• ニュース

エイフマン・バレエ 記者会見レポート

2019年7月17日、駐日ロシア連邦大使館でエイフマン・バレエ2019年日本公演の記者会見が行われました。登壇者は、芸術監督のボリス・エイフマン、ダンサーのリュボーフィ・アンドレーエワ(カミーユ・クローデル役)、オレグ・ガブィシェフ(ロダン役)、リリア・リシュク(ローズ・ブーレ役)。駐日ロシア大使館 一等書記官のコンスタンチン・ヴィノグラードフ氏他のご挨拶の後、登壇者から充実したお話を聞くことができました。ボリス・エイフマン(エイフマン・バレエ創立者、芸術監督)
「私は日本に着き、成田空港からホテルに向かうまでの間、ずっとバレエ団と日本のことを振り返っていました。90年代の初め、私のバレエ団は外国に公演を行うようになりました。当時はペレストロイカ期で、非常に困難な時代でしたが、その時に日本公演ができたことは私たちにとってまさに大きな贈り物でした。日本公演の成功は、私たちが選んだ新たなロシア・バレエの方向性が正しいのだという”自信”を与えてくれました。20余年が経った今、「エイフマン・バレエが日本に戻ってきた」とたびたび言われますが、そうではありません。戻ってきたのは私自身だけ。バレエ団は”新しい”エイフマン・バレエとして、日本にやってきました。今や私達は、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界中で大きな成功を収めるようになりました。ダンサーたちは技術的に優れた踊りを見せてくれるだけでなく、素晴らしい“俳優”でもあります。彼らのようなアーティストは他にはいません。
 今回の演目《アンナ・カレーニナ》《ロダン~魂を捧げた幻想》は、日本のお客様の心を動かすと確信しています。【エイフマン・バレエ】は、皆さんが愛してやまないロシア・バレエの伝統と、革新性のどちらをも持っています。私たちの成功の秘訣は、身体言語で人の心を表現できることです。言葉や文化、宗教が違っても、“魂”は世界共通です。人々の心を結び付けるバレエ芸術こそが、今世界で求められているものだと思います。新しいエイフマン・バレエは、日本のお客様の探究心を満たしてくれることでしょう。今回、新しいロシア・バレエをお届けしたいと思います。」リュボーフィ・アンドレーエワ
「日本に来たのは初めてです。実は、私とても緊張していました。日本では古典バレエが大人気だと聞いていたので、私たちのバレエが受け入れられるのか不安でした。でも、静岡での最初の公演が終わって、お客様から温かく受け入れてもらえて安堵いたしました。たくさんのお客様が私のところに来てくれて、物語に心を動かされ、涙を流しているのを見て、とても嬉しく思いました。エイフマン氏は、アーティストから表現を引き出すだけでなく、観客の心をこんなにも動かすことができる方なのです」オレグ・ガブィシェフ
「私はエイフマン・バレエで踊っていて、踊りの言葉を話すことができることを、とても誇りに思います。《ロダン》を踊りながら、観客の皆さんが舞台に集中してくれていることを感じ、ロダンの苦悩を共感してくれていると感じました。アンドレーエワとは初演時から、リシュクとも長く踊ってきましたが、踊りを磨き続け、今は感情表現だけを考えて踊れるようになりました。無論、踊りにゴールはありません。毎回細かいニュアンスの発見があり、公演を重ねるごとに積み重ねてきました。」ボリス・エイフマン(現代バレエ、古典バレエという言葉について一言)
「現代バレエ、古典バレエと言う言葉が出てきましたが、私たちのバレエ団はクラシックでも、現代バレエでもありません。踊り、ドラマ、心理描写を融合した“新しいスタイル”なのです。私たちは人々の心を動かし、様々な感情を呼び起こします。インターネット、映画、テレビなど多くの娯楽が存在する中、それらを置いてわざわざチケットを買って劇場に足を運ぶ観客がいます。彼らを惹きつけるのは、人間の身体を通して表現される人の生き生きとした感情です。私たちはこの方向性において非常に高いレベルに到達しました。私たちは現代バレエでも、クラシックでもなく、独自のスタイルとレパートリーを持った、独自のバレエ団なのです」リリア・リシュク
「こんにちは。日本文化や日本の皆さんが大好きで来日を心待ちにしていました。日本のお客様は、舞台に敏感に反応してくれます。『ロダン』はロダンとクローデルという2人の優れた彫刻家の伝記ではなく、愛憎の物語です。ローズ役を踊る身としては、私は皆さんの心にローズの犠牲愛の物語を届けたいと思います。これはローズの絶え間ない自己犠牲の話で、20歳の時ロダンと恋に落ちて以来、あらゆる人生の試練にも拘らず、ロダンと両想いでなくなっても、彼の元から何度も逃げ出そうとしても、いつもロダンの元に戻ってきました。ロダンはローズの容貌や身体の美しさだけでなく、彼女の自己犠牲を愛したのです。ローズも、また彼のインスピレーションの源だったのです」

質疑応答の一部をご紹介いたします。
ダンス・アカデミーのカリキュラムはどのようになっていますか?

ボリス・エイフマン「古典バレエのテクニックのようなプロのダンサーに必要な要素だけでなく、表現力を育てることに重きを置いています。最初からモダン・バレエ、現代バレエも教えています。個性的なバレエ芸術家の育成を目指しています」エイフマン作品を踊る醍醐味とは?

リュボーフィ・アンドレーエワ「踊るたびにいつも違う感情が生まれます。その日の気分やパートナーにもよります。エイフマン氏の作品では、踊るというよりは、その役柄を生きることができます。エイフマン氏が創作上の模索をするとき、何か新しいものをダンサーの中に見出すのです」

オレグ・ガブィシェフ「ダンサーが全力を捧げ、完全燃焼するところです。毎回新しい発見があり、また一方で自分もその創造プロセスに携わっているという責任もあります。アーティストとして大いに成長できる場であることも魅力です」

リリア・リシュク「エイフマン氏の人間的魅力にも非常に惹かれます。また、私は子供のころから夢見ていた、ドラマティックなバレエを踊る夢が叶いました。他のアーティストや教師たちと仕事をすることも大変な喜びです。とてもやりがいがあります」

質疑応答の後はフォトセッションを行い、会見を和やかに終了いたしました。世界中のファンを熱狂の渦に沸かせるエイフマン・バレエ明日からの東京公演、ぜひお見逃しなく!

写真全て(C)Hidemi Seto

--------------------
ロダン ~魂を捧げた幻想」と「アンナ・カレーニナ」の使用楽曲のプレイリストを公開中!
エイフマン・バレエ 使用楽曲プレイリストはこちらから



21年ぶり待望の来日!世界に衝撃をあたえ続ける
エイフマン・バレエ 日本公演 2019

7.18 [木] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.19 [金] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.20 [土] 17:00 「アンナ・カレーニナ」
7.21 [日] 14:00 「アンナ・カレーニナ」
会場:東京文化会館
(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

エイフマン・バレエ 日本公演2019 特設サイトはこちらから
  • ニュース

エイフマン・バレエ「ロダン」の世界をもっと楽しむ ロダンとカミーユの彫刻

いよいよ、明日7月18日に開幕するエイフマン・バレエ 東京公演。
舞踊鑑賞ライター西原朋未さんが、「ロダン~魂を捧げた幻想」の作中で登場する彫刻作品についてをご紹介いたします。ご覧いただき、ぜひ会場へお越しください!7月13日の滋賀公演、そして15日の静岡公演を終えたエイフマン・バレエは、7月18日からいよいよ東京公演を行います。
東京の最初の公演『ロダン~魂を捧げた幻想』は、バレエの中にロダンや、その弟子にして恋人であり、またミューズでもあったカミーユ・クローデルの彫刻作品も登場します。今回は作中に登場するおもな彫刻作品とともに、観賞の小ネタもちょっとご紹介いたします。ただ彫刻の形をなぞるだけではなく、物語と心理描写に組み込んだ、エイフマンならではの世界観がお楽しみいただけるでしょう。
なお東京文化会館の向かいにある国立西洋美術館の庭園では《カレーの市民》《地獄の門》が見られます。お時間があれば、ぜひ舞台鑑賞前にご覧ください。

■オーギュスト・ロダンの作品
《うずくまる女》
ロダンとカミーユの出会いの場で生み出される作品。音楽《月の光》がそのロマンティックなシーンを彩ります。この彫刻は国立西洋美術館にも所蔵されており、《地獄の門》の一部にもなっています。

《カレーの市民》
1幕中盤、この作品が生み出されていく場面はバレエの見どころの一つで、人間の塊から彫刻が生み出されていく様は息を呑みます。舞台では「市民」一人ひとりの容姿も忠実に描写されています。ロダンの作品はそのリアリティから「人間の型を取って作品を作ったのではないか」と言われましたが、ロダン役のガブィシェフさんの、まるで彫刻の中から生命を取り出すような演技も必見です。なおガブィシェフさんは「粘土をこねる」という表現のために、時間があればハンドグリップを握り手首を鍛えたそうです。

《永遠の偶像》
1幕のクライマックス、音楽《死の舞踏》とともに踊られるシーンで登場します。エイフマン氏いわく、「吸血鬼――ヴァンパイアのようにカミーユや他者から全てを吸いつくし、己の作品を創り上げようとするロダンの、創作への容赦ない執念」が炸裂しています。

《地獄の門》と《考える人》

バレエでは先の《うずくまる女》や《フギット・アモール》など、単独でも有名な作品をはじめ、《地獄の門》の様々な彫刻が再構築されています。カミーユはこの作品の女性像のモデルとなっているほか、作品の一部を手がけました。
ロダンの代名詞ともいえる《考える人》もまた、《地獄の門》の一部を成しており、振り付けにもしばしば登場する、重要なモチーフとなっています。


■カミーユ・クローデルの作品
《ワルツ》
カミーユの代表作のひとつで、1幕クライマックスの《死の舞踏》のバレエシーンや2幕の酒場でカミーユと「謎の男」が踊るシーンなどに登場する作品です。

ちなみにその「謎の男」、実は初演時には「クロード」という役名がありました。……というと、ご存じの方はピンときたかもしれませんね。実はカミーユはロダンと別れた後、《月の光》を作曲した音楽家、クロード・ドビュッシーと短い間ですが交際していたといわれています。恋人同士だったのかという点には諸説ありますが、ドビュッシーはカミーユの作品《ワルツ》を生涯大切にしていたということです。

《クロトー》
クロトーは運命を象徴する古代ローマの三女神の一人で、死を司る女神。ロダンと別れ、自身の作品をつくり出そうとするカミーユが挑んだ作品で、その斬新な造形は発表当時、様々な物議を醸しました。またカミーユは自身の作品を作ってもロダンとの類似性を指摘され、それも彼女が心を病む一因となったのです。

《分別盛り》
ローズに連れ去られるロダンと追いすがるカミーユを連想させる作品ですが、カミーユ役のアンドレーエワさんによると「1人の人物の、現在・過去・未来を表している」という解釈もあるそうです。

《波》
《ワルツ》と並ぶカミーユの代表作。3人の女性が踊るように波間に遊びますが、バレエではどのように使われているのか……これはぜひ、舞台でご覧ください。

西原朋未(舞踊鑑賞ライター)

--------------------
ロダン ~魂を捧げた幻想」と「アンナ・カレーニナ」の使用楽曲のプレイリストを公開中!
エイフマン・バレエ 使用楽曲プレイリストはこちらから



21年ぶり待望の来日!世界に衝撃をあたえ続ける
エイフマン・バレエ 日本公演 2019

7.18 [木] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.19 [金] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.20 [土] 17:00 「アンナ・カレーニナ」
7.21 [日] 14:00 「アンナ・カレーニナ」
会場:東京文化会館
(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

エイフマン・バレエ 日本公演2019 特設サイトはこちらから
  • ニュース

【出演者変更のお知らせ】クリスチャン・ツィメルマン ブラームスを弾く(ヴィオラ奏者)

10月17日にサントリーホールで開催する「クリスチャン・ツィメルマン ブラームスを弾く」の、ヴィオラ奏者は出演者の都合により、 リシャルド・グロブレフスキよりカタジナ・ブゥドニクに変更となりました。
何卒ご理解を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

カタジナ・ブゥドニク(ヴィオラ)フレデリック・ショパン音楽大学を卒業。ベートーヴェン・フラデツ国際コンクール、第15回ヨハネス・ブラームス国際コンクール・ベルチャッハ、ジャン・ラコフスキ・ヴィオラ・コンクール・イン・ポズナンで優勝。2013年には、ARDミュンヘン国際音楽コンクールで第3位を獲得。2014年以来、オーケストラ、シンフォニア・ヴァルソヴィアのヴィオラ・グループのリーダーを務めているほか、ソリスト、室内楽奏者として活躍。クレーメル、グリンデンコ、バシュメット、などの著名な音楽家たちと共演。2013年、初のリサイタル盤となる「ヴィオラ・リサイタル」を、レコード会社、DUXより発売。
-----------------------
[ポーランド芸術祭2019 in Japan] 参加公演
巨匠ツィメルマンが満を持してお贈りする室内楽プロジェクト
クリスチャン・ツィメルマン ブラームスを弾く

2019年10月17日(木) 19:00 サントリーホール
詳細はこちらから

サントリーホール以外の詳細は、以下をご確認ください。
10月12日(土)17:00 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
(問)芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255
公演情報はこちらから

10月14日(月・祝)17:00 ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ
(問)ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 084-928-1810
公演情報はこちらから
  • ニュース

【エイフマン・バレエ】静岡で<ロダン~魂を捧げた幻想>が日本初演!深い感動を残し東京公演へ

「この作品をご覧になった方は必ず、心を揺さぶられます。」と7月14日静岡でのトークイベントでロダン役のオレグ・ガブィシェフが話していましたが、<ロダン~魂を捧げた幻想>は、心の奥底をガシッとつかまれて、大きく揺さぶられる舞台でした。そして見終わった後でも、何回もシーンを反芻し続けてしまうステージ。
ヒリヒリする感情や、ほどこうとしてもほどけない交錯、陶然と永遠に浸っていたい、という願いなど、さまざまな思いが次から次へと押し寄せてきて、心の闇に向かうジェットコースターに乗ったような感覚。
「舞台の最後で、涙が出てきてしまうのです。それはカミーユ・クローデルの運命に思いを馳せてなのか、彼女の人生を生き(踊り)終えた安堵の涙なのか、は判りません」と話していたリュボーフィ・アンドレーエワ。ロダンが創作に悩み苦悩している中、粘土(肉体)の塊に誘われ挑んでいく時の凛々しい、神々しい姿。
ドビュッシーと踊りながら虚ろになっていく表情。続けてロダンと踊る時の安堵の身体の使い方。
ローズの影に怯えつつ、立ち向かおうとする心の揺れ動き。評論家に無視され、自作を崩していく自暴自棄。

これまで感じていても感じないふりをしていた感情に、向き合わざるを得ない作品でもありました。
最後、他の精神(こころ)を病んだ少女たちに連れられるように手をつなぎ歩くカミーユ・クローデル。
その向かう先は、天国だったのではないか、と思うほどアンドレーエワの表情は恍惚として、石を刻み続けるロダンの背中が、実は苦悩なのではないか・・・などとも思ってしまう結末でした。このように感情を揺さぶられると同時に、肉体の塊が彫刻家の手によって動き始め芸術作品になる、という、今まで観たことのない展開に目を見張らされる舞台。
まるで発明の現場を目撃しているような、会場中が固唾をのんで見守るような一体感と集中、興奮がありました。

そして、もうひとつのエイフマン・バレエのの“真骨頂”は、そのエンターテインメント性。
群舞の中に織り込まれている風刺の効いた動き、華やかさとキレのある思い切った動き(カンカン)は、享楽的であり、権威的でもあった時代背景を、シリアスなシーンの合間に盛り込み、飽きさせません。シリアスとエンタメ。苦と楽。喜びと哀しみ。
その両面をふんだんに盛り込むことによって、生きること、よりリアルな人生を映し出し、私たちに問いかけてくるのです。

21年の沈黙を経て、エイフマン・バレエが来日しました。
今回、グランシップ静岡での『ロダン』日本初演が、多くのブラボーと、スタンディングオベーションによって讃えられたことは、エイフマン氏の夢であり、新しいエイフマン・バレエの第一歩でもあります。
このエポックメイキングな上演を、次の上演地、東京でもぜひご覧ください。

--------------------
ロダン ~魂を捧げた幻想」と「アンナ・カレーニナ」の使用楽曲のプレイリストを公開中!
エイフマン・バレエ 使用楽曲プレイリストはこちらから



21年ぶり待望の来日!世界に衝撃をあたえ続ける
エイフマン・バレエ 日本公演 2019

7.18 [木] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.19 [金] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.20 [土] 17:00 「アンナ・カレーニナ」
7.21 [日] 14:00 「アンナ・カレーニナ」
会場:東京文化会館
(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

エイフマン・バレエ 日本公演2019 特設サイトはこちらから
  • ニュース

エイフマン・バレエ 「ロダン~魂を捧げた幻想」日本初演直前! 主演ダンサーによるトーク・イベント(静岡) レポート

7/14(日)、エイフマン・バレエの静岡公演に先駆けて、【グランシップ×d-labo静岡 タイアップセミナー】エイフマン・バレエ団ダンサーによるトークイベントが行われました。舞台芸術鑑賞ライターの西原朋未さんがナヴィゲートし、日本初演の『ロダン~魂を捧げた幻想』ロダン役のオレグ・ガブィシェフ、カミーユ役のリュボーフィ・アンドレーエワにお話をお聞きしました。ガブィシェフ:長い沈黙を経て、日本公演を行えることが誇りであり、責任を感じています。『ロダン』を上演する前にバレエ団全員でパリのロダン美術館を訪ねました。ロダンは芸術の世界の王。同時に生身の人間であることも表現するこの作品がパリで受け入れられて感動しました。」アンドレーエワ:ロダンはカミーユなくして偉大な芸術家にはなれなかった。創作の源はカミーユなのです。この作品のタイトルが『ロダン』だけではなく、Her Eternal Idol というサブタイトルがついているところがキモなのです。ガブィシェフ:『ロダン』の上演で重要なのは”真実”。生々し過ぎて、時には "美" ではないかもしれない。でもそこに伝えたいことがあるのです。この作品に取りかかった時、私はショック状態になりました。今までとは全く違う、想像を覆す作品。バレエを超えたバレエがエイフマン作品なのです。ガブィシェフ:『ロダン』では粘土をこねる、という動きが重要です。その動きが電源になり、感情の激流が生まれます。エイフマン氏も私たちという素材を使って、表現に立ち向かっています。そういう点で、ロダンはエイフマン氏そのもの、表現を探求し、模索する創造者なのです。ガブィシェフ:『ロダン』を踊り重ねてきた今、とても充実した舞台を届けることができる自信があります。難しい動きはすでに身体に入っていますので、舞台に立つと感情のままに踊ることができるのです。
アンドレーエワ:もうこれまでに何回ロダンとカミーユを生きてきたことでしょう!

『ロダン』への思いを存分に語った2人。「公演は、きっと心揺さぶられるものになると思います。心の琴線に触れる舞台をお届けします。」『ロダン~魂を捧げた幻想』の日本初演は、エポックメイキングな上演になります!ご期待ください。

--------------------
ロダン ~魂を捧げた幻想」と「アンナ・カレーニナ」の使用楽曲のプレイリストを公開中!
エイフマン・バレエ 使用楽曲プレイリストはこちらから



21年ぶり待望の来日!世界に衝撃をあたえ続ける
エイフマン・バレエ 日本公演 2019

7.18 [木] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.19 [金] 19:00 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
7.20 [土] 17:00 「アンナ・カレーニナ」
7.21 [日] 14:00 「アンナ・カレーニナ」
会場:東京文化会館
(問)ジャパン・アーツぴあ 0570-00-1212

【全国公演】
7.15 [月・祝] 15:00 グランシップ(静岡)中ホール・大地 「ロダン ~魂を捧げた幻想」
(問)(公財)静岡県文化財団 054-289-9000

エイフマン・バレエ 日本公演2019 特設サイトはこちらから