• CSR

小林研一郎の「コバケンとその仲間たちオーケストラ」2013 [CSR活動報告]

 指揮者小林研一郎の呼びかけで発足した「コバケンとその仲間たちオーケストラ」による公演が、2013年7月15日、福島県文化センターにて「キリン絆プロジェクト、東日本大震災復興応援コンサート」として行われました。
 「コバケンとその仲間たちオーケストラ」は2005年長野県スペシャルオリンピック開催の年に始められ、現在まで演奏活動は10回以上続いています。オーケストラは、プロ、アマ入り混じり、中には海外のオーケストラの団員の方や、障害をもった方も演奏に参加しています。皆一緒の舞台で演奏し、それを支えるスタッフもすべてボランティアで行ない、お客様には障害のある方もコンサートに来ていただき、健常者と障害者とが共に音楽をたのしむことができる演奏会となっています。今回はたくさんの福島県内の合唱団の方々にも参加いただきました。
 2012年秋には、このオーケストラのドキュメンタリー映画【天心の譜】が各地で上映となり、2013年3月の東京文化会館でのコンサートには、皇后陛下がご臨席くださいました。
 一人ひとりは小さな力でも「支え合い、共に生きる」ことで大きなエネルギーが生まれることを信じて、「コバケンとその仲間たちオーケストラ」の演奏は各地で続いて行きます。




リハーサル風景:プロもアマも皆で同じ舞台で演奏します。


本番に向けて真剣!


本番:オーケストラの皆さんは「がんばろう日本チームコバケンオーケストラ」のTシャツを着て演奏