• ニュース

【インタビュー】リサイタル間近の鈴木優人に聞く!

3月21日にトッパンホールでチェンバロ・リサイタルを行う鈴木優人のインタビュー。今回のチェンバロ・リサイタルは、「バッハの誕生日に捧ぐ」と題されていますね。
バッハは、生きていれば今年333歳です。この「3」が並んだことの意味を考えてみてください!まず、誕生日の3月21日は「3」が月数、2と1を足すとやはり「3」です。キリスト教では「3」は「完全数」とよばれていて、神の数字とされています。そして「ゴルトベルク変奏曲」(BWV988)は、まさに「3」で出来ている曲なのです。変奏曲が30曲あるなかで、3の倍数の曲、つまり、3、6、9、12曲目・・・というふうに、これらはカノンになっているんです。バッハがいかに「3」への思いを込めて作曲したかがわかります。このことからも、バッハ生誕333年目の彼のバースデイに、これ以上ふさわしい曲はない!!と思いまして「ゴルトベルク変奏曲」をプログラムに選びました。

さらに、プレリュード、フーガとアレグロ(BWV998)、を選んでおいでですが・・・
「プレリュード・・・」は変ホ長調ですが、これはもともと、リュートの曲です。じつは私の母が今村泰典(1953~)さんのリュートの演奏が好きで、私はずっとそれを聴いて育ったのです。今回、はじめて、自分がチェンバロで弾くことができるので、とても嬉しいです。

カプリッチョ(BWV992)は、副題に「最愛の兄の旅立ちに寄せて」とありまして、曲調もなにか親密な感じが漂うというか・・・
そうなんですね。「プレリュード」と「カプリッチョ」は、聴くのにはとても親しみがあってなじみやすい曲です。ですので、さあこれから「ゴルトベルク変奏曲」が来るぞ、というときのオードブルとして聴いていただくのにちょうど良いかな、と思いまして。特に「カプリッチョ」は、じつは手の込んだすばらしい作品なので、ぜひどこかで演奏したいな、と温めていたレパートリーなのです。

ということは、なかなか聴く機会のない曲なんでしょうか?
はい、そうなんです。これだけを取り上げるとなると、なかなか機会に恵まれなくて。ですが今回、3月21日には、ゴルトベルク変奏曲とは違った曲想のものを組み合わせよう・・・ということで、ピタッときたのです。自分にとっても、ゴルトベルク変奏曲というのは緊張しますので、その直前の脳のチューニング、という意味でも、これらの構成はとてもよいと思っています。

ところで、5月にはウィーン少年合唱団と共演されるそうですね。
はい、ウィーン少年合唱団とは、前の来日公演でブルックナー組と共演する機会があったのですが、彼らはほんとうによく察知して、音を合わせてくれたという記憶があります。ですので今回のハイドン組との共演も楽しみにしています。私はサントリーホールのオルガンを演奏するのですが、オルガンは楽器として「音楽の全体」が表現できるので、オーケストラのようなスケール感を味わっていただけると思います。また、サントリーホールのオルガンは近年、半年の工事期間中に改良された点があるんですよ。パイプの中も掃除してきれいになったしね!
鈴木優人出演ウィーン少年合唱団は5/3・5/4 サントリーホール
ウィーン少年合唱団2018年来日特設サイトはこちら


音楽会には色々な楽しみ方があるのですね。ワクワクしてきます。
ご興味を持ってたくさんの方々が楽しみにご来場くださるといいですね。ありがとうございました。


インタビュー:高橋美佐
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
バッハの生誕日に捧ぐ-
鈴木優人チェンバロ・リサイタル
2018年3月21日(水・祝) 18:00開演 トッパンホール
公演詳細はこちらから

~ウィーンの象徴・音楽大使として世界中の人々の心を癒す天使たち~
ウィーン少年合唱団2018年来日公演

5月3日(木・祝)14:00開演 サントリーホール 【鈴木優人出演】
5月4日(金・祝)14:00開演 サントリーホール 【鈴木優人出演】
6月14日(木)19:00開演 東京オペラシティ コンサートホール
6月15日(金)13:30開演 東京オペラシティ コンサートホール
6月16日(土)14:00開演 東京オペラシティ コンサートホール
6月17日(日)14:00開演 東京オペラシティ コンサートホール
公演詳細はこちらから