• CSR

2011年10月 キーシン・フェスティバル[CSR活動報告]

日本デビュー25周年を迎え、キーシン・フェスティバルとして2011年11月来日した、エフゲニー・キーシンは出演料の一部を、すぐにでも被災地の皆さんに届くようにとの希望で、福島県・宮城県・岩手県とあしなが育英会にそれぞれ寄付をしました。

©三浦興一

2011年6月に寄せられた、キーシンからの手紙

私の親愛なる皆様へ

私や家族はもちろん知人も皆、日本に起きた悲惨な出来事を注意深く見つめてきましたが、あなた方全員が示した驚嘆すべき勇気と自制、お互いを尊重し合う賞賛に値するすばらしさ、そして互いを助けようとしていることに感嘆しています。私達は皆あなた方のために願い祈っています。最悪の時が永久に去り、どうかすばらしい国が1日も早く復興しますように。私は日本で皆様に再会することを心から願い、楽しみにしています。体はどんなに遠く離れていようとも、私の思いと心はいつもあなた方と共にいます。

エフゲニー・キーシン
----------------------------------------------------------------

My dear friends,
I, my whole family, all the people I know have been watching closely the tragic events in your country, admiring the amazing courage and discipline you all showed, the wonderful, admirable respect for each other and willingness to help each other. We all hope and pray for you. I really hope that the worst is behind forever, that your wonderful country will recover soon, and I very much hope and look forward to seeing you all again in Japan. No matter how many miles separate us physically, my mind and heart are always with you.