• ニュース

[0歳児とおでかけ応援プロジェクト Vol.2] 成田達輝 (ヴァイオリン)と夢のひとときを 2020年2月21日 公演レポート

<0歳とその家族を対象に30分間のコンサートを行なったヴァイオリニスト 成田達輝>

2月21日、『0歳児とおでかけ応援プロジェクト』の第2回目となるコンサートが開催されました。おでかけしたいけど不安がいっぱい、荷物もいっぱいで、家に閉じこもりがちになってしまう0歳児のママたちを応援しようと、育児中のジャパン・アーツのスタッフが立ち上げたプロジェクト。東京オペラシティ コンサートホールのホワイエ(ロビー)を会場に、30分間のコンサートを赤ちゃんと一緒に楽しんでいただこうという企画です。<コンサート会場となった東京オペラシティ コンサートホールのホワイエ>

朝10時、ホールの扉が開くと、ママに抱っこされた赤ちゃん、ベビーカーに乗せられた赤ちゃんたちが続々とやって来て、会場がふんわりと柔らかな空気に包まれます。前回よりも、ママ友同士で来ている方が多い印象。コンサートの帰りにはオペラシティ内のカフェでブランチなどもできますし、リフレッシュにはもってこいですね。

今回は会場のレイアウトが前回とは違い、中央の演奏スペースを囲んでコの字型にソファが並べられ、その前に赤ちゃんのためのマットレスが敷かれています。赤ちゃんたちは寝転んだり、手足をパタパタさせたり、隣の赤ちゃんと会話(?)したりとご機嫌の様子。ママたちもおしゃべりしたり、授乳したりしながら、ゆったりと開演までの時間を過ごします。<人気の撮影コーナーでの様子と来場者の皆様にお持ち帰り頂いたおみやげ>

このマットレスは「エアウィーヴ」より提供されたもの。ほかにもこのプロジェクトに賛同する企業よりサンプル品などが提供され、赤ちゃん用グッズがたくさん入ったおみやげ袋が配られました。シールプリントした写真がその場でもらえる撮影コーナーは、今回も大人気です。

いよいよ開演時間。ヴァイオリニストの成田達輝さんが登場し、「今回は心が落ち着くバッハと、超絶技巧のパガニーニを並べたプログラムにしました。そのコントラストを楽しんでいただければと思います」とご挨拶。子ども向けの楽曲ではなく、あくまでママ&パパのために、硬派なプログラムを短時間ながらガッツリ聴かせてくれるところが、このプロジェクトの特徴でもあります。さらに今回は、客席に囲まれたスペースを成田さんが歩きながら演奏するとのことで期待が高まります。<今回のコンサートでは成田がお客様の周りを歩きながら演奏し、間近で生演奏をお楽しみ頂きました!>

1曲目はバッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番BWV1006より「プレリュード」。天から降り注ぐような響きに、赤ちゃんたちも釘づけ。成田さんは一人ひとりに語りかけるように、ゆっくりと歩きながら音楽を届けていきます。同じBWV1006より「ガボット」は、普段クラシックを聴かない人にもなじみのあるメロディ。成田さんはお客さんの背中側を半周しながら演奏し、次の無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番BWV1003より「アンダンテ」でもう半周。赤ちゃんたちは、ヴァイオリンを弾きながら移動していく成田さんを懸命に目で追っていました。

このように演奏者が移動しながら弾くというスタイルは、赤ちゃんだけでなく、大人にとっても新鮮な体験でした。場所による響き方の違い、強弱や緩急だけではない細かなニュアンス、表情を間近に見て、感じることができるコンサートはなかなかありません。それもこれも、空間の響きと会話するように次々と多彩な音色を繰り出す成田さんの手腕があってこそです。<0歳児のコンサートならではの微笑ましいシーン>

そして次はパガニーニ。24のカプリスより第1番「アンダンテ」で炸裂する超絶技巧には赤ちゃんたちもびっくり! どの子も目をまん丸にして成田さんを見つめています。そしてついに、ひとりの赤ちゃんがマットレスの外までハイハイして行き、そのまま成田さんにまっしぐら。続く第24番「クワジ・プレスト」では、成田さんが足もとの赤ちゃんの熱視線に応えてかがみ込む場面も。結局、ママに連れ戻された赤ちゃんは泣いてしまいましたが、こうしたハプニングも微笑ましいコンサートです。<アンコールで共演する成田と9歳のヴァイオリニスト木下真希さん>

アンコールには9歳のヴァイオリニスト、木下真希さんが登場し、成田さんとの共演でモーツァルトの2台のヴァイオリンのための二重奏曲「鏡」を披露。ひとつの楽譜をはさんで向かい合い、楽譜の上下両方から同時に演奏しても成り立つという不思議な曲です。会場からはあたたかい拍手がわき起こり、ママたちの顔にも笑みがこぼれました。成田さんからの「心の日曜日を過ごして欲しい」というメッセージはしっかり伝わったようです。<会場ではイタリアのチョコレート「カファレル」の特別販売も!>

次回は4月15日、ピアニストの金子三勇士さんが登場します。その頃には赤ちゃんもぐんと大きくなって、成長を感じられることでしょう。

文:原 典子(音楽ライター/編集者)

《 [0歳児とおでかけ応援プロジェクト] 2020年1月10日 公演レポート 》
~ 長谷川陽子の包み込まれるチェロの音色を親子で聴こう ~
https://www.japanarts.co.jp/news/news.php?id=4645


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
赤ちゃんとお出かけデビューを応援 [開場] 10:00 / [終演] 11:00
0歳児とおでかけ応援プロジェクト Vol.3
金子三勇士~ピアノの音色に浸れる特別なひと時~

2020年4月15日(水)10:30開演 東京オペラシティ コンサートホール ホワイエ(ロビー)
公演詳細はこちらから