• ニュース

山田和樹 アンセム・プロジェクト記者会見レポート

2018年2月20日東京オペラシティ コンサートホールにて山田和樹 (愛唱歌)アンセム・プロジェクトの記者会見が行われました。出席者は、指揮の山田和樹、作曲家・編曲監修 信長貴富氏、東京混声合唱団事務局長 村上満志氏、公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団企画制作部長 益満行裕氏、キングレコード株式会社 プロデューサー 松下久昭氏、株式会社 東京ハッスルコピー取締役事業統括 佐々木通和氏、株式会社 全音楽譜出版社出版部長 新居隆行氏、弊社取締役社長の二瓶純一でした。

アンセム・プロジェクトは2020年の東京オリンピック、パラリンピックに向けて何かできないだろうか、ということを考えてスタートしたプロジェクトです。世界各国の国歌、そして第2の国歌のように各国で親しまれてる愛唱歌="アンセム"を演奏会等で披露する他、録音や楽譜を遺していきます。日本のアンセムを発信すると同時に、世界のアンセムをその国の言語で歌うことで、世界の国々への好奇心を拓くこと、世界との距離を文化的な側面から縮めることを目的としています。

指揮 山田和樹「一口に国歌といっても、いろんな意味、意義があって、世界大小様々の国、地域にそれぞれの事情が有り、国の数だけそれぞれの背景やドラマがある。出来るなら、全ての国歌を歌いたい。そして全部録音をします。
一つ想いがありまして、様々な事情があるこの世界だけれども、音楽だから超えられる、音楽だから出来ることがあると思うのです。なので世界中全部の、どの国の国歌も全て歌いたい。2020年までに終わらなかったら2050年になってでも録音します!

200以上ある国歌の楽譜が載っている太い一冊を、一曲一曲ピアノで弾いて確かめながら、私的に芸術的、不思議系だったり、おしゃれ系、面白い系、などのジャンルの分類をしてみました。200以上ある国歌集のうちの譜面的にも音楽的にも一番感動した栄えある第1位は、コモロ連合国歌でした!今日の公演でも関東初演をします。」

作曲家・編曲監修 信長貴富氏「資料を精査して、国によっては楽譜もなかったりするので、正しく出来るかを考えました。私一人の力では膨大な数で出来ないので、若手の優秀な作曲家(森田花央里氏、名田綾子氏、山下祐加氏、首藤健太郎氏)に手伝っていただいています。200近くの数をなんとか実現していけたらなと意気込んでいます。」

再び、山田和樹から「発音が大変なのは覚悟してたのですが、一番大変だったのが英語でした。これは意外でした。このプロジェクトが終わった時には、東混は世界最強の合唱団になると思います。世界各国からいらしても、発音も完璧!喋れる!イントロクイズもできますね。」と、プロジェクトの難しさを語りました。

質疑応答後に、フォトセッションを行い、記者会見は終了いたしました。山田和樹のアンセム・プロジェクト、2020年に向けて始動しております!
ぜひ応援よろしくお願いいたします。

アンセム・プロジェクトオフィシャルFacebook

◆山田和樹のプロフィールなどアーティストの詳細
http://www.japanarts.co.jp/artist/KazukiYAMADA