ウィーン少年合唱団 Wiener Sangerknaben Japan Tour 2016

Aプログラム

ウィーン少年合唱団と巡る四季



Bプログラム

ウィーン少年合唱団と映画音楽

第1部 Part 1 第1部 Part 1
<秋> Autumn シャイン:《息のあるものはみな、主をほめたたえよ》
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル《休暇旅行で》(日本初披露) オルフ:カンタータ「カルミナ・ブラーナ」より
     〈おお、運命の女神よ〉
オーストリア、オーバーシュタイアーマルク地方の歌:《夏は終わった》
A・スカルラッティ:《神をほめたたえよ》
バッハ:カンタータ《キリストは死の縄目につながれたり》より
第3曲〈死に打ち勝てる者、絶えてなかりき〉
ヘンデル:オラトリオ《メサイア》より〈主は羊飼いのように、その群れを養い〉
フォーレ:《レクイエム》より〈ピエ・イエズ〉
モーツァルト:オペラ《魔笛》より〈お二人とも、よく来ましたね〉
シューベルト(ブラームス編曲):《エレンの歌》第2番 モーツァルト:《アヴェ・ヴェルム・コルプス》
<冬> Winter ブラームス:《フィンガルの歌》
《ピエ・カンツィオーネス》より〈喜びたまえ〉 ロイド・ウェッバー:《レクイエム》より〈ピエ・イエズ〉
メンデルスゾーン:《主よ、来たれ》 ブルクハルト:《彼らはよろこんで》
モチニック:《アヴェ・マリア》 ブルガリア民謡:《カヴァル吹き》
ロレーヌ地方のクリスマス・キャロル:《神の子は生まれた》 コープランド:《町から猫を連れてきた》
ウィテカー:《グロウ》 スピリチュアル:《ライド・オン・キング・ジーザス》
レオントヴィッチ:《キャロル・オブ・ザ・ベル》 第2部 Part 2
オーストリア民謡:《冬は楽し》
ロジャーズ:映画『サウンド・オブ・ミュージック』より《ひとりぼっちの羊飼い》
ヨーゼフ・シュトラウス:《鍛冶屋のポルカ》 ウェルナー:映画『野ばら』より《野ばら》
第2部 Part 2 エルトン・ジョン:映画『ライオン・キング』より《愛を感じて》
<春> Spring シャーマン:映画『メリー・ポピンズ』より《チム・チム・チェリー》
ハイドン:オラトリオ《四季》より〈来たれ、のどけき春〉 久石譲:映画『天空の城ラピュタ』より《君をのせて》
ウェルナー:《野ばら》 J・シュトラウスU世:《美しく青きドナウ》
ドビュッシー:《春のあいさつ》 菅野よう子:《花は咲く》
菅野よう子:《花は咲く》 岡野貞一:ふるさと [動画映像]
森山直太朗:《さくら》 オーストリア民謡;《雪が消え去れば、太陽が顔を出す》
日本古謡:《さくらさくら》 J・シュトラウスU世:フランス風ポルカ《歌い手の喜び》
<夏> Summer J・シュトラウスU世:ワルツ《ウィーン気質》
ガーシュイン:オペラ《ポーギーとベス》より〈サマータイム〉
セルビア民謡:《ニシュカ・バニャ》
ロジャーズ:映画『サウンド・オブ・ミュージック』より《エーデルワイス》
ヴィルト:《トラディギスト村のヨーデル》
アフリカ民謡(南アフリカ/ジンバブエ):《ショショローザ》
J・シュトラウスU世:《美しく青きドナウ》