Mayu Kishima

Violin

Biography

First Prize winner in the First Shanghai Isaac Stern International Violin Competition in 2016.

In 2000, she caused a stir in the music world when she became the youngest-ever Japanese top prizewinner in the Junior Division of the 8th Wieniawski International Competition in Lublin. She became a laureate of the Queen Elisabeth International Music Competition of Belgium in 2009, and she was awarded First Prize in the International Music Competition Cologne in 2011.

In 2005, Kishima performed with the Orchestra dell’Accademia Nazionale di Santa Cecilia, conducted by Mstislav Rostropovich (Rome and Madrid, February); the National Symphony (Washington, D.C., May); the London Symphony Orchestra (London, June); and the Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks (Munich and other locations, July). She was praised by the influential Frankfurter Allgemeine Zeitung newspaper, which said: “She was made known to the world by Rostropovich in the same way that Karajan made Anne-Sofie Mutter famous and Maazel made Hilary Hahn famous.”

Kishima has participated in several recordings thus far. On the strong recommendation of Vladimir Ashkenazy, who was the Music Director of the NHK Symphony Orchestra, she performed “Tzigane” on Ravel: Orchestral Works. The recording of her performance at the 2015 Progetto Martha Argerich festival in Lugano was included in the live recording CD Argerich & Friends, released on Warner Music in May 2016.

Her recent activities include performance with the Melbourne Symphony Orchestra in 2018, participation in the Martha Argerich Festival in Hamburg in 2019, and concerts with the Beijing Symphony Orchestra and the Guangzhou Symphony Orchestra in each city both under the baton of Charles Dutoit in the autumn.

In spring 2012, she graduated with the top grade from the Hochschule für Musik in Cologne, where she studied with Zakhar Bron. In autumn 2015, she graduated at the top of her class from the graduate school of the Hochschule für Musik, with all professors awarding her highest grades, and received Germany’s national qualification for musicians.

The Antonio Stradivari 1699 ”Walner” violin has been specially loaned to Mayu Kishima by the NPO Yellow Angel and the Munetsugu Collection.

Related Links

Discography

Videos

Concert Schedule

2020年6月20日(土) 14:00開演
【中止】調布国際音楽祭 木嶋真優ヴァイオリン・リサイタル
【調布市】調布市文化会館たづくりくすのきホール
2020年7月5日(日) 14:00開演
【延期】木嶋真優ヴァイオリンリサイタル
【福岡市】FFGホール
問合せ先:キョードー西日本 / TEL.0570-09-2424
2020年7月14日(火) 19:00開演
《響の森》Vol.46「チャイコフスキー生誕180年」
【東京都】東京文化会館 大ホール
問合せ先:東京文化会館 / TEL.03-3828-2111
2020年7月23日(木) 14:00開演
木嶋真優ヴァイオリンリサイタル
【豊明市】豊明市文化会館
問合せ先:豊明市文化会館 / TEL.0562-93-3310
2020年9月16日(水) 13:30開演
水曜ひるまのクラシックリサイタルシリーズVol.25
【長野市】長野市芸術館リサイタルホール
問合せ先:長野市芸術館チケットセンター / TEL.026-219-3191
2020年9月19日(土) 14:00開演
木嶋真優ヴァイオリン・リサイタル~魅了するミューズの響き~
【葛飾区】かつしかシンフォニーヒルズ
問合せ先:かつしかシンフォフォニーヒルズ / TEL.03-5670-2233
2020年9月24日(木) 19:00開演
富山県高岡文化ホール音楽友の会第194回例会コンサート木嶋真優ヴァイオリンリサイタル
【高岡市】富山県高岡文化ホール
問合せ先:富山県高岡文化ホール / TEL.0766-25-4141
2020年10月4日(日) 14:00開演
木嶋真優ヴァイオリン・リサイタル
【松江市】松江市総合文化センター プラバホール
問合せ先:プラバチケットコーナー / TEL.0852-27-6400
2020年10月10日(土) 14:00開演
木嶋真優ヴァイオリンリサイタル
【岐阜市】OKBふれあい会館 サラマンカホール
問合せ先:ソーゲイ / TEL.052-263-1771
2020年12月19日(土) 14:30開演
2020やまなみファミリーコンサートVol.119 木嶋真優ヴァイオリン・リサイタル
【秦野市】秦野市文化会館(小ホール)
問合せ先:秦野市文化会館事業協会 / TEL.0463-81-1211
2021年1月17日(日) 14:00開演
東京交響楽団川崎定期演奏会第79回
【川崎市】ミューザ川崎シンフォニーホール
問合せ先:TOKYO SYMPHONYチケットセンター / TEL.044-520-1511
2021年1月24日(日) 14:00開演
木嶋真優ヴァイオリンリサイタル
【福岡市】FFGホール
問合せ先:キョードー西日本 / TEL.0570-09-2424
2021年2月5日(金) 19:00開演
Hakujuサロン・コンサートVol.6 木嶋真優(ヴァイオリン)と過ごすひととき
【渋谷区】HAKUJU HALL
問合せ先:Hakuju Hallチケットセンター / TEL.03-5478-8700