2020/11/25

ニュース

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • noteで書く

【新譜情報】エマニュエル・パユ「ベートーヴェン:フルートのための室内楽作品集」輸入盤 (2020年12月11日発売)

エマニュエル・パユ
ベートーヴェン:フルートのための室内楽作品集【輸入盤】

エマニュエル・パユ

エマニュエル・パユ、バレンボイム、樫本大進らによる、ベートーヴェンのフルートのための作品集。
パユ自身のフルート編曲版ヴァイオリン・ソナタも収録!

ダニエル・バレンボイムとエマニュエル・パユは、演奏家としてどちらもベルリンで重要な地位にあります。バレンボイムはベルリン国立歌劇場の音楽監督であり、パユはベルリン・フィルの首席フルート奏者です。このフルートが使用されたベートーヴェン室内楽プログラムは、2017年にオープンしたベルリンの最新コンサートホールで、フランク・ゲーリーと永田音響設計の設計で楕円形の700席のピエール・ブーレーズ・ザールで、2020年6月に録音されました。またパンデミックな条件下でオンラインのために特別に考案したフェスティバルのひとつで、距離と親密さが大切にされたこのホールで彼らが演奏したものでした。
このベートーヴェンのアルバムは、作曲家生誕250周年を記念したワーナークラシックスからの最後のアルバムとなりますが、ここでピアノを弾いているバレンボイムとパユ以外には、他の4人の著名な演奏者が加わっています。ベルリン・フィルのコンサートマスターであるヴァイオリニストの樫本大進。エルサレム弦楽四重奏団の創設メンバーで、現在ベルリン・フィル首席ヴィオラ奏者のアミハイ・グロス。元ベルリン・フィルで、現在はウィーン・フィル首席ファゴット奏者のソフィー・デルヴォー。ウィーン・フィル首席フルート奏者であるシルヴィア・カレッドゥが参加しています。
ここに収録された作品は、ベートーヴェンの初期の魅力的な曲で構成されています。1780年代半ばに書かれた「三重奏曲WoO 37」。ベートーヴェンがボンを離れてウィーンに住む直前1792年の「2つのフルートのための二重奏曲 WoO 26」。 1800年頃の「セレナード ニ長調 Op.25」。1802年の「ヴァイオリン・ソナタ第8番Op.30-3」は、ここではエマニュエル・パユがヴァイオリンとピアノのために編曲したものをパユ自身が演奏しています。パユのフルートの技巧と表情の変化の多彩さ、バレンボイムのピアノとの絶妙な絡み合い。そして気のあったメンバーとのアンサンブルが見事に作り上げています。(ワーナーミュージック・ジャパンより)


<Warner Classics公式YouTubeチャンネルより:Beethoven Chamber Music with Flute by Emmanuel Pahud, Daniel Barenboim & friends>

発売日:2020年12月11日
品番:9029513974 (輸入盤)
レーベル:Warner Classics

収録内容:
ベートーヴェン:

1. ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調 Op. 30-3 (E・パユによるフルートとピアノ編曲版)
2. フルート、ヴァイオリン、ヴィオラのためのセレナード ニ長調 Op. 25
3. 2つのフルートのための二重奏曲 WoO 26
4. ピアノ、フルート、ファゴットのための三重奏曲 ト長調 WoO 37

録音:2020年6月10-12日、ベルリン、ピエール・ブーレーズ・ザール(セッション)

演奏:
エマニュエル・パユ(フルート:1-4)
ダニエル・バレンボイム(ピアノ:1, 4)
樫本大進(ヴァイオリン:2)
アミハイ・グロス(ヴィオラ:2)
ソフィー・デルヴォー(ファゴット:4)
シルヴィア・カレッドゥ(フルート:3)

詳細・購入:ワーナーミュージック・ジャパン

レ・ヴァン・フランセのプロフィールは下記をご参照ください。
https://www.japanarts.co.jp/artist/lvf/
樫本大進のプロフィールは下記をご参照ください。
https://www.japanarts.co.jp/artist/daishinkashimoto/
ベルリン・フィル八重奏団のプロフィールは下記をご参照ください。
https://www.japanarts.co.jp/artist/philharmonicoctetberlin/

ページ上部へ