• CSR

2011年11月 サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団[CSR活動報告]

サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団の芸術監督ユーリ・テミルカーノフは、北米ツアーの収益金の一部を、仙台フィルハーモニー管弦楽団および「音楽の力による復興センター」へ寄付いたしました。

仙台フィルへの贈呈式:左:大塚役員
右:仙台フィルの理事長幕田様


仙台フィルよりサンクトペテルブルグ・フィルへ感謝状が手渡されました。



マエストロ テミルカーノフからのメッセージ

日本のみなさん

このたびの震災、津波、原発事故と
幾重にもなった不幸なニュースに接し、
私が愛し尊敬する日本の皆さんが受けておられる
被害の甚大さに心を痛めています。
私はいま、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団と
米国ツアー中ですが、今回のソリストである
ピアニストのルガンスキーさん、チェリストのワイラースタインさん、
そしてサンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団のメンバーと私は、
この米国ツアーの収益の一部を、被災地で懸命に
再起をかけて奮闘されている仙台フィル、
および「音楽の力による復興センター」を通じて
被災者の皆様へ寄付することをここに表明いたします。
日本の人々はやさしさと力強さをもって、
きっと全ての困難を克服されると信じています。
私は秋にこのサンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団と
日本ツアーを行います。音楽の持つ力が皆さんに勇気と希望を与え、
復興への道を力強く歩まれることを祈ってやみません。

2011年4月
サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団
芸術監督 ユーリ・テミルカーノフ

----------------------------------------------------------------
To the People of Japan,
Hearing the terrible news about the recent earthquake, tsunami and subsequent nuclear plant accident, I am deeply distressed to know that the Japanese people who I love and respect have suffered such great misfortune and damage.
I would also like to take this opportunity to report that the soloists on our tour - the pianist Mr. Lugansky and the cellist Ms. Weilerstein - as well as the musicians of the St. Petersburg Philharmonic Orchestra and myself, will donate a portion of the income from our US tour to the Sendai Philharmonic Orchestra, which is earnestly devoting itself to the recovery of the disaster area, and to the Center for Reconstruction through the Power of Music.
The Japanese people have both kindness and strength, and I believe they will overcome all of their difficulties. In autumn I will carry out a Japan tour with the St. Petersburg Philharmonic Orchestra. It is my great wish that the power of music will give the Japanese people courage and hope, and help them to walk firmly down the path to recovery.

April, 2011
Yuri Temirkanov, Artistic Director