日
品番:UCCG-45005/7
仕様:MQA/UHQCD
レーベル:Deutsche Grammophon (DG)
価格:5,500円(税込)

収録内容:
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:
ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 作品15
ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 作品19
ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37
ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 《皇帝》
試聴・ご予約はこちら

録音: 2020年12月 ロンドン

演奏:サー・サイモン・ラトル(指揮)、クリスチャン・ツィメルマン(ピアノ)、ロンドン交響楽団

詳細・購入:ユニバーサル ミュージック ジャパン


*「朝日新聞 夕刊」「朝日新聞デジタル」(2021年8月19日)
朝日新聞CD評「for your Collection」で、ツィメルマン&ラトルのベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集が推薦盤に選ばれました。記事は紙面とWEBで記事でご覧いただけます。
「朝日新聞デジタル」掲載記事はこちらから
※会員記事(無料登録で全文お読みいただけます。)


◆クリスチャン・ツィメルマンのプロフィールは下記をご参照ください。
https://www.japanarts.co.jp/artist/krystianzimerman/

ページ上部へ