多彩な音色から紡ぎ出される詩情と深いリリシズム

レイフ・オヴェ・アンスネス ピアノ・リサイタル

曲目・演目

シューマン:3つのロマンス Op. 28

ヤナーチェク:草かげの小径にて 第1集

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

バルトーク:3つのブルレスク Op. 8c,Sz. 47

シューマン:謝肉祭 Op. 9

公演に寄せて

生命と喜びに満ち溢れたシューマン「謝肉祭」

 このリサイタルの中心となる作品は、シューマンの驚くべき演劇的な作品「謝肉祭」です。この曲を演奏するのは今シーズンが初めてのことになります。私自身、生命と喜びに満ち溢れたこの作品に圧倒されるのです。シューマンがこの曲を書いたとき、実在の人物と想像上のキャラクター、そしてシューマンの分身であるフロレスタンとオイゼビウスをも組み合わせるというコンセプトは、全く新しいものでした。「仮面と演劇」という詞じアイデアを使ったバルトークの「3つのブルレスク」は、この曲とよく似合います。
 コンサートの前半は対照的にもっとずっと打ち解けたプログラムです。ヤナーチェクの「草かげの小径にて」を聞くと子供の頃の思い出がよみがえり、まるで幼かった頃の日記を読んでいるような気持ちになります。この物語のような叙述的な一面は、シューマンの作品にも表れます。このプログラムの中でヤナーチェクとシューマンが実にしっくりとなじんでいるのはそのためです。両者とも叙述的な題名を使っており、何一つ隠すことなく、聴く者にそっと秘密を打ち明けているように思えます。

レイフ ・ オヴェ ・ アンスネス


深く、長く心に刻まれるアンスネス極上のリリシズム

 峻厳なまでに澄み渡るソノリティ、柔軟かつ精巧を極めたテクニック、みごとな立体性で練り上げられる楽曲は大局観に貰かれる。アンスネスの美点を挙げればきりがない。しかしながら、その有り余るヴィルトウオジティを、「いかにも」の難曲や大曲を並べて誇示などしないのがアンスネス流。彼のソロ公演では、まずその巧緻なプログラミングが渋い魅力を放つ。今回は北米公演に引き続き、ヤナーチェクとバルトークという民俗性と郷士色豊かなヨーロッパ近現代のふたりの界オの前後に、ロマン主義の代表格・シューマンの初期の傑作が置かれる。19~20世紀にかけてのヨーロッパの音楽史の推移、その濃厚な断層がゆるやかに提示される。各作品はいずれも個性極まる標題をもつ複数の小曲から成り、目まぐるしい速度変化、変拍子やポリリズム、和声の推移、奇怪なアクセント指示、根底に張り巡らされる物語性など、奏者の深い知見と経験値が浮き彫りにされる。ピアニスティックな意味で華麗な演奏はいくらでもあるが、ともすれば奏者の自己顕示に終始する場合が少なくない。アンスネスには直観的にそうした事態を回避する美学が備わっている。学究的とも言える真摯さで作曲家の生と向きあい、その個性を紛うことなき世界観であぶり出しつつも、あくまで自然な息吹として聴き手の五感を揺さぶる。楽想の自律性を後押しするこの思慮深さにこそ、アンスネス極上のリリシズムがある。そのインパクトは瞬間的なものではなく、深く、長く心に刻まれる。

伏谷佳代(音楽ライター)

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 A席 B席 - - - -
3月18日 - - - -
学生席 - - - -
  • 公演日
    3月18日
  • S席
  • A席
  • B席
  • 公演日
    学生席
  • S席
  • A席
  • B席
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
S席:8,000円(7,200円)/A席:6,000円(5,400円)/B席:4,500円(4,100円)
学生席
S席:4,000円/A席:3,000円/B席:2,250円
【備考】
*残券がある場合、1/18(金)10:00より受付を開始いたします。
*社会人学生を除く25歳までの学生が対象です。公演当日、入口にて学生証を拝見いたします。
学生席はジャパン・アーツ夢倶楽部会員で学生の方も、学生席は一般価格の半額です。
*当日は学生証提示の上ご入場ください。
(学生証がない場合は一般料金との差額を頂戴する場合がございます。)

シニア・チケット=65歳以上の方はS、A席を会員料金でお求めいただけます。
車椅子の方は、本人と付き添いの方1名までが割引になります。必ず事前にご予約ください。(ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付)
学生席・シニアチケット購入

チケット発売情報

① 10月20日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 10月21日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 10月25日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 10月27日(木) 10:00a.m.~発売 一般   


… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード110-532]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード31557]

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

全国公演日程

日程 ホール お問い合わせ先 詳細リンク
3月17日(日)☆ 豊田市コンサートホール 同左 0565-35-8200  
3月18日(月)☆ 東京オペラシティ コンサートホール ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040 詳細ページ
3月20日(水)★ 東京文化会館 都民劇場 03-3572-4311  
3月24日(日)★ 兵庫県立芸術文化センターKOBELCO 大ホール 同左 0798-68-0255  
3月26日(火)★ サントリーホール ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040 詳細ページ
3月27日(水)★ 愛知県芸術劇場コンサートホール CBCテレビ事業部 052-241-8118  
  • 日程
    3月17日(日)☆
  • ホール
    豊田市コンサートホール
  • お問い合わせ先
    同左 0565-35-8200
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    3月18日(月)☆
  • ホール
    東京オペラシティ コンサートホール
  • お問い合わせ先
    ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040
  • 詳細リンク
    詳細ページ
  • 日程
    3月20日(水)★
  • ホール
    東京文化会館
  • お問い合わせ先
    都民劇場 03-3572-4311
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    3月24日(日)★
  • ホール
    兵庫県立芸術文化センターKOBELCO 大ホール
  • お問い合わせ先
    同左 0798-68-0255
  • 詳細リンク
     
  • 日程
    3月26日(火)★
  • ホール
    サントリーホール
  • お問い合わせ先
    ジャパン・アーツぴあ 03-5774-3040
  • 詳細リンク
    詳細ページ
  • 日程
    3月27日(水)★
  • ホール
    愛知県芸術劇場コンサートホール
  • お問い合わせ先
    CBCテレビ事業部 052-241-8118
  • 詳細リンク
     
:リサイタル
:ウラディーミル・ユロフスキー指揮ベルリン放送交響楽団公演/ブラームス:ピアノ協奏曲第1番

プロフィール

レイフ・オヴェ・アンスネス Leif Ove Andsnes(ピアノ,Piano)
「威厳ある優美さ、力強さ、洞察力を有するピアニスト」とニューヨーク・タイムズに評され、強力なテクニックと綿密な解釈で国際的な名声を獲得しているアンスネスは、精力的に録音に取リ組みつつ、世界の主要コンサートホールでリサイタルを行い、一流オーケストラと協奏曲を共演している。
2014/2015年シーズンは、アンスネスにとっておそらく最も野心的な偉業といえる「ベートーヴェンヘの旅」がついに完結を見た。プロジェクトの初めから旅を共にしてきたマーラー・チェンバー・オーケストラ(以下MCO)との共演で、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全5曲を鍵盤越しに指揮し、協奏曲チクルスの演奏が達成された。さらに世界の著名オーケストラとの共演の他、東京を含む世界19都市でオール・ベートーヴェン・プログラムのソロ・リサイタルを行った。
2018-19年シーズンには、マティアス・ゲルネとのツアーを実施。またシューマン、ヤナーチェク、バルトークのプログラムを携えたリサイタルツアーをパリ、ブリュッセル、フランクフルト他で行い、その後北米ツアーを行う。協奏曲ではブラームスのピアノ協奏曲第1番をロンドン・フィル、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団やベルリン放送交響楽団等と共演する予定。またベルリン放響とはモーツァルトでも再び共演予定。モーツァルトの協奏曲はミュンヘン・フィル、ブダペスト祝祭管弦楽団、MCOとの共演でも集中的に演奏する。尚MCOとはドイツ、フランス、ポルトガルでツアーを共にする。これらのツアーは作曲家モーツァルトが生涯で最も創造的で生産的だった一時期を、3大陸に及ぶコンサートと音楽祭の演奏を通しアンスネスとMCOが探求するという、複数シーズンにまたがる大規模な新しいプロジェクト「モーツァルト・モメンタム1785/86」の開始を記念するものである。
2012年からソニー・クラシカルと専属録音契約を結び、これまでにグラミー賞に8回ノミネートされ、グラモフォン賞6回を含む国際的な賞を受賞している。2018-19年シーズンにはショパンのバラード&ノクターン集のCDをリリース。
1970年にノルウェーのカルメイで生まれ、ベルゲン音楽院で有名なチェコ人教授イルジ・フリンカに師事。2016年にはジュリアード音楽院から名誉博士号を受け、現在はベルゲンのノルウェー音楽院の教授を務める。スウェーデン王立音楽院のメンバー。

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
後援:ノルウェー大使館
協力:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル