• ニュース

【速報!】第16回チャイコフスキー国際コンクール優勝者ガラ・コンサート 東京公演の出演者決定

2019年10月8日(火)東京芸術劇場コンサートホールで行います、第16回チャイコフスキー国際コンクール 優勝者ガラ・コンサートの出演者が決定しましたので、お知らせいたします。
曲目につきましては、決まり次第お知らせいたします。

<出演者>
ピアノ部門:アレクサンドル・カントロフ(グランプリ、優勝)
ヴァイオリン部門:セルゲイ・ドガージン(優勝)
チェロ部門:サンティアゴ・カニョン=ヴァレンシア(第2位)
※チェロ部門第1位のズラトミール・ファングは今回の来日が不可能となりましたので、第2位のサンティアゴ・カニョン=ヴァレンシアが来日いたします。

<プロフィール>
アレクサンドル・カントロフ(グランプリ、ピアノ部門優勝/フランス 22歳)
現在はエコール・ノルマル音楽院にて、レナ・シェレシェフスカヤ のクラスで学んでいる。16歳の時、ナントとワルシャワのラ・フォル・ジュルネ音楽祭に招かれシンフォニア・ヴァルソヴィアと共演した。それ以来数多くのオーケストラと共演し、いくつもの世界一流の音楽祭に参加してきた。アムステルダム・ロイヤル・コンセルトヘボウ、コンツェルトハウス・ベルリン、フィラルモニ・ド・パリ、ブリュッセルのボザールなどの主要コンサートホールでも演奏している。来シーズンには、ヨーン・ストルゴーズ指揮トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団と共演の他、パリでベートーヴェン生誕250年に捧げるソロ・リサイタルを行い、また、アンドレイ・ボレイコ指揮ナポリ・フィルハーモニー管弦楽団との公演で米国デビューが予定されている。


セルゲイ・ドガージン(ヴァイオリン部門優勝/ロシア 30歳)サンクトペテルブルク音楽院にてウラジミール・オヴチャレク、アンドレイ・ドガージンのクラスを卒業する。2012年国際メニューイン音楽アカデミー(IMMA)でマキシム・ヴェンゲーロフに師事。ケルン音楽舞踊大学の(ミハエラ・マルティンのクラス)とグラーツ大学(ボリス・クシュニールのクラス)で修士課程を修了した。クシュニールの指導の下、引き続きウィーン国立大学で研鑽を積んでいる。数多くの国際コンクールで入賞を果たしており、その中には第14回チャイコフィスキー国際コンクール(一位なしの第二位及び聴衆賞)、ハノーファー・ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール(第一位)、シンガポール国際ヴァイオリン・コンクール(第一位)などがある。演奏しているヴァイオリンはドメニコ・モンタニャーナ。


サンティアゴ・カニョン=ヴァレンシア (チェロ部門第2位入賞/コロンビア 24歳)クロンベルク・アカデミーでウォルフガング・エマヌエル・シュミットに師事している。最近のデビュー公演には、ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団、ハンガリー放送交響楽団、モスクワ・ソロイスツ、ワロン王立歌劇場管弦楽団、オルフェウス室内管弦楽団などとのソリストとしての共演がある。2011年からエドムンド・エスケナージ奨学金を得ている。また2016年にスフィンクス・オーガニゼーションからもMPower奨学金を授与された。2017年にスポレート音楽祭にて権威あるモニーニ賞を、また2018年にヤーノシュ・シュタルケル財団賞を受賞している。エリザベート王妃国際音楽コンクール、スフィンクス・コンクール、パブロ・カザルス国際チェロコンクール、ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール、北京国際チェロ・コンクールでも上位入賞している。

写真全て(C)Evgeny Evtykhov
- - - - - - - - - - - -
感動再び!輝く新星たちの響演!!
第16回チャイコフスキー国際コンクール 優勝者ガラ・コンサート
2019年10月8日(火)19:00 東京芸術劇場 コンサートホール
公演詳細はこちらから
  • ニュース

チャイコフスキー国際コンクール 現地レポート Vol.6

チャイコフスキー国際コンクール、結果発表から一夜明けた6月28日と翌29日、入賞者ガラコンサートが行われました。
初日はモスクワ。会場は、まだオープンして1年経っていない、モダンなデザインのザリャジエ コンサートホールです。チェロ、声楽、金管、木管部門の入賞者たちもサンクトペテルブルクから駆けつけ、この日は上位入賞者たちが、ソロはもちろん、コンクール総裁のワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団と共演するプログラムを披露する華やかな演奏会となりました。こちらの会場には、なんと宇宙飛行士の野口聡一さんが聴きにいらしていました。終演後には、野口さんと藤田真央さんがご対面!
野口さんは、ファイナルを会場で、またそれまでのステージもストリーミング配信で聴いていらしたとのこと。ファイナルの藤田さんの演奏も、もちろん実際に会場でお聴きになったそうです。
「ファイナルならではの緊張感があり、その中でも演奏中はすごくのっていて、どんどん観客を巻き込み、心を掴んでいく様子が感じられました。同じ日本人として、誇らしいと思いましたね」とおっしゃっていました。

さて、入賞者たちは翌日朝6時台の列車でサンクトペテルブルクへ大移動。2日目は、全部門の入賞者全員と、特別賞の受賞者の一部も演奏するという、ボリュームたっぷりの内容となります。会場はマリインスキーII。大きなホールが満員となりました。
サンクトペテルブルクのマリインスキーホールでは、現在白夜祭の真っ最中。遅い時間に開演のコンサートも多いですが、このガラコンサートも開演予定は21時。さらに40分ほど遅れてスタートしました。

金管部門第1位のユン・ゼンさん(中国)の伸びやかで美しいホルンの音色、声楽部門<女声>第1位のマリア・バラコヴァさん(ロシア)や<男声>第1位のアレクサンドロス・スタヴラカキスさん(ギリシャ)の迫力ある歌声と風格ある佇まいなど、次々と印象に残るステージが繰り広げられます。
8年前のこのコンクールのヴァイオリン部門で1位なしの第2位、今回はリベンジし、ついに優勝に輝いたセルゲイ・ドガージンさん(ロシア)の、スタミナがあり、立体的な音色にも圧倒されました。

日本の藤田真央さんは、前半の最後にチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番終楽章を演奏。なんとリハーサルができずにいきなり本番だったということですが、指揮をするゲルギエフの様子からは、マリインスキー劇場管弦楽団を巧みにリードしながら藤田さんのピアノとの掛け合いを楽しんでいることが伝わってきます。生き生きと表情を変える藤田さんのピアノにオーケストラが反応し、新鮮でスケールの大きい音楽が響きました。
コンサートの最後に登場したのは、ピアノ部門優勝のアレクサンドル・カントロフさん(フランス)。本選で聴衆を魅了したチャイコフスキーの協奏曲第2番終楽章を再演。作品の魅力を存分に伝える演奏で、再び聴衆を別世界に導きました。時間はすでに午前1時半。演奏への興奮が冷めやらないまま、今回のコンクール全部門のグランプリの発表です。ゲルギエフが読み上げた名前は、ピアノ部門のアレクサンドル・カントロフさん。会場からは大きな拍手が贈られました。
ゲルギエフはあわせて、今回のコンクールで発見できた優れた才能として、新設された金管部門で優勝した中国のホルン奏者ユン・ゼンさん、そして日本の藤田真央さんの名前を挙げました。

このコンクールを通して、多くの記憶に残る演奏、また、これから多くの音楽の喜びを与えてくれるであろう、すばらしい才能に出会えたことを祝福するムードの中、ガラコンサートは幕を閉じました。

高坂はる香(音楽ライター)
Twitter:https://twitter.com/classic_indobu
ピアノの惑星:http://www.piano-planet.com/


モスクワからの現地レポートVol.1~Vol.6はこちらから
Vol.1 / Vol.2 / Vol.3 / Vol.4 / Vol.5 / Vol.6

無料ライヴ&ストリーミング配信(avexによるMedici日本語版)はこちらから
https://avex.jp/classics/tch16/

第16回チャイコフスキー国際コンクール 出場者リスト(英語サイト)
https://tchaikovskycompetition.com/en/contestants.bak1/

音楽ジャーナリスト、浅松啓介さんによるサンクトペテルブルグからの現地レポートはこちらから
Vol.1 / Vol.2 / Vol.3

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
感動再び!輝く新星たちの響演!!
第16回チャイコフスキー国際コンクール 優勝者ガラ・コンサート
2019年10月8日(火)19:00 東京芸術劇場 コンサートホール
公演詳細はこちらから
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
巨匠ゲルギエフ&ロシア芸術の殿堂 マリインスキー歌劇場が総力を結集して贈る
マリインスキー歌劇場 チャイコフスキー・フェスティヴァル2019
マリインスキー歌劇場 チャイコフスキー・フェスティヴァル2019 特設サイトはこちらから
  • ニュース

エイフマン・バレエ 来日直前!コンテンツまとめ

いよいよ、来週末から来日公演が始まる「エイフマン・バレエ」。
これまでアップしてきた、コンテンツをまとめました!
ぜひご覧頂き、7/13(土)びわ湖ホール「アンナ・カレーニナ」7/15(月・祝)グランシップ「ロダン~魂を捧げた幻想」、7/18(木)~7/21(日)東京文化会館での東京公演をぜひお楽しみください!主役キャスト決定のお知らせ
使用楽曲プレイリスト

【あらすじ】
《アンナ・カレーニナ》 / 《ロダン~魂を捧げた幻想》

【コラム/インタビュー】
ボリス・エイフマン スペシャル・インタビュー Vol.1 / Vol.2 / Vol.3
主役ダンサーが語る『ロダン~魂を捧げた幻想』 Vol.1 / Vol.2
<ロダン>カミーユ・クローデル美術館~スペシャル・コラム
ダリア・レズニク、イーゴリ・スボーチン ダンサーインタビュー
<アンナ・カレーニナ> 新国立劇場上演時 主役ダンサーによる座談会 Vol.1 / Vol.2 / Vol.3
サンクトペテルブルグ発!快進撃を続けるエイフマン・バレエの”いま”
"時代が追いついた!エイフマン・バレエの現在"~桜井多佳子(舞台評論家)

【レポート】
ロシア取材レポート Vol.1 / Vol.2
来日記念講演会レポート

【イベント】
チャコット渋谷本店で写真展 ⇒ 終了しました。
DAIKANYAMA T-SITEで連休中にイベント開催! ⇒ 終了しました。
「エイフマン・バレエ来日記念講演会」に無料招待 ⇒ 終了しました。

【その他】
新作『ピグマリオン・エフェクト』世界初演 ニュース

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「ロダン ~魂を捧げた幻想」と「アンナ・カレーニナ」の使用楽曲のプレイリストを公開中!
エイフマン・バレエ 使用楽曲プレイリストはこちらから



21年ぶり待望の来日!世界に衝撃をあたえ続ける
エイフマン・バレエ 日本公演 2019

7.18 [木] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.19 [金] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.20 [土] 17:00 「アンナ・カレーニナ」
7.21 [日] 14:00 「アンナ・カレーニナ」
会場:東京文化会館
(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

【全国公演】
7.13 [土] 15:00 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 「アンナ・カレーニナ」
(問)びわ湖ホールチケットセンター 077-523-7136
7.15 [月・祝] 15:00 グランシップ(静岡)中ホール・大地 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
(問)(公財)静岡県文化財団 054-289-9000

エイフマン・バレエ 日本公演2019 特設サイトはこちらから
  • ニュース

【2019年来日公演情報】ユージン・ツィガーン(指揮)

ユージン・ツィガーン 2019年来日公演情報◆神奈川フィルハーモニー管弦楽団 みなとみらいシリーズ 第352回
2019年9月7日(土)14:00開演 横浜みなとみらいホール
≪プログラム≫
ラヴェル:ラ・ヴァルス
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K. 466
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番ホ短調 Op. 93
≪出演≫
ユージン・ツィガーン(指揮) / 久元祐子(ピアノ) / 神奈川フィルハーモニー管弦楽団
公演詳細はこちらから
  • ニュース

【掲載情報】エイフマン・バレエ「家庭画報 2019年8月号」

エイフマン・バレエ日本公演についての記事が「家庭画報 2019年8月号」に掲載されました。ぜひご覧ください。家庭画報はこちらから

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「ロダン ~魂を捧げた幻想」と「アンナ・カレーニナ」の使用楽曲のプレイリストを公開中!
エイフマン・バレエ 使用楽曲プレイリストはこちらから



21年ぶり待望の来日!世界に衝撃をあたえ続ける
エイフマン・バレエ 日本公演 2019

7.18 [木] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.19 [金] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.20 [土] 17:00 「アンナ・カレーニナ」
7.21 [日] 14:00 「アンナ・カレーニナ」
会場:東京文化会館
(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

【全国公演】
7.13 [土] 15:00 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 「アンナ・カレーニナ」
(問)びわ湖ホールチケットセンター 077-523-7136
7.15 [月・祝] 15:00 グランシップ(静岡)中ホール・大地 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
(問)(公財)静岡県文化財団 054-289-9000

エイフマン・バレエ 日本公演2019 特設サイトはこちらから