【公演延期】サンダーバード55周年シネマコンサート ~世界の人の命を守る科学と勇気の物語~

ピックアップ

ご来場の皆様へ 新型コロナウイルス感染症予防と安心・安全への取組みについて

サンダーバード55周年シネマコンサート公演延期のお知らせ
2021年9月7日(火)東京オペラシティ コンサートホールにて開催を予定しておりました「サンダーバード55周年シネマコンサート」公演につきまして、 東京都に対して発令された日本政府からの「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」を受け、主催4社での協議の結果、公演を延期することといたしました。皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【2021年9月7日公演 延期振替のお知らせ】
サンダーバード55周年シネマコンサート
2022年1月9日(日) ①15:00開演 / ②19:00開演
東京オペラシティ コンサートホール

延期公演にご来場が可能なお客様におかれましては、現在お客様がお手持ちのチケットで、同じ開演時間の席番にてそのままご入場いただけます。ご来場できないお客様、チケット代金の払戻しを希望されるお客様の払戻しにつきましては詳細をご確認ください。
公演延期・中止・チケット払戻しのお知らせ

シネマコンサートが「徹子の気まぐれTV」で紹介されました!
「サンダーバード55周年シネマコンサート ~世界の人の命を守る科学と勇気の物語~」が、黒柳徹子さんの公式Youtubeチャンネル『徹子の気まぐれTV』にて8月18日より公開された動画「ねぇねぇ知ってる?ロンドンのペネロープ嬢と私の関係」で紹介されました!
詳細はこちら

シネマコンサート限定絵柄の先行ムビチケの販売決定!
公演当日、会場にて2022年劇場上映/デジタル配信開始の映画『サンダーバード55/GOGO』のシネマコンサート限定絵柄の先行ムビチケの販売が決定いたしました!(特典付き)
※一般発売のムビチケは10/1より発売開始となります。詳細は後日の映画公式サイトでの発表をお待ちください。

サンダーバード

THUNDERBIRDS 55TH |サンダーバード55周年特設サイト
https://www.tbjapan.com/
映画『サンダーバード55/GOGO』特報&公式サイト
http://tb55movie.com/

チケット詳細Ticket Information

チケット発売情報

  1. ① 7月3日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 WEB
  2. ② 7月4日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 TEL
  3. ③ 7月8日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 WEB
  4. ④ 7月10日(土) 10:00a.m.~発売 一般 TELWEB
  5. ⑤ 7月10日(土) 10:00a.m.~発売 学生(高校生以下) TELWEB
  • WEBインターネットで購入可
  • TELジャパン・アーツぴあコールセンター 0570-00-1212

※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

チケット残席状況

残席あり / × 売り切れ

特別割引
  • ◎車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
その他プレイガイド
チケット購入にあたっての注意事項

こちらからご一読ください

曲目・演目Program

バリー・グレイ:
  • Thunderbirds Are Go! Main Title(サンダーバード メイン・タイトル)
  • Tracy Island And International Rescue (トレーシー・アイランドと国際救助隊)
  • Dangerous Game (危険な賭け)
  • The theme of Thunderbird 6 (サンダーバード6号のテーマ) ほか

公演によせてMessage

日本での放送開始から55周年。愛され続ける「サンダーバード」は 『敵を倒す』ではなく、『人を救う』ヒーローの物語。
迫力の映像と共に、圧巻のサンダーバードサウンドをお届けします。
人気コーラスグループ・フォレスタをはじめスペシャルなゲストアーティストも登場予定。
困難な時代を生きる私たちに勇気をくれる、サンダーバードのシネマコンサートです。

プロフィールProfile

西村友 You Nishimura (指揮, Conductor)

神奈川県鎌倉出身。東京音楽大学器楽学科に学び、作曲家・三枝成彰氏のオフィスでアシスタントを務めたのち、指揮者・作曲家として活動を開始。管弦楽、吹奏楽、合唱、ミュージカル、オペラ、バレエ、レコーディング、映像出演等、幅広い分野でタクトをとる。2003年プロコフィエフ国際指揮者コンクール(サンクトペテルブルク)に選出され「熱く情熱的かつ情緒に富むその指揮と、明瞭で緻密な解釈は演奏者・聴衆ともに惹きつけるものがある」と評された。舞台作品でのキャリアもオペラ・バレエ・ミュージカル等数多い。劇団四季ミュージカル『ライオン・キング』では初演から14年にわたって指揮を務めた他、ミュージカル『家なき子』『グランド・ホテル』『ハウ・トゥ・サクシード』『スクルージ』『ピーターパン』『船に乗れ』等数多くの作品で指揮・音楽監督等を担当している。自身の作曲によるミュージカル『銀河鉄道の夜』(劇団ひまわり)は渋谷・池袋・大阪・横浜等で上演され成功を収め、コンサート形式にアレンジした公演では音楽誌上でも絶賛された。宮川彬良氏とタッグを組んだオペラ「ブラック・ジャック」「ナインテイルズ」等では、オーケストラ・キャスト・コーラスをまとめ上げた手腕とともに歌唱指導としても高い評価を得た。2013年東京シティフィルと共演した「カルミナ・ブラーナ」「グロリア」は文化庁芸術祭の大賞を受賞した。また2017年より2020年まで日本で最古の歴史を誇るプロ楽団Osaka Shion Wind Orchestraの正指揮者を務め、音楽面とレパートリーの強化に尽力し、現在も定期的に客演を続けている。作曲家としては、近年では新実徳英・西村朗両氏らとともに「バンド維新」委嘱作曲家に選出されて書いた「ラプソディ“シュレーディンガーの猫”」、朝日作曲賞入選「ある英雄の記憶~虹の国と氷の国より」、「交響組曲“FOUR ELEMENTS”」等が話題を呼んだ。2021年には、ドイツ・韓国でヒットしロングランしているミュージカル「地下鉄一号線」日本版の全作曲を担当し同年3月大阪にて日本初演。同時期に作曲したミュージカル「緒方洪庵」も3月に大阪フェスティバルホールにて初演された。

もっとみる

東京佼成ウインドオーケストラ Tokyo Kosei Wind Orchestra

1960年(昭和35年)5月、立正佼成会附属の「佼成吹奏楽団」として発足、その後1973年に「東京佼成ウインドオーケストラ」へ改称した日本が世界に誇るプロ吹奏楽団。吹奏楽オリジナル作品、クラシック編曲作品やポップス、ポピュラーまで幅広いレパートリーの演奏を通し高い音楽芸術性を創出し、多くの人が楽しめる管楽合奏を展開、各地のコンサートで好評を博している。また多くのレコーディング、テレビ・ラジオに出演し、吹奏楽文化の向上・普及・発展に尽力している。2020年に楽団創立60周年を迎え、同年1月より大井剛史が正指揮者、トーマス・ザンデルリンクが特別客演指揮者、飯森範親が首席客演指揮者、藤野浩一がポップス・ディレクターに就任。

もっとみる

【ゲスト出演】松永貴志 Takashi Matsunaga (ピアノ / 作曲, Piano / Composer)

17歳でアルバム「TAKASHI」(EMI)でメジャー・デビュー。ベストセラーとなる。ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに世界のミュージシャンから喝采を集める。全米ヨーロッパ、アジア各国で「STORM ZONE」(Blue Note Records)発表。NYブルーノート・レーベル80年の歴史上、ジャズの帝王マイルス・デイビスの記録を塗り替え最年少リーダー録音記録を樹立。 第14回「出光音楽賞」受賞。テレビ朝日「報道ステーション」フジテレビ「スーパーニュース」「日曜報道THE PRIME」など数々のTV番組オープニング曲やCM曲を手掛ける。これまでにロン・カーター、クリスチャン・マクブライド、ボビー・マクファーリン、ジャック・ディジョネット、チャカ・カーン、エリック・ハーランドなど様々なアーティストと共演。2013年、パリのルーヴル美術館で開催されたヨーロッパ最大のアート式典であるSNBA授賞式典に招待され演奏。2015年、ポーランドManggha Muzeum設立20周年式典に招待されポーランド大統領の前で演奏。また、博物館のテーマ曲を作曲。2017年、世界10カ国ツアーを開催。抜群のリズム感と圧倒的なピアニズムは世界中から高い評価を得ている。

オフィシャルウェブサイト
https://takashimatsunaga.com/
もっとみる

【ゲスト出演】フォレスタ  Foresta (コーラス, chorus)

全員が音楽大学および大学院にて研鑽を積んだ優れた音楽家達。フォレスタとしてのテレビ出演を中心に各地のコンサート活動等を展開。「BS日本・こころの歌」(BS日テレ・毎週月曜夜7時放送)に出演中。

吉田和夏、 内海万里子、 澤田薫、 塩入功司、 竹内直紀、 横山慎吾、 大野隆

オフィシャルウェブサイト
https://foresta-music.net/
もっとみる

主催・協賛

主催
東北新社 / 博報堂DYメディアパートナーズ / ジャパン・アーツ / ブルーノート・ジャパン
協力
東京佼成ウインドオーケストラ
ページ上部へ