• ニュース

Artist Voice - アーティストたちの声 Vol.8

音楽を奏でるように、音楽家の言葉は、人々の心に優しく響き、大きな励ましと希望を与えてくれます。皆さまの健康をお祈りして、今日もアーティストたちの声をおおくりします。

今回は、海外より、エイフマン・バレエ芸術監督のボリス・エイフマン、クラリネット奏者のポール・メイエからのメッセージをお届けします。

ボリス・エイフマン Boris Eifman(エイフマン・バレエ芸術監督)バレエ団のWEBサイトでコメントを発表しました(4月28日付)。
エイフマン・バレエも、3月から本拠地サンクトペテルブルクでの公演が中止されており、海外ツアーも見送られている状況です。
バレエ団メンバーとファンに向けたコメントの一部を抜粋でご紹介します。

親愛なるエイフマン・バレエのファンの皆さん!

私たちの芸術との再会を、きっと待ち望んでくださっていることと思います。
私たちは、いつも皆さんからの愛情を感じ、そして心から感謝しています。しかし、いまの現状において、エイフマン・バレエは春の公演を延期せざるを得ません。
皆さんとお会いできないことは本当に寂しいですが、皆さんも同じように思ってくださっていると信じています。離れ離れの時間が早く過ぎ去り、再びお目にかかれた時の喜びが忘れがたいものになりますように。

どうかご自身と、愛する方々の健康を大切にしてください。
親愛と希望を込めて。
ボリス・エイフマン

*全文はこちらから(英語)
http://www.eifmanballet.ru/en/news/169-28042020


ポール・メイエ Paul Meyer(クラリネット)