• CSR

2011年11月 国立モスクワ合唱団[CSR活動報告]

国立モスクワ合唱団の公演(11月17日と23日 東京オペラシティ)では、一曲目にG.スヴィリードフの"合唱のためのコンチェルトより「哀歌」"を2011年3月11日の東日本大震災の犠牲者の霊に捧げるために歌いました。
終演後には、合唱団の方々が募金箱を持ってロビーに出てくださり、モスクワからたくさんのグッズ(モスクワ合唱団特製のマグネット・ステッカー・しおり)をプレゼントに持ってきてくださいました。

合唱団と会場の皆様の心が、音楽を通じてつながっているようでした。