~子供たちの未来を守るために~私たちは音楽とともに寄り添い、支え続けます。今日も、明日も、その先も。

東日本大震災 復興支援 チャリティコンサート ~クラシック・エイドVol.8~

曲目・演目

第1部
岡本侑也 <Pf:阪田知樹>
 ラフマニノフ:チェロ・ソナタ 第3楽章

木嶋真優 <Pf:横山幸雄>
 スメタナ:「我が故郷より」第2番"ボヘミアの幻想"

阪田知樹
 ワーグナー(リスト編):"静かな炉端にて"
 歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より

磐城高等学校合唱部(指揮:橋本葉司)
 千住明:エターナル・ライト <共演:森麻季(ソプラノ)>

第2部
木嶋真優&岡本侑也&阪田知樹
 チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出」(第2楽章)より

錦織健 <Pf:山岸茂人>
 サン=サーンス:ノッテ・ステラータ(白鳥)

小林沙羅 <Pf:山岸茂人>
 小林沙羅(作詞・作曲):えがおの花

小林沙羅&錦織健 <Pf:山岸茂人>
 ドニゼッティ:二重唱"もう一度愛の言葉を聞かせて"
 歌劇「ドン・パスクワーレ」より

森麻季 <Pf:山岸茂人>
 マーラー:天上の生活(交響曲 第4番より)

横山幸雄
 ショパン:バラード 第3番

森麻季&磐城高等学校合唱部 <Pf:横山幸雄>
 菅野よう子/岩井俊二:花は咲く



公演に寄せて

音楽の力で復興を!
震災のあった2011年からこれまで7回、私たちはこのチャリティコンサートを開催してきました。
そして2018年も、被災地の皆様や街の一日でも早い復興を願って私たちは8回目のクラシック・エイドを開催致します。
この思いを実現させるため、本公演の収益金の一部と会場でお寄せいただいた募金を「公益財団法人みちのく未来基金」と「心の復興音楽基金」」へ寄付させていただきます。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

≪過去7回のクラシック・エイドの活動≫
Vol.1(2011.5.18)5,054,764円を「日本赤十字社」「心の復興音楽基金」へ寄付。
Vol.2(2012.3.10)震災で失われた楽器やオーディオ、楽譜などを被災地へ寄付。
Vol.3(2013.3.09)5,667,370円を「あしなが育英会 東日本大地震・津波遺児募金」へ寄付。
Vol.4(2014.3.16)4,344,899円を「(公財)みちのく未来基金」へ寄付。
Vol.5(2015.3.14)4,701,686円を「(公財)みちのく未来基金」へ寄付。
Vol.6(2016.3.13)5,086,561円を「(公財)みちのく未来基金」「心の復興音楽基金」へ寄付。
Vol.7(2017.3.04)4.456,465円を「(公財)みちのく未来基金」「心の復興音楽基金」 「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」へ寄付。

チケット詳細

【チケット残席状況】◯残席あり/△残席少/×売り切れ
公演日 S席 - - - - - -
3月10日 ※全席指定 - - - - - -
  • 公演日
    3月10日 ※全席指定
  • S席
【チケット料金】()内は夢倶楽部会員価格
S席:5,000円(5,000円)
【備考】
チケット購入はこちら
車椅子の方は、ジャパン・アーツぴあコールセンターでのみ受付

チケット発売情報

① 11月25日(土) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部ネット会員 
② 11月26日(日) 10:00a.m.~発売 夢倶楽部会員 
③ 11月30日(木) 10:00a.m.~発売 ジャパン・アーツぴあネット会員 
④ 12月2日(土) 10:00a.m.~発売 一般   


… ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5774-3040
… インターネットで購入可チケット購入はこちら※ジャパン・アーツ夢倶楽部会員先行発売などで満席になった席種は、以降販売されない場合がございます。

【その他プレイガイド】
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
チケットぴあ t.pia.jp 0570-02-9999 [Pコード348-719]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード32297]

【チケット購入にあたっての注意事項】こちらからご一読ください

≪ジャパン・アーツぴあ 年末年始の営業時間のお知らせ≫
 ジャパン・アーツぴあコールセンター
  2017/12/28(木)18:00 まで/2018/1/6(土)10:00 より 
 WEBジャパン・アーツぴあ
  2018/1/2(火)23:00 まで/2018/1/5(金)18:00 より

プロフィール

岡本 侑也 Yuuya Okamoto (チェロ, Cello)
2017年エリザベート王妃国際音楽コンクールで第2位を獲得した、今世界が最も注目する1994年生まれのチェリスト。ミュンヘン音楽大学を首席で卒業し、現在は同大学院で学びながら、リサイタル、室内楽、国内外のオーケストラとの共演、テレビ出演と第一線での演奏活動を展開している。2011年第80回日本音楽コンクールチェロ部門第1位。(公財)江副記念財団第42回奨学生。第25回(2014年度)新日鉄住金音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。
木嶋真優 Mayu Kishima (ヴァイオリン, Violin)
2016年第1回上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール優勝。
2000年第8回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール・ジュニア部門にて日本人として最年少で最高位(1位なし第2位)を受賞。2011年ケルン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門優勝、あわせてDavid Garrett賞受賞。レコーディングは「アシュケナージ&NHK交響楽団」の“ツィガーヌ”に参加。ソロCD「シャコンヌ」、「Rise」をリリース。
小林 沙羅 Sara Kobayashi (ソプラノ, Soprano)
東京藝術大学及び同大学院修了。10~15年ウィーンとローマにて研鑚を積む。12年ブルガリア国立歌劇場《ジャンニ・スキッキ》ラウレッタで欧州デビュー。15年野田秀樹演出、井上道義指揮《フィガロの結婚》にスザンナ役で出演し好評を博す。17年《カルメン》ミカエラで藤原歌劇団に初出演。16年秋セカンドCD「この世でいちばん優しい歌」をリリース。
2017年3月、第27回出光音楽賞受賞。藤原歌劇団団員。
阪田 知樹 Tomoki Sakata (ピアノ, Piano)
2016年フランツ・リスト国際ピアノコンクール第1位、併せて6つの特別賞受賞。東京藝術大学を経て、ハノーファー音楽演劇メディア大学ピアノ科修士課程に在籍。第14回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにて最年少入賞。第35回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ。2015年4月、リスト・ショパン・ドビュッシー・スクリャービンを収録したデビューCDアルバムをリリース。2017年横浜文化賞文化・芸術奨励賞受賞。
錦織 健 Ken Nishikiori (テノール, Tenor)
国立音楽大学卒業。文化庁オペラ研修所第5期修了。ミラノ及びウィーンに留学。数多くのオペラ公演への出演や第九・宗教曲のソリストとしても高く評価を受けている。2002年より自らオペラ・プロデュースも手がける。2000年、03年のNHK紅白歌合戦への出演や、2012年4月よりNHK-FM「DJクラシック」のパーソナリティーを務めるなど、幅広く活動している。
森 麻季 Maki Mori (ソプラノ, Soprano)
日本を代表するオペラ歌手。東京藝術大学、同大学院、文化庁オペラ研修所修了後、ミラノとミュンヘンに留学。プラシド・ドミンゴ世界オペラコンクールをはじめ、多数の国際コンクールに上位入賞。国内外の著名指揮者および主要オーケストラと数多の共演を重ね、ワシントン・オペラ、ドレスデン国立歌劇場、トリノ王立歌劇場などに出演し国際的な評価を高める。五島記念オペラ新人賞、ワシントン・アワード、出光音楽賞、ホテルオークラ賞受賞。
山岸 茂人 Shigeto Yamagishi (ピアノ, Piano)
1994年東京藝術大学音楽学部楽理科卒業、97年同大学大学院(音楽学専攻)修了。在学中に安宅賞受賞。 2000年よりライナー・ホフマン教授によるドイツ歌曲講習会を度々受講する。ピアノを川口恒子、渡辺健二、高出紘子の諸氏に、また、音楽学を船山隆、本田脩の各氏に師事。 声楽の伴奏者としては演奏家から常に深く信頼され、これまで著名な歌手と数多く共演を重ねる。二期会イタリア歌曲研究会ピアニスト。
横山 幸雄 Yukio Yokoyama (ピアノ, Piano)
1990年ショパン国際コンクール入賞。2010年ポーランド政府より、ショパンの作品に対して顕著な芸術活動を行った世界で100名の芸術家に贈られる「ショパン・パスポート」が授与される。CDは「横山幸雄プレイエルによるショパン・ピアノ独奏曲全曲集」、「プレイズ」シリーズ、シューベルト即興曲集「アンプロンプチュ」、「雨だれのプレリュード」、「ファンタジー」など。上野学園大学教授、エリザベト音楽大学客員教授、日本パデレフスキ協会会長。
福島県立磐城高等学校 合唱部
1948年に男声合唱団として創部。共学化に伴い混声合唱団となり、来年度には創部70周年を迎える。「一心共鳴~くちびるに歌をもて 心に感謝をもて~」をモットーに、年に一度の定期演奏会や、県内の合唱部との交流、各種イベント等を通じて日々研鑽を積み、演奏ならびに表現力の向上を図っている。第71回福島県合唱コンクールにおいて金賞を受賞。第69回全日本合唱コンクール東北支部大会において銅賞を受賞。
好本 惠 Megumi Yoshimoto
元NHKアナウンサー。十文字学園女子大学文芸文化学科教授。現在NHKの「TVシンポジウム」の司会や「100分de名著」などのナレーションを担当。またコンサートや式典・イベントの司会を務めることも多い。著書に「話しことばの花束」などがある。

主催・協賛

主催:ジャパン・アーツ
当公演の収益の一部と会場募金を「公益財団法人みちのく未来基金」と「心の復興音楽基金」へ寄付させていただきます。