• ニュース

エイフマン・バレエ《ロダン~魂を捧げた幻想》東京初日公演レポート (7月18日)

7月18日、待望のエイフマン・バレエ東京公演が『ロダン~魂を捧げた幻想』で幕を開けました。
極限まで追い込まれ、研ぎ澄まされた身体で表現される、魂の叫びがそこにはありました。(7月18日 公演後の集合写真)

天才彫刻家のロダン。神から譲り受けた才を思うがまま発揮しながらも、内縁の妻ローズと愛人のカミーユの間で揺れ動き、彼もまた苦悩します。ガブィシェフ演じるロダンの舞踊には、ある種の重みがあり、傑作の数々を生み出す彫刻家という人物像に説得力を与えています。ロダンが、一人の人間としてではなく、まず芸術家としてローズやカミーユの美しさに惹かれ、執拗なまでに追い求めるさまが、彼のエゴイズム、天才としての業を表しているかのようです。初演から8年間ロダン役を踊り、技術面ではなく感情表現だけを考えて演じられるようになったというガブィシェフ。たとえ愛する人を犠牲にしてでも、芸術の道を追求せずにはいられないロダンの葛藤がひしひしと感じられました。そんなロダンとカミーユが出会う場面の美しさは胸を打ちます。ドビュッシーの『月の光』に合わせて、さながら月の光を受けるように、静謐な愛が生まれます。その恋が悲劇に終わるとわかっていながらも、2人の間に生まれた喜びに心を動かされずにはいられません。一方、家でロダンを待ち続け、彼がスープを啜る様子を愛おしげに眺めるのは、リシュクが踊るローズ。嫉妬や怒り、やるせなさに駆られながらも、献身的にロダンを愛し続けます。ローズがロダンと出会ったぶどう祭りの回想を思い起こし、当時の頭飾りを懐かしそうにつけるシーンは、ローズの一途な愛を物語っています。地面を踏み鳴らすような荒々しいぶどう祭りの踊りと、その後年齢を重ねて洗練されたローズの舞踊の変化も見事です。ロダンとカミーユの仲睦まじい姿に耐え切れず、ロダンを奪い返す場面は圧巻の迫力でした。アンドレーエワが踊ったカミーユは、若く、美しく、才能ある彫刻家。しかし、ロダンというあまりにも大きな存在や、ローズとの関係を解消しない彼の態度に苦しみ、必死でもがき、最後は心を病んでしまいます。彼女が抗い、怯え、傷つき、やがて絶望する様子があまりにも痛ましく、自分の手で作品を壊してしまうシーンでは、作品だけでなく彼女の心もまたぐしゃりと潰されたような思いがします。ラストで精神病患者たちに手を引かれて恍惚とした表情を浮かべるカミーユの姿を見て、もうこれ以上彼女は苦しむことはないのだと安堵してしまうほど、彼女の人生は苦難に満ちていました。彫刻家ロダンの作品は、非常にリアリスティックであまりにも真に迫ったため、発表当時物議をかもしたほど。だからこそ、バレエの中で生身のダンサーの身体をそのまま彫刻作品として扱うことができたのでしょう。作中登場する『カレーの市民』のように、ダンサーが扮する素材の塊からだんだんと彫刻作品を創造するプロセスは、他に類を見たことのない斬新なアイディア。ダンサーの身体が模した彫刻作品の静的な美と、極限まで感情を引き出した身体言語のダイナミズムの対比は素晴らしく、見る者に鮮烈な印象を与えます。主人公らの人間模様や美しい彫刻作品に加え、コール・ドのダンサーが演じる、緑色の燕尾服に身を包みまるで虫のように作品に群がる批評家たちや、どこかコケティッシュな精神病患者たち、生き生きとしたフランスの群衆などが目まぐるしく入れ替わり、息をつく暇もない約2時間です。エイフマン・バレエならではの抜群のプロポーションのダンサーたちの身体美が存分に生かされているのはもちろんのこと、ダイナミックで、華やかで、何も考えないでも没頭できる親しみやすさを持ちながら、愛とは何か、芸術とは何なのかという奥深い問題について考えさせられる作品です。(カーテンコールでステージへ向かうマエストロ)

取材・文:梶彩子

本日、7/19(金)は《ロダン~魂を捧げた幻想》公演最終日。決して見逃せない唯一無二のバレエ・エンターテイメント!皆さまのご来場をお待ちしてます!
当日券は17時45分より東京文化会館当日券販売窓口にて発売いたします。

また開演30分前より、U25(公演当日に25歳以下)の方を対象にした特別鑑賞券も発売いたします

詳しくはこちら
※当日券が売切れになった場合は、取扱いございませんのでご了承ください。
※お支払いは現金のみです。

--------------------
ロダン ~魂を捧げた幻想」と「アンナ・カレーニナ」の使用楽曲のプレイリストを公開中!
エイフマン・バレエ 使用楽曲プレイリストはこちらから



21年ぶり待望の来日!世界に衝撃をあたえ続ける
エイフマン・バレエ 日本公演 2019

7.19 [金] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.20 [土] 17:00 「アンナ・カレーニナ」
7.21 [日] 14:00 「アンナ・カレーニナ」
会場:東京文化会館
(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

エイフマン・バレエ 日本公演2019 特設サイトはこちらから
  • ニュース

【キャスト表】7/18、7/19「ロダン~魂を捧げた幻想」エイフマン・バレエ

2019年7月18日(木)19:00開演 東京文化会館
2019年7月19日(金)19:00開演 東京文化会館
《ロダン~魂を捧げた幻想》<全2幕>
台本・振付・演出:ボリス・エイフマン
音楽:モーリス・ラヴェル、カミーユ・サン=サーンス、
   ジュール・マスネ、クロード・ドビュッシー、エリック・サティ
舞台装置:ジノーヴィ・マルゴーリン
衣装:オリガ・シャイシメラシヴィリ
照明:グレプ・フィリシチンスキー、ボリス・エイフマン

世界初演:2011年11月22日

ロダン:オレグ・ガブィシェフ
カミーユ:リュボーフィ・アンドレーエワ
ローズ・ブーレ:リリア・リシュク
他  エイフマン・バレエ

▼こちらからPDFでキャスト表をご覧頂けます▼
2019年7月18日(木)キャスト表
2019年7月19日(金)キャスト表

---------------------------------------------------------------------------
【上演時間】 約2時間     【終演予定】 21:00
第1幕 45分 - 休憩 25分 - 第2幕 50分

※7/18(木)公演は、ロシア文化フェスティバルオープニングにあたり、18:45から組織委員会代表からご挨拶がございます。

作品の詳細はプログラムをご覧ください。ダンサーの紹介など魅力満載です。
ロビーにて1,500円で販売しております。

* 音楽は特別録音音源を使用いたします。
* 出演者は変更になる場合がございます。
* 客席内での携帯電話の使用も固くお断りいたします。客席内では、必ず電源をお切り下さい。
* 背もたれから背中を離したり身を乗り出してのご鑑賞は、回りの方( 特に後の方) の視界を遮ることがございます。どうぞご配慮をお願いいたします。
* カーテンコールを含め、場内での写真撮影・録音・録画等は固くお断りいたします。他のお客様や出演者に迷惑となるこうした行為には多数の苦情が寄せられています。これらの行為に対してはカメラや記録装置等の機材をお預かりし、フィルム、テープを無償提供いただきます。また状況によりご退場いただくこともございます。公演会場でのマナーをぜひともお守り下さいますよう、改めてお願い申し上げます。
* ホール内は耐震構造となっており、基本的には安全です。万が一、公演中に地震が発生した場合、揺れが収まり係員の誘導があるまで席でお待ちください。
* 各幕切れの拍手は上演効果を損なわないよう、音楽が完全に終わりきるまでお控えくださいますようお願い申し上げます。

--------------------
ロダン ~魂を捧げた幻想」と「アンナ・カレーニナ」の使用楽曲のプレイリストを公開中!
エイフマン・バレエ 使用楽曲プレイリストはこちらから



21年ぶり待望の来日!世界に衝撃をあたえ続ける
エイフマン・バレエ 日本公演 2019

7.18 [木] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.19 [金] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.20 [土] 17:00 「アンナ・カレーニナ」
7.21 [日] 14:00 「アンナ・カレーニナ」
会場:東京文化会館
(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

エイフマン・バレエ 日本公演2019 特設サイトはこちらから
  • ニュース

【掲載情報】ピエタリ・インキネン「音楽の友 2019年8月号」

「音楽の友」2019年8月号にピエタリ・インキネンが表紙で登場しています。
インタビュー『日フィルヨーロッパ公演の次は、ベートーヴェン&ドヴォルジャークに挑む』も掲載されています!是非ご覧ください。音楽の友はこちらから

◆ピエタリ・インキネンのプロフィールは下記をご参照ください。
https://www.japanarts.co.jp/artist/PietariINKINEN
  • ニュース

【速報】ボリショイ・バレエ 2020年11月~12月来日決定!

世界3大バレエ団のひとつに讃えられる【ボリショイ・バレエ】が、3年ぶりに来日いたします。1776年、エカテリーナ2世の治世下でロマノフ王朝が栄華を誇った時代に起源を持ち、革命、ソ連時代、世界大戦、ペレストロイカ後の混乱、急速な経済発展を遂げる現在…幾多の困難を経ても“バレエ界の雄、バレエ界の華”として輝き続けているボリショイ・バレエ。看板スターのダンサーから、急成長する新星ダンサー、群舞(コール・ド・バレエ)、オーケストラが一挙来日。
総合芸術の醍醐味、テクニックとパッションを存分にお愉しみいただける舞台に、ご期待ください。

公演日:2020年11月26日(木) ~12月6日(日) 東京文化会館
    東京ほか他都市での公演も予定
チケット:2020年3月一般発売予定(1月詳細発表)

詳細は、2020年1月発表予定
公演詳細チラシが完成致しましたらお送り致します。
ご希望の方は以下URLの「チラシ請求フォーム」よりご登録ください。
チラシ請求フォーム
  • ニュース

【新譜情報】飯森範親&日本センチュリー交響楽団 「〈ハイドン:交響曲集 Vol.8〉交響曲第60番『うっかり者』、第54番」(2019年6月19日)

飯森範親&日本センチュリー交響楽団/〈ハイドン:交響曲集 Vol.8〉交響曲第60番「うっかり者」、第54番精緻に奏でられた気品あるハイドン交響曲集!
日本センチュリー交響楽団が首席指揮者の飯森範親と共に始めた「ハイドンマラソン」は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのすべての交響曲を演奏しようという一大プロジェクト!精緻な構築と、細部までこだわりぬいた感性で、気品あふれるハイドンを奏で、柔和で晴々とした優美な演奏は、まさに彼らの真骨頂といえます。

発売日:2019年6月19日
品番:OVCL-00697
レーベル:Exton
価格:3,200円(税抜)

収録内容:
ハイドン:交響曲 第60番 ハ長調 Hob.l:60「うっかり者」
    :交響曲 第54番 ト長調 Hob.l:54

2017年8月11日 いずみホールにてライヴ収録

演奏:飯森範親(指揮)
日本センチュリー交響楽団

詳細・購入: Octavia Records

◆飯森範親のプロフィールは下記をご参照ください。
https://www.japanarts.co.jp/artist/NorichikaIIMORI


- - - - - - - - - - - -
感動再び!輝く新星たちの響演!!
第16回チャイコフスキー国際コンクール 優勝者ガラ・コンサート
2019年10月8日(火)19:00 東京芸術劇場 コンサートホール
公演詳細はこちらから
【全国公演日程】
10月7日(月) 岩手県民会館 大ホール★ (問)岩手県民会館 事業課 019-624-1173
10月8日(火) 東京芸術劇場 コンサートホール★ (問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212
10月9日(水) ノバホール ☆ (問)(公財)つくば文化振興財団 029-856-7007
10月10日(木) 愛知県芸術劇場コンサートホール ☆ (問)テレビ愛知事業部 052-243-8600
10月12日(土) ザ・シンフォニーホール ★ (問)ABCチケットインフォメーション 06-6453-6000
10月13日(日) 山形テルサホール ★ (問)山形テルサ 023-646-6677

★:オーケストラとの共演(10/7、10/8:東京交響楽団、10/12:日本センチュリー交響楽団、10/13:山形交響楽団)
☆:リサイタル