• ニュース

マリインスキー・バレエ「ドン・キホーテ」で日本ツアー開幕!

2018年11月28日(水)マリインスキー・バレエ日本公演は、ヴィクトリア・テリョーシキナとキミン・キムによる「ドン・キホーテ」で開幕いたしました!マリインスキー・バレエの「ドン・キホーテ」は22年ぶりの上演となりましたが、会場とステージが一体となり、とても熱い時間となりました。
「ドン・キホーテ」はこのあと、29日(木)、12月5日(水)に公演がございます。
リピーター割引*、当日U25チケットもございますので、再び熱いステージをご覧ください!
*前売りチケットを会場にてご購入いただきますと、1,000円割引となります。

初日の終演後、ヴィクトリア・テリョーシキナがインタビューに答えてくれました。『ドン・キホーテ』の初日を大成功に導いたマリインスキー・バレエの華ヴィクトリア・テリョーシキナ。華やかなグラン・フェッテに高いリフト、危険なダイブの連続に観客は大いに湧き、熱狂の渦に巻き込まれた。プリマの安定した実力を披露してくれたテリョーシキナ、終演後も疲れを見せずキュートな笑顔でした。

初日の成功おめでとうございます。

「ありがとうございます!」

1幕から3幕まですべて完璧な演技でした。キトリはパワフルな役どころですが、パワー配分はどのようにしているのですか?
「観客の皆さんからパワーをいただいて、それぞれの見せ場にふさわしい踊りを見せていくようにしています。キミン・キムと踊るのはいつも素晴らしい経験! 彼からもパワーをもらっていますよ。こうして日本に戻ってきて、ファンの皆さんに迎えていただくことは、バレエを通じて日本とロシアの友情を実感する貴重な経験なのです」

1幕でキトリが、浮気をしそうなバジルと仲直りするシーンは、テリョーシキナさんの寛大な性格を感じます。プリンシパルとして、カンパニー全員に愛を注いで上演を成功に導いているのですね。
「5年前に子供が生まれて、より愛の大切さを感じるようになりました。一番大切なものを得たことが私の成長につながったのかも知れません」

日本ツアーの後半では『白鳥の湖』も踊られます。
「『白鳥の湖』はとても有名なバレエで、日本の皆さんもこのバレエを見ることを楽しみにしているのを知っています。音楽も美しい。3年ぶりに皆さんに観ていただけることを喜ばしく思っています」

お疲れのところありがとうございました。

小田島久恵(音楽ライター)


-----------------
ジャパン・アーツのInstagramでは、HPやTwitterでご紹介してない写真をアップしてます!
@japanarts_corp
#mariinskyjapanatour2018
#mbjapan2018

-----------------

美しく、輝かしい感動がよみがえる・・・
マリインスキー・バレエ

11.29[木] 14:00 「ドン・キホーテ」レナータ・シャキロワ/ティムール・アスケロフ
12.5 [水] 18:30 「ドン・キホーテ」レナータ・シャキロワ/フィリップ・スチョーピン
12.2 [日] 18:00 「マリインスキーのすべて」
12.3 [月] 18:30 「マリインスキーのすべて」
12.6 [木] 18:30 「白鳥の湖」ヴィクトリア・テリョーシキナ/ウラジーミル・シクリャローフ
12.7 [金] 18:30 「白鳥の湖」エカテリーナ・コンダウーロワ/ティムール・アスケロフ
12.8 [土] 12:00 「白鳥の湖」ナデージダ・バトーエワ/キミン・キム
12.8 [土] 18:00 「白鳥の湖」エカテリーナ・オスモールキナ/ザンダー・パリッシュ
12.9 [日] 14:00 「白鳥の湖」ヴィクトリア・テリョーシキナ/ウラジーミル・シクリャローフ
公演詳細はこちらから