• ニュース

ニコライ・ホジャイノフがデビューCDをリリース!

 ピアニストのホジャイノフがデビューCDをビクターよりリリースしました。

購入・視聴はビクターのページへ
 そのプロモーションのために来日し、10月15日にヤマハでミニコンサートとトークショー、そしてサイン会を行いました。
 ショパンのバラード2番、シューベルト「さすらい人幻想曲」、リストの「鬼火」は圧巻の演奏!
 アンコールにはガーシュインのプレリュードを弾き、しゃれっ気のある演奏に底しれぬ音楽性を披露しました。
 その後に、音楽ジャーナリストの伊熊よし子さんが進行役となり、会場の皆様からの質問を受け、なごやかにトークショーが行われました。
 「音楽は“話す芸術”ではない」とインタビューは苦手という彼も、好きなトピックになると話すのが止まらなくなるほどで、話の内容は哲学的で思索的とのこと。
 ベートーヴェンが大好きという20歳のホジャイノフですが、7~8歳の時にすでに交響曲(編曲版)を奏破したというエピソードには会場もどよめきました。
そして第九を聴いて指揮者も目指したいと思ったそうです。またどの作曲家の作品でも後期の作品が好きで、それには作曲家の到達した精神性を感じるからということでした。
そして本当に知識量の凄さには驚かされます。


ホジャイノフのコンサートは2013年7月に予定されています。

ニコライ・ホジャイノフ ピアノ・リサイタル
2013年7月19日(金) 19:00開演 浜離宮朝日ホール

全席指定 \5,000
主催:朝日新聞社、ジャパン・アーツ
※チケット発売は12月中旬予定   
【詳細は浜離宮朝日ホールHPにて11月下旬に告知いたします】
浜離宮朝日ホール http://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/index.html

公演チラシができましたらお送りいたします(12月)
ご希望の方は下記PDFをダウンロードして詳細をご確認の上、郵送またはFAXでお送り下さい。
ニコライ・ホジャイノフ 公演チラシ送付PDF